気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついでに
オランダにいたときは、周りに結構アメリカ人が多かったんだけど、彼らの婚約指輪はとにかくでかい!!!!あまりのでかさにびっくり。おもちゃに見えるくらい、でかい。

Amazon.comでも婚約指輪を扱ってるんだけど、やっぱり派手なものが多いですね~。こんな感じです。





この大きさ!(上は1カラット、下は1.5カラット)、このお値段!!(上は約10万円、下は約23万円)

ダイヤモンドでは、カラット(重さ)、クラリティ(内包物)、カラー(色)、カット(形)が大事なんだそうです。

日本の宝石屋さんのサイトを見てみると、良いほうからFL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3 となるそうで、VVS1~VS2あたりがオススメだそうです。上の婚約指輪はI1~I2。日本では好まれない領域ですね。

色は、無色がD、それ以降、アルファベットが進むほど、色味が強くなるということです。日本だと、H以上が薦められているようです。上のはG~H、下のはI~Jだから日本だとちょっと敬遠されちゃうかも。

果たして、Amazonで婚約指輪を買う人がどの程度いるのかは分かりませんが、日本と比べると、まず大きさありきな感じがします。私の印象としては、初めてアメリカに行った時に、マクドナルドのコーラとポテトのでかさに度肝を抜かれたのと似ている気がします・・・

ちなみに、カットについては、日本以外ではこういったランクはないと思います。自分で見て気に入ったものを、という感じですかねぇ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。