気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦い
さてさて、政府のオランダ語講座、第1学期が終了しました。ちなみに1学期は5週間。1週間お休みで(来週)、また5週間の第2学期が始まります。

クラスメートは15人くらい。途中から姿を見なくなってしまった人も多いのですが、ポーランド勢が4人と最多。その他、モロッコ、パキスタン、ギリシャ、アルバ(カリブ海の島。オランダ領。)、オーストラリアなどの出身者。先生は中年の女性で、果てしなくパワフル。アクションが大きすぎて、黒板が飛んでいっちゃったり、何だがすごいです。

授業はひたすらオランダ語の洪水。ほとんどの人が英語を理解するので、あまりに分からない人が多いと英語で補足説明してもらえます。が、この、どこでも誰でも英語を話すオランダでは珍しく、この先生、英語がかなり苦手・・・

クラス振り分けテストは散々だった私ですが、授業でも完璧落ちこぼれ~。EU出身者は自ら希望してクラスを取っているのですが、彼らの在蘭期間は2~4年。パキスタンの子は、家では家族とオランダ語で話すようにしているそうだし、オーストラリアの子はボーイフレンドがオランダ人。そのほかの人たちは、仕事でオランダ語を聞いたり話したりする機会があるみたい。

で、皆さん、耳が慣れているのよ~。あとは、読み書きできないけど話せる、ってやつ。私は、オランダに来てもう1年経ったけど、日常生活でオランダ語に触れる時間が異常に短いんですよね。そもそも、テレビはノルウェーのチャンネルしか映らないし、家族はノルウェー人だし、オランダ人の知り合いなんて数人しかいないし、アパートの住民も半数以上オランダ人じゃないし。

おまけに、理由は分からないのですが、5週間の授業のうち1週目は参加できず。その時点で出遅れてるのですが、さらにイースターでノルウェーに行っていたので2週間休みました。週2回、5週間で10回ある授業(そのうち、最終回はテスト)のうち、6回休んだってわけですよ。3回授業受けてテスト。そりゃ、厳しいわ~。

で、イースターに欠席したことも、今なんだか問題になってまして。

と言うのも、私の場合、オランダ語講座参加が必須なんですが、そういう場合の授業料は市が払ってくれているんです。だから、勝手に休んじゃダメなの。平日、9時~11時の間に事務所に電話して休む旨を伝えなくちゃいけません。

で、ノルウェーに行く前日、10:50頃に電話したんですが、既に回線は切られており「平日、9時から11時の間にお掛けください」との無情なメッセージ。

仕方がないので翌日、ノルウェーから電話しました。

私「昨日の授業を受けられませんでした。今週、先週と授業に出られません。」
担当者「理由は?」
私「ノルウェーに来ているからです。」
担当者「仕事ですか?」
私「イースターなので家族が集まるんです。」

担当者「ノルウェーにいるんですね?ダメですよ。講座受講中に海外に出ることは許されていませんよ。大体あなた、面接の約束を取らなかったでしょう?」
私「面接?何の面接ですか?」
担当者「海外に行くためには、事前に面接を受ける必要があるんですよ。」
私「そんな話、聞いてません。」

担当者「2月の説明会で説明を聞いたでしょう?」
私「面接だなんて聞いてません。海外に出ることは許可されていないけれど、しかるべき理由があれば可能だと聞きました。特に、既に航空券を購入済みの場合は考慮してもらえるという話でした。今回の私のケースも、航空券を買ったのはずーっと前の話です。それに、そういった場合にも、事務所に電話をするようにとしか言われていません。」
担当者「とにかく、面接してもらうことになりますね。海外には出られないんですよ。それがあなた、もう、ノルウェーにいるわけでしょ???面接が・・・」
私「とにかく、もう、ノルウェーにいるんです。ぐだぐだ言われても困ります。それに、昨日電話したんですよ。11時前に。なのに、そちらの回線、切れてたんですけど。11時前なのに。」
担当者「だから、事前に面接が・・・」

私「だーかーらっ!もう、ノルウェーにいるんです。事前に電話を掛けましたが、そちらの電話が切れてました。」

担当者「それでは、こちらから面接の日時を手紙で指定しますので、面接に来てください。」
私「面接って平日なんですよね?私、仕事してるんです。急にいついつ来い、って言われても、仕事の都合によっては行けませんからねっ!!(完全、逆ギレ)」

担当者「あ、じゃ、そういう時は、連絡ください(妙に低姿勢)。」

と言うことで、呼び出しを食らうことになりました。さらに、噂によると、呼び出し=罰金刑 らしいです。1回休むごとに35ユーロとかいう噂。

まあ、政府にお金払ってもらってるのはよく分かってるんです。ただ、なんでも頭ごなしにどやされて、なんだか犯罪者みたいに扱われるのには疲れました。そもそも、私の場合、オランダに永住するわけでもないので、この講座、受ける必要ないんだそうです。だからついつい、「受けてやってるのに!」という気持ちがむくむくと頭をもたげてしまい・・・罰金払うから、面接は勘弁して~。また、有給を無駄に使うことになる~。事務所はハーグにあるんですが、会社が遠いので、半休じゃ対応できないんです。

で。肝心のオランダ語ですが、聞いたときに単語として理解できるように少しなりました(ごくごくたまーにだけど)。今までは、何を言われているかは薄々分かっていたんですが、それが、ちゃんと分かることがたまにあります。話すのは、かなり厳しいです。おまけに、ノルウェー語とちゃんぽんになってます。ノルウェーでDank je wel.(オランダ語でありがとう)と言っちゃったらしいです。

さらに困るのが、ノルウェー語で一人称(私:I)はjeg(ヤイ)。ところが、オランダ語のjij(ヤイ)は、二人称(あなた:you)なんです。ついつい、Ik heb...(オランダ語で・・・を持ってます)をJeg heb...と言ってしまい、これがオランダ人にはJij hebと聞こえ、何であんた、あたしのこと話してんのよ、となるわけで。

しかし、週2回、18:45~22:00のオランダ語講座は、老体にも厳しいです。朝6時に起きて6:45に家を出て、8:15に会社に着く。17:00頃会社を出て、18:30頃最寄駅へ。そこからトラムに乗って(これが最近、なかなか来ない!!)学校へ着くと18:45。間に15分の休憩を挟んで、3時間オランダ語の嵐。22:00に授業が終わる頃には、トラムは20分に1本とかしか走ってないので、歩いて家へ帰ると、家に着くのは22:30。あ~。明日もまた6時起きなのに・・・

しかも最近、仕事がちょいと忙しく、平均的に1時間ほど残業気味。そうすると、オランダ語には遅れるし、オランダ語のない日まで帰宅が遅くなるし・・・それに食事に呼ばれたり、飲みに出かけることも結構多くって・・・
スポンサーサイト
オランダ人って・・・(その2)
今日は、カジュアルフライデー。ほら、あそこの席の彼もオレンジ、後ろの席の彼もオレンジ・・・

オランダでは、明日は女王誕生日なのです。街中オレンジに染まって大騒ぎ!オランダ人はみな、女王様が大好き。自分の国も大好きなので、シンボルカラーであるオレンジで決まりっ!です。

しかし、オランダ人のオレンジ好きは、女王誕生日だけにはとどまらず・・・

基本的にオランダ人、派手 です。街に買い物に出かけると、目に飛び込んでくる色、色、色・・・

オランダ人のファッションには『引き算』は存在しませんね。足して足して、さらに足す!!

例えば・・・

■今日はピンクのワイシャツにしようかな・・・
日本人:ちょっとピンクが濃いから、ネクタイは地味目なものを選んで・・・
オランダ人:じゃ、ネクタイはこのショッキングピンクで決まりだねっ!ピンクのポケットチーフも差しとく?

■今日はお気に入りのショッキンググリーン(こんな言葉ある?)のダウンジャケットで出かけるわ!
日本人:かなり人目を引くから、色味の強いものはこれだけで十分ね。
オランダ人:じゃ、お揃いのショッキンググリーンのイヤリングに・・・あ!スニーカーの紐もお揃いでいこうかな。

■今日は、このちょっとゴージャスなネックレスをしていこうかな・・・
日本人:かなりごてっとしてるから、イヤリングは要らないわね。
オランダ人:じゃ、このボリュームに負けない、このイヤリングに、指輪はどれにしようかな・・・

そんな私も、オランダに来て早1年と少し。オレンジ色のバッグも買いましたし、この間買った傘は真紫ですし、どうやら好みがだいぶ変わってきたようです。
オランダ人って・・・
今日は仕事の後、オランダ語のテストです。実力がないので、付け焼刃で受けても仕方ないと思って、あんまり勉強してません(言い訳・・・)

オランダ人って、異常に声が大きい人が多い気がするんですよね。体が大きいから共鳴しているのか???とにかく、ボリュームの調整ができない人がたくさん。電車の中だろうがオフィスの中だろうが、すごいすよ。ホントに。

アレさんのオフィスでは、小学校さながら「静かにしましょう」と上司からお達しが出たそうです。あ、これは、私も日本にいた時に身に覚えがあるかも・・・

電車の中で携帯で話す人もとーっても多いのですが、それがまた、みんなものすごいボリュームだから騒々しいのなんのって。ちなみに、電車に乗るからといって、携帯をマナーモードになんてする習慣はありません。うるさいと感じないのかな?

その割には、隣家の騒音などにはとっても敏感なオランダ人。

あと、電車が混んできても、座席に置いた荷物を膝の上に移す人もまれ。みんな、足をがーっと伸ばし、どかっと荷物を置いて平気な顔です。座りたい人が「どかしてください」って頼むんです。日本みたいに『混んできたな』と察して動く文化じゃないんですね。あ、もちろん中にはいますよ。日本人と同じく、さっと荷物をどかす人も。

それと、日本でも話題(?)の、電車の中で化粧をする女。オランダにもちゃんといます。今朝は、推定30代前半の女性の使用前・使用後をじっくり観察させていただきました。バスの中でも見たことあるしね(あんなに揺れてるのにマスカラ塗っててびっくり!!)。

以上、オランダ語は語れないので、オランダ人についてちょっと語ってみました。
バカにしないでよ!
お久しぶりです~。元気です。イースター休暇で北極圏に行ったりしてました。

さてさて、仕事の合間にちょいと一言。

だいぶ前になるんですが、おっさんとの大学時代の話をしていました。おっさんは地元の大学から大きな街のビジネススクールに編入してるのですが、その年、その大学から一緒にビジネススクールに編入したのはおっさんを含めて3名。で、そのうちの1人は女の子だったのですが・・・

おっさん「その子は女の子だから成績悪くてさ」
私「はぁ???何、その言い方。」
おっさん「ほら、ビジネススクールだろ?女性の入学希望者が少ないんだよ。だから、女性は成績が悪くても入学できちゃうからさ。」

私「へ?どういうこと?成績が悪くても入学できるって。女だから??」
おっさん「法律で、生徒のうちの25%以上が女性じゃないといけないんだよ。女性の希望者が極端に少ないから、結果、女性と男性の成績に開きが出ちゃうわけ。」

これって、おかしくありませんか?????

女性が男性と対等な国、みたいに言われているノルウェーですが、私(女のハシクレ)にとってみれば、こんな法律、女性をバカにするにもほどがある。

ノルウェーの女性は、こんな規則を作って(作らせて)、恥ずかしくないんですかね?情けなくないんですかね??権利権利とオウムのように繰り返す彼女らですが、私、まったく共感できないんですよね。

女であること(または男であること)が、水戸黄門の印籠みたいになっちゃうって、どう考えてもおかしいと思うんですが。学問に性別は関係ありませんよね?どうして女性が25%以上存在しなくちゃならないでしょうかね?その逆も規定されてるのかな?男性が25%以上って。

うーむ。やっぱり納得できない。その上、私には関係ないんだけど腹が立つのよ~。
オランダ語講座、はじめました
ようやく、ちゃんと授業が始まりました。昨日は初日。

運良く(?)、滞在許可書を取りに行くために会社を休んだので、体調もバッチリ。いざ、学校へ。

先生、すごいです。パワフルです。体が大きい上に動きも大きいので、あちこちぶつかってます。(中年の女性)

しかし、つらかった~。意味の分からない言語を3時間聞き続けるのは、かなりのストレス。生徒は15人ほどなのですが、全員が英語を理解するわけでもないので、英語で説明するわけにもいかないし、ってことなんでしょうけど。

ま、私はダントツで分かってないので、ちょこちょこと英語で説明をしてもらいました。が、この、英語が通じまくるオランダで、なぜかこの先生に限って英語が苦手・・・「う~ん。英語で何ていうか分からないわ。次の学期に先生が変わったら聞いてみて。」なんてのんきなお答えも。

私の前に座っていたおじちゃんは、オランダ語ペラペラなんですが読み書きはまったくダメなんだそう。そのため、振り分けテストの点数が低くて、この初級コースに入ってきたようなのですが、ものすごく分かってる+分かってるから口挟みたくなる+結局、邪魔 で、休み時間の後、別のクラスに連れて行かれてしまいました。

それにしてもオランダ語、訳わかんないです。ひたすらオランダ語を聞かされるのですが、やっぱり多少は文法的な解説がないと、整理して頭の中に入っていかない・・・

あとはやっぱり音が独特すぎます。聞こえてきた音とスペルがまったく違うのでびっくり!なんてことがよくあります。

これからしばらく、オランダ語講座に振り回される日々となりそう。ちなみに、宿題もバッチリ出ます。私はなぜか、他の生徒より1週間遅れでこのクラスに入ったようで(私以外にも数人そういう人がいる)、先週の分を家でやってくるように言われてしまいました。朝、電車の中でテキストを眺めてみたけど、音が想像つかないのであんまり意味ないかもー。

音といえば、授業で使う音声教材は、いまどきカセットテープ。巻き戻しやら早送りやら大変そうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。