気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それ、本気で言ってますか??
過去数回、韓国語の授業で出てきた例文。

「韓国では、音を立てて食事をするのはマナー違反です。」

え??どの口が??どの口が???どの口が言ってるの???

私、ジョークだと思って、思わず先生の顔を見つめてしまった。当の先生は至極まじめ顔。え・・・本気で言ってるの???

本当にびっくりしました。
スポンサーサイト
霊柩車
道で霊柩車を見た。ナンバープレートがなかった!そして、「謹弔」と書かれていた。車自体は黒塗りで、日本みたいに装飾がいろいろついてはいませんでした。でも、どうしてナンバープレートがなかったんだろう・・・しょっちゅう見るものでもないので、すべてそうなのかどうかは分からず。
君らにはがっかりだ
アレ坊の会社のアレ坊の年上の部下さんは、私たちの行動がいちいち気に入らない。

まず、出だしからして悪かった。引っ越してしばらくしてアパートが決まった。そのおじさん(50代前半)に「家が決まってよかったですね」と言われ、「ええ、会社から近いからアレ坊は地下鉄で通えるし」と言ったら顔色が変わった!!「マネージャーが地下鉄通勤なんてダメ!ダメですよ!!」とお怒り。「いや、でも、私、日中車が必要なんですよ」と言うも、聞く耳持たず。なので、「我が家では、私がアレ坊のマネージャーですから。ご心配なく。」と言ったんだけど、めちゃくちゃ腑に落ちない顔。

そして、アレ坊は早々に駐在員御用達の高級スポーツクラブ(?)を解約。これ、ゴルフ会員権みたいなもので、会員になりたがってる人はたくさんいるらしい。かなりの金額で売れたそうな。これも、おじさんの怒りを買った。「わが社のマネージャーがスポーツクラブの会員権も持っていないなんて!!」ということらしい。遠いし、何度か連れて行ってもらったけど、特に使いたい設備があるというわけでもないし、と言ったら、近所のホテルのスポーツジムの会員権を買おうと提案してきた。その値段を聞いてまたびっくり。いやいや、いりませんって。だってアレ坊、自分で探して家から徒歩5分のところにある月5,000円くらいのジムに通い始めちゃったし。私は子供の相手するのがいい運動で、それ以外に体を動かしたいなんてぜーんぜん思わないし。

さらに、私が用事があって会社を訪れるたびにおじさんをがっかりさせることに。なぜなら、アレ坊から車を奪い取っておきながら公共交通機関を使っているから。おじさんとしては「ありえない」ことらしい。マネージャーとその家族なのに。だけどね、会社周辺なんて常に渋滞ひどくて、地下鉄のほうがぜーったい早いんだって。

この間は、背中の痛みに耐えかねた私が近所のホテルのスパのマッサージを受けに行って散財した話をアレ坊がおじさんにしたら、おじさんさっそくそのホテルのゴールドカードとかいう特別会員の申し込みをしようと言ってきたらしい。年に350ドル払うとスパの利用料金が半額になるとか??でも、元取れるほどスパ、使わないんですけど・・・あれは一時の気の迷いで・・・もう1回くらい行こうかとは思ってるけど・・・

とにかく、おじさんとしては私たちの行動がマネージャーおよびその家族としてふさわしくなく映るようで、常にガッカリなのであります。韓国ではステータスがとっても重要視されるので、ある地位にいる人はそれなりの行動を取らなくてはいけないらしい・・・なんか、それはそれでとっても手枷足枷。肩書きなんて関係なく、自分がしたいようにすればいいのにねー。
そんなに横着しなくても
ソウルの駐車場は、入口に近い階にどうにかして停めようとする人でいっぱい。

今日行った病院でも、B1とB2で空きを探す車が渋滞。私はその隙にB3まで下りて、エレベーターのまん前に楽々駐車。

下手すると、入口に近い階では二重駐車まで見られるのに、その先の階はがらがらだったりする。

お店や病院の入口までは結局エレベーターで移動するんだから、1、2階遠いところで停めても同じなのにー。といつも思います。
縁起が悪い??
韓国の大病院には、敷地内に葬儀場が併設されていることが多いようだ。今まで行ったことのある大きな病院(大学病院)はみなそうだった。

敷地内の地図に『本館』『新館』『○○病棟』などの文字と並んで『葬儀場』とあると、一瞬ぎょっとする。

今日、お猿さんを病院に連れて行ったのだが、なんと院内で喪服(黒の韓服)を着て胸に『喪主』の喪章をつけた女性が歩いていた。うわー。見慣れない光景なのでちょっとびっくり。

まあ、合理的といえば合理的よね。大半の人は病院で亡くなるんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。