気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お猿さんの名前を変える
お猿さんのデンマークのパスポートが届いたんだけど(詳細はこちら)、そこにはアレ坊の苗字は含まれていない。お猿さんの名前を『下の名前・日本の苗字・デンマークの苗字』とするには、デンマークに名前変更の申し立てをしなくてはならない。デンマーク大使館の人に教えてもらったウェブサイトをチェックすると、手続きが詳しく載っていた。ウェブにここまで詳しく載ってるってことは、結構よくあることなんだろうな。

手続きとしては、変更申請書に記入して提出するだけ。ただ、提出する先がなかなか面白く、なんと教会。デンマークでは、名前に関する手続きは教会を通して行うものなのです。デンマークでもノルウェーでも、赤ん坊が生まれると洗礼を受けさせることが多いのですが、そこで命名します。うちの甥っ子は、洗礼を受けるまで3ヶ月ほど名前がなかったんですよ!!!!これは、ノルウェーでの例ですが。日本だったら出世以後14日以内に役所に出生届を出さなくてはならず、その際に名前もあわせて届け出ますが、ノルウェーでは出生届だけ出して、名前は後で登録してもいいんだそうです。

なので、名前を変更する際には、自分が登録した教会へ申請するのが普通なのですが、お猿さんは洗礼を受けてませんので教会に登録されてない。さらに、デンマークに住んだこともない。その場合は、親の片方が最後に住んでいた町の最寄の教会に連絡するんだそうです。アレ坊は3年ほどコペンハーゲンに住んでいた経験がありますので、その地区の教会に申請書を郵送したそうです。もし、両親共にデンマークに住んだことがなかったらどうなるのかな?
スポンサーサイト
60cm
お猿さんのデンマークパスポートができた。デンマークのパスポートは、日本の戸籍から作った出生証明通りの名前になるので、日本では日本の苗字をそのまま残してある私の子どもなので、日本の苗字+名前になる。日本のパスポートには、アレ坊の苗字を括弧書きで入れてもらえたのだが、デンマークでは、そういうことはしてもらえないそうだ。(それについての日記はこちら

じゃあ、日本名でのパスポートを申請して(デンマークには戸籍がなく、出生届も日本で出してあればデンマーク側に出す必要がない。パスポートを申請して初めて、デンマークの国民データベースに登録されるらしい。)、その後、アレ坊の苗字を付け加える手続きをしようということになった。

そして、そのパスポートが届いたんだけど、笑える。

dansk


デンマークのパスポートには身長を書く欄がある。申請時に、大使館のおばちゃんが物差しで計ってくれたんだけど(ルーマニアでは、やっちゃいけないことにあたるらしく、受付のお姉さんがびびりまくってた)、それがきちんと書かれてる!60cmって。ぷぷー。

日本のパスポートは5年有効だけど、デンマークのは2年。でも、申請料も80レイ(4,000円)と格安だった。そして、署名欄は、親が代理に書いてもいいし、空欄にしておいてもいいんだそう。面倒なので、空欄にしておいた。

ちなみに、生後3週にして申請した日本のパスポートはこんなの。

japansk


署名欄は、私が代筆。お猿さんの名前を署名(消してある)した下に、私の名前と続柄を書いた。パスポートセンターに見本があって、「こんな風に書いてください」と言われたので、その通りにした。よく考えたら、海外では複合姓(下の名前・日本の苗字・アレ坊の苗字)で名乗ってるんだから、ここも複合姓にするべきだったかかしらね。

それにしても、赤ん坊でも証明写真は犯罪者面になる、という法則は存在するらしい。どちらも悪人顔だなぁ。日本のは、これを5年使うのはちょっとかわいそうですねー。あはは。
赤ん坊のパスポート
うちのお猿さんは日本で生まれて、日本で戸籍の登録をしました。私が結婚後も苗字を変えていないので、その苗字がついてます。パスポートも作りましたが、そちらにはアレ坊の苗字が括弧書きで記載されてます。私のもそう。そうすると、航空券を買うときに私の苗字で買ってもアレ坊の苗字で買っても、両方をくっつけた苗字で買ってもいいのです。

アレ坊はデンマーク国籍です。ノルウェー生まれ、ノルウェー育ちですが、父親がデンマーク人、母親がノルウェー人。当時は、父親の国籍を継承するという決まりだったので、デンマーク国籍。兄2人はその後ノルウェー国籍に変更しましたが、アレ坊はノルウェーで兵役に就きたくないという理由で変更せず。兵役の義務がなくなった25歳過ぎでノルウェー国籍に変更しようとたくらんでいたものの、その頃にはノルウェー国外に住んでいたため変更はかなり難しくなってしまいました。ということで、今でもデンマーク国籍。

まずはデンマーク側にも「出生届」が必要なのかと思いきや、そうではなくていきなりパスポートを申請するんだそう。ほかの国はみんな、まずは生まれた事実と名前を登録し、住民番号みたいなのを発行してもらうんだけど。デンマークは、デンマークに在住している人のみ、この番号がもらえるんだとか。アレ坊は、子どもの頃に親とデンマークに遊びに行った際、父親が銀行口座を開くためにこの番号を請求したら、役所の手違いで発行されてしまったんだそう。なので、この番号を持っているのですが。本来は、住民に対して納税や住民サービスの提供のために使う番号なので、住んでいないと発行されないんだそうです。

で、パスポートの申請に必要なのが、日本の出生証明。これは、戸籍に基づいて作られます。なので、もちろん日本の苗字と名前のみ。お猿さんのデンマークのパスポートにも、アレ坊の苗字を入れたいと思っていたのですが、パスポートはこの出生証明の名前に基づいて作られるので、アレ坊の苗字が出生証明に記載されてないからダメ!と言われてしまい・・・アレ坊の苗字が括弧書きされている日本のパスポートのコピーを提出してみたんですが、やっぱりダメだって。

「アレ坊の苗字を含んだ名前で洗礼受けた証明書があれば、それが使えます」って言われたけど、うち、本人の意思なしには洗礼させる予定はないし。

デンマークの苗字なのに、日本のパスポートにはあって、デンマークのパスポートにはないって不思議。こういうのって、デンマークのほうが融通が利くのかと思ってたんだけど。思わぬ展開。

可能性としては、まずはアレ坊の苗字なしでパスポート作って、その後に名前の変更の申し立てをし、再度パスポート発行すればいけるかも。でも、その変更の申し立ても、デンマークに住んでないからえらく面倒くさそうだなぁ。

普段、正式な場面では私の苗字とアレ坊の苗字をくっつけた複合姓を使ってるので(ルーマニアの住民登録とか)、パスポートの名前もそうしたいんだけど。っていうか、デンマークではその名前を登録したいんだけど。それじゃあ、日本の戸籍の私の苗字を変えればいいのでは?ということになるんだけど、籍を入れてから半年以上たってるので、こちらはこちらで家裁への申し立てが必要。

そんなんじゃ、デンマークのパスポート、いらないや・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。