気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オアシス
トロルくんがいるので、デパートなどの赤ちゃん休憩室をよく使う。その中にある授乳室(男子禁制)、ここってまさにオアシス!!!

中にいるのは、同じくらいの子供を連れたお母さんたち。みんな授乳中ということもあってやさ~しい笑顔。自然に会話も弾む。「あら、かわいい!何ヶ月ですか?」から始まり、私のつたない韓国語にもいやな顔ひとつせず、ゆっくり話をしてくれる。時には日本語が話せる人だったり!

ああ、なんてほんわか幸せな空間。いつも心が解きほぐされたような気持ちになる。

しかし・・・外に出ると、エレベーター前にはじりじりと扉ににじより、誰より先に乗り込もうとする人の群れ。げんなり~。
スポンサーサイト
脱出用??
韓国の幼稚園や保育園でよく見かけるもの。建物の外についた巨大なチューブ型滑り台。建物の3階あたりから始まっていたりして、はっきり言って滑るの怖そう。

ずっと、子供が遊ぶものなのだと思っていたんだけど、それにしてはあまりに危険じゃないか??そもそも、ソウルでは園庭のある幼稚園なんてほとんどないので、滑り台から降りてそしてどうするの?って感じだし。

で、ハッと気がついたんだけど、これってもしかして、緊急時の脱出用滑り台?

ご存知の方いらっしゃったら教えていただきたいです。
デパートの乳母車
韓国ではよく見かけるけど、日本でやったら怒られると思うこと。

デパートで無料で借りた乳母車を店外に持ち出す。

こちらではよく見かけます。あるデパートで隣のデパートの乳母車を見かけるなんて、日常茶飯事。

こういうあたりものんびりしていて楽なのよね、韓国は。
韓国ママと英語
先日、幼稚園から教育関係の展示会の入場券をもらったので行って来た。早期教育の教材を扱う会社や、おもちゃ、本などの展示即売で、会場は大賑わい。

なかでも一際大混雑していたのが、洋書のコーナー。身動きが取れないくらいの混みよう。

韓国の人って気さくというか、「ちょっと、そこの○○取ってください」みたいに他人に声を掛けることが多い。この混雑の中、私も何度も声を掛けられたのだが、その○○が理解できない。「すみません、韓国語分からないんですがどれですか?」と英語で答えたらそのお母さん、思いっきり固まって「いいです、いいです」というジェスチャー。

でも、このコーナー、英語の絵本のコーナーなんだよね。お母さんがたが手に取っている絵本は、おそらくお猿さんくらいの年齢に読んで聞かせるような絵本ばかり。もし、そのお母さんが英語は話せないというのであれば、その本をどうやって使うのだろうか???本棚の飾り???

なんだか不思議な気がしてきて、そのコーナーにいる間、機会があれば他人に英語で話しかけてみたが(嫌な奴)、一人として受け答えしてくれる人はいなかった。

おーい。みんな!その、籠に山盛りになった本、家に持って帰ってどうやって使うのよー。子供が一人で読むのだろうか。

韓国の教育熱、特に英語熱には常日頃からびっくりしているのだけど、なんか、空回りしているような気がしてならないのであります。
ジャイリトル
ソウルの地下鉄の駅には、ジュースやチョコレート、ガムなどの自販機がある。この間、そこでロッテのガムを購入。日本でも同じみ、キシリトール。

箱の裏面を見てびっくり。韓国語ではジャイリトルなのね。

確かに、英語読みだとxylitolはザイリトルになるもんねぇ。日本語のキシリトールはどこから?と思ったら、本家フィンランドではキシリトリらしい。

ジャイリトル、あっという間に味がなくなってしまうー。日本のガムのほうが味が長持ちするきがします。まあ、安いからいっか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。