気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本気か?
自転車の利用を促進している韓国。なんと、駅に無料自転車貸し出し所なるものが設置された!!!駅の構内の階段にも、自転車を押して階段を上り下りできるようにレールみたいなのが取り付けられたりと、かなり本気。

しかし、混雑極まりない地下鉄2号線に自転車持ち込んでくださいって、ちょっと信じられない。平日の昼間でもかなり混んでいるこの路線。自転車なんか持って乗れないよ~。

近所の交差点には「初心者自転車教室参加者募集中」という垂れ幕が出ていた。確かに。運転おぼつかない人、多いもんなぁ。

なんでも、いつまでにだか忘れたけど、世界第2位の自転車王国を目指すんだとか。現在の1位、2位は中国、オランダかなぁ?デンマークもかなりの自転車大国だしなぁ。まあ、自転車の利用を促進するのはいいけど、なんだか、それより先に手を売っていただきたい問題がいろいろあるような気もするんだけど・・・
スポンサーサイト
やるね!韓国
韓国ではインターネットショッピングが盛ん。たぶん、テレビショッピングも。テレビショッピング専用チャンネルがいっぱいある。

インターネットの店舗は、実店舗より安く提供しているお店が多いので大人気。でも、ここで問題になるのが、住民登録番号。これは、私たちのような外国人には発行されない。(永住権があったりすればもらえるのかな?そのあたりについては詳しく知りません)

どのお店でも、購入時には住民登録番号の入力が必須。唯一、外国人でも注文できるサイトで、本日初めてネットショッピング敢行。

しかし、ユーザー登録で問題発生。私は普段、日本の苗字とアレ坊の苗字を2つ使っているのだけれど、こちらでの外国人登録は日本の苗字のみ。そのため、銀行口座の名前も日本の苗字のみ。

うっかり、いつもの調子で2つの苗字でユーザー登録。そのあと買い物をして、私は韓国発行のクレジットカードを持っておらず、外国のクレジットカードを使用するにはさらに手続きがいろいろと必要なため、銀行振込みを選択。そしたら画面上に、振込人名として、私の名前(苗字2つバージョン)が表示された。

でも、銀行口座の名義は苗字1つバージョン。これじゃ、お店が振込みを確認する際に不一致で問題になってしまうのでは?あわてて登録した名前(苗字2つ)を変更しようとしたけど、変更できない。仕方がないので、サポートセンターにメールをした。

でも、どうしても早く手に入れたい商品なので、トラブル覚悟で(とっても安いものなので)入金を済ませることに。

韓国でも、インターネットバンキングが使えます。ただ、ログインキーファイルを作成する必要があって、ログインの際には毎回そのファイルを参照しなくてはなりません。なので、他人のPCとかでログインしたい場合は、このログインキーファイルをメモリ媒体に入れて持ち歩かなくてはならず、結構不便。

振込をしようと、振り込み先の口座番号を入れてびっくり!受取人の名前にサイト名+私の名前(苗字2つ)が表示されてる!!

指定された口座番号は、私のために新規で作られた口座番号で、そこ宛てに振り込めば、ほかに同姓同名の人がいようと混乱が起きないわけ。

日本だとよく、「振り込みの際は注文番号を名前の前につけてください」とか言われますよね?

この韓国式だと、そういった手間が一切省けてしまう!なんて画期的!!

というわけで、振込元の名前が苗字1つでも、指定された振込先は私専用の口座なので、お店側にとっては、私が振り込んだということは一目瞭然!(全くの他人がうっかり間違って偶然この口座に私が注文した金額と同額を振り込まない限り)

いやー、韓国に来て一番感動した出来事の一つでした。
オートマ
韓国で自動車といえばオートマ。ヨーロッパではオートマってほとんどないので、こちらでは久々のオートマ車運転。

今日、観光客もたくさん訪れる梨泰院というエリアに行ってびっくり!この付近は外国人がたーくさん住んでいる場所なのだが、住宅街は山がかっている。その坂たるや、まさに壁。こんなところ、車で上がれるのかしら???と不安になってしまうくらい。

さらに、道が狭いから、対向車とすれ違ったり駐車車両の間をすり抜けたりで、これがマニュアル車だったら坂道発進の連続でかなりつらいかも~。

オートマのありがたさをしみじみと感じました。

それにしても、あの坂を日常的に上り下りして生活しているなんてすごすぎる!!このあたりに住んでいる子連れの知人が乳母車でなんて出かけないと言っていたが、納得!

ソウル、本当に起伏が激しい地形です。我が家のある川の南側はそうでもないんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。