気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胎内記憶
胎内記憶って言葉、聞いたことありますか?お母さんのおなかの中にいたころの記憶だそうで、小さな子供に聞くとすらすらと答えるとか・・・

私はあまりこういう類のことには興味がなく、今まで自分の子供に尋ねたこともなかったのですが、先日、幼稚園への道すがら、お猿さんがトロルくんが生まれた時の話をし始めたのでちょっと聞いてみました。

母「お猿さんは生まれる前はどこにいたの?」
猿「ママのお腹だよ」
母「そっかー。母さんのお腹の中はいいところだった?」
猿「うん。気持ちよかったよ。」
母「お腹の中で何してたの?」
猿「寝てただけ。ずっと寝てた。おもちゃもないしテレビもなかったよ。」
母「そうなんだ。中は明るいの?暗いの?」
猿「暗いよ。」
母「何か音は聞こえてくるの?」
猿「うん。キティちゃんのCDプレーヤーがあるから。」

えっ????CDプレーヤーが??私のお腹の中に!!!!!!

びっくりです。
スポンサーサイト
Pepperkakehus 2010
クリスマスの定番、pepperkakehus(直訳すると胡椒クッキーの家、いわゆるジンジャーブレッドハウス、お菓子の家です)を今年も作りました。今回で5作目かな?ようやく満足できる出来栄えとなりました。写真見てください。なかなかいいでしょ?
001.jpg

飾りつけはお猿さんと一緒に。あの人に任せるととんでもないことになるので、うまく言いくるめながら(笑)。



お猿さん語録
ある朝、起きてきたお猿さんは蚊に刺された跡だらけだった。

腕の内側に2つ並んだ跡を指差し

「あー、おっぱいできちゃった」

たしかに。ポツッとしたふくらみは、子供のおっぱいみたいだった。
お猿さん語録
もっと食べたかった・・・
もうちょっと遊びたかった・・・
これ、自分でしたかった・・・

お猿さんはいつでも過去形。なんだか憂いを帯びてます。食べる前から、遊ぶ前から、する前から「~したかった」です。うん、だからすればいいじゃん、という話なんですが。どうして過去形なのかしらー。
気をつけねばならぬこと
この国を出るにあたって気をつけなくてはいけないこと。

1. 車の運転
半端なく荒くなってます。こんな状態で北ヨーロッパで運転したら、とんでもないことになります。落ち着いて落ち着いて、あせらずあせらず。譲り合いの精神で!!

2. スーパーのカート
カートはぶつけ合うものではありません。

3. 逆切れ
基本、怒り調子。よくありませんね。にこやかにお話しましょう。


死語かもしれませんが、自分自身をあらわすのにもっとも適切な言葉は「オバタリアン」だと思います。ガサガサしていて品がありません。

目標、オバタリアン脱皮。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。