気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルーマニアで牛乳を買う
こちらでは、牛乳は1.80レイ(90円くらい)前後です。1リットルだから安いね。一番安いのは、こういう袋に入ったもの。

milk


これは、脂肪分1.5%の低脂肪タイプ。このほかに、0.1%の無脂肪乳と普通の牛乳(3%くらいだったかな)があります。

しかし、この袋入り牛乳、賞味期限まで十分日にちがあっても、開けると傷んでいること多し。このメーカーとOkeってメーカーのはまだいいんだけど、近所のスーパーで扱ってる牛の絵が書いてあるメーカーのは、かなりの確率でそのまま流し行きになることが多い。結構腹立つ。

さらに、袋に小さな穴が開いてて漏れてたり。基本的に、牛乳売り場の辺りは臭いです。

なので、最近は常温保存可能な紙パックに入った牛乳を買ってます。普段は抱っこ紐で近所のスーパーに行くので、あまり重いものを持って帰りたくないし。こちらは3レイ(約150円)くらいするので、結構割高。でも、あんなにしょっちゅう捨てる羽目になるんじゃ、同じようなものかな。味は、やっぱり袋入りのほうがおいしいです。普通の紙パックに入っているものもあるにはあるので(主流は袋入り)、今度はそっちを買ってみようかな。

オランダもそうだったけど、牛乳の賞味期限って、本当にあてにならない。日本の牛乳って殺菌してあるから賞味期限前なのに腐ってるってことはないんだろうね。開けた牛乳が腐ってるって、ほんと、悲しくなるんだよな~。
スポンサーサイト
ルーマニアで豆腐を食す
ルーマニアにも売ってるんですよ~、お豆腐。それも、近所のスーパーで普通に。前回、このお豆腐がしょっぱいとはつゆ知らず、涙を飲んだワタクシ。今回は満を持しての再挑戦です。

これがルーマニアの豆腐だ!

tofu_1


お味は、パプリカ入りだのいろいろあり。今回も前回同様、simplă(プレーン)を選択。パッケージを開けると、マーガリンのような容器。

tofu_2


それを開けると、お豆腐が!

tofu_3


かなーり固い木綿豆腐、といった感じ。

tofu_4


前回、塩気に懲りたので、しばらく水に漬けて塩抜きしてみた。

tofu_5


その後、調理(麻婆豆腐)。オランダの中華料理屋の麻婆豆腐のお豆腐っぽいかも。やっぱりまだしょっぱくて、お豆腐の塩気を計算に入れた味付けが必要。

ちなみに、栄養成分はこんな感じ。

tofu_6


大豆成分、凝固剤、水に塩だそうな。ちなみに賞味期限が異常に長く、12月半ばに買ったやつだったけど、2月半ばまでの賞味期限でした。やっぱりしょっぱいから?
食材いろいろ
今日は、大使館に滞在許可申請に必要な書類を取りに行こうと思ったのですが、家を出ようとしたその瞬間にアレ坊から電話。今日からモスクワ出張なんだけど、そのフライトが霧のためにキャンセルになってしまったそう。航空会社のカウンターは長蛇の列なので、ウェブで他の航空会社のフライト状況を見てほしいとか。そうでなくても、家を出るのが遅くなって大使館が閉まるギリギリに到着予定だったので、今日の大使館行きはキャンセルとあいなりました。結局、ウィーン経由で飛んだよう。ブカレスト、今日は本当に霧がすごいんです。もう、真っ白。写真撮りたかったけど、おっさんがカメラを持っていってしまった。

昨日は、ルーマニアに来て初、お豆腐を食べてみました。家の近所のスーパーのチーズコーナーとハムコーナーの間にお豆腐が並んでるんです。パッケージは、マーガリンでも入っていそうな感じ。白くて四角いプラスチック容器です。なぜか、ピーマンが刻んで入ってるのとかもあります。それは、もはや豆腐ではないのでは??とりあえず、日持ちするのでだいぶ前にプレーンなやつを買ってあったのですが、昨日初めて開けてみました。

プラスチックの蓋を外すと、アルミホイルで蓋がしてある。このあたりもマーガリンっぽい。その中には、だいぶ固めのお豆腐が。中華料理で出てくるやつっぽいですかね。冷や奴には向かなさそうです。とりあえず、麻婆豆腐風に。

食べてみたら・・・

しょっぱい!!!このお豆腐、塩味が効いてる!!!ちょっとびっくりです。ご飯のおかずにはなるけど、いかんせんしょっぱい。食感はまぁいけるので、次回は使う前に水に漬けて塩抜きしてみましょう。

さらに昨日は、かぼちゃにも挑戦。こちらは、リベンジ。以前、なんかぬぼーっとした感じのかぼちゃをお店で見かけて買ってみたのですが、とにかくみずっぽくてぐじゅぐじゅしていて、甘みもなにもなく。巨大だったのですが、食べきれずに半分は捨ててしまうハメに・・・ごめんなさい。だって、料理法が思い浮かばないんだもん。

昨日スーパーで見かけたかぼちゃは、日本の栗かぼちゃにわりとよくにた見た目。だいぶ大きめですが。無難に、煮物にしてみました。皮が固いのと、ホクホクというよりはやっぱりべちゃっとなるのがちょっと難点ですが、まあ、調理法を工夫すればいけるかな。日本でも、昔のカボチャってこんなだった気もします。アレ坊は、「おっ!ひさびさだなぁ、これ。」と言うので、「へ~、好きじゃないかと思ってた」と言うと、「うん、好きじゃないねぇ」だってさ。でも、食卓に並んだものを食べないと、誰かさんの鉄拳が飛ぶことは重々承知してるので、食べてました。

今日は、さつまいもに挑戦。今までも、スーパーでさつまいもかもしれなさそうなものは見かけたのですが、今回のは正真正銘さつまいもです、という顔をしていたので買ってみました。

しかし、切ってびっくり!中は鮮やかなオレンジ色。大丈夫だろうか・・・不安がよぎります。とりあえず、甘みがあるのかどうかも分からないので、大学芋にしちゃえばいいだろうと考え、油で揚げてみました。しかし、揚げれば揚げるほど油のなかでべちゃっとしていくさつまいもたち・・・

結果、ぐっちょ~っとした大学芋が完成しました。食感は、まさにかぼちゃ。ぐじゅっとしてて、とても大学芋ではありません。うーむ。味は、大学芋のタレでごまかされちゃって問題ないんですが。素の味も、芋というよりはかぼちゃっぽい。これも、調理法再考の余地ありですな。

ルーマニア人は、お豆腐、かぼちゃ、さつまいもをどのように調理してるのか、一度見てみたいものです。
ルーマニアのお米
我が家のお米の消費量は、かなり高いと思う(お醤油の消費量も)。特にルーマニアに来てからは、私は日中家にいるからお昼にご飯を炊くこともあるし。さらに、アレ坊の会社に社員食堂がなく、お昼を持っていくことがあるんだけど、丼もののお弁当を持っていくこともあるのです。ノルウェーでお弁当、と言えば、チーズを挟んだだけのものが定番なのですが(オランダも)、別に、ノルウェー人にとっても「おいしい!」ものではないようです。さらに私にとってはお弁当=お米。高校3年間がお弁当でしたが、サンドイッチなんて持っていったことない気がする。そもそも、祖父母が農家なんで、お米タダだったし。お金を使うことが嫌いな母親が、パンを買ってサンドイッチを持たせるわけがない。購買でパンを買うことはよくあったけど(お弁当は2時間目の後に食べちゃう)。

オランダにいた時は、中華スーパーでカリフォルニア米を買っていたのですが、これがなかなか満足できるものでした。1kgで1.80ユーロ(270円くらい)だったかな?標準米より安いです。うちは、オランダに引っ越すときに友達にもらった鉄釜でお米を炊くので、炊き立てはとにかくおいしいんです!

ルーマニアにも中華系のお店があるようなのですが、まだ発見できず。でも、ルーマニア人もお米は結構食べるみたい。スーパーのお米売り場にはいろんな種類のお米が売ってます。

お米は長粒米、中粒米、短粒米にわけられるそうで、日本米は短粒米。オランダのスーパーに並んでいるのはほとんどが長粒米。ぱらっとしててこれはこれでおいしいものです。

ところが、ルーマニアのお米コーナーに並んでいるのは、ほとんどが短粒米!スペイン、エジプトから輸入されたお米が多いようです。レストランでお肉の付け合せにお米がそえられていたことがありましたが、それは紛れもなく『おじや』でした。長粒米じゃぁ、おじやにはなりませんからねぇ。

棚に並ぶ短粒米の中でも、特に日本米に形が似ているものを選んで買ってきてみました。水加減は日本米と同じでよいのか不安でしたが、まあ、とりあえず炊いてみることに。

結果は、なかなかのお味。日本米とは違いますが、これはこれでおいしいし、和風のおかずによく合います。エジプト米で豚の角煮がこんなにおいしく食べられるとはちょっとびっくり。

とりあえず、お米の供給源が確保できて一安心。月に5kgくらい平気で食べてしまうので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。