気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイレはきれいに
ちょっと、汚い話になりますけどね。

オランダでトイレに行くと、便器に水しぶきが飛んでることが多いんです。まあ、水の勢いが良くて飛んだのかな、とか思ったりもするんですが、自分の用を足した後に流してみると、そんなことにはならない。

なんなんですか。あのしぶきは。

中腰で用を足すとか、そういう人がいるのかしら・・・

あと、便座が上がってることもあるんですが(女子トイレですよ)、どうやって用を足しているんだか。

トイレに隠しカメラつけたい衝動に駆られちゃいます。

ちなみに、私の出た高校では、トイレ掃除に力を入れており、トイレットペーパーの積み上げ方まできっちりしごかれました。なんか、格言もあったんだけど、忘れちゃったなぁ。
スポンサーサイト
カマキリ
ノルウェーのお笑い番組で、虫の結婚式っていうコントがあった。

牧師「この女性を妻として迎えますか」
新郎「はい」
牧師「この男性を夫として迎え、そしてその後は食べちゃいますか」
新婦「はい」

新郎「ちょっと待った~!聞いてないよ~!!」

というものです。アレックスが大笑いした後、「ところでこの虫、何?」と。たしかに着ぐるみは単に緑色で足が6本。出来が悪い。

でも、メスがオスを食べちゃうといえば、カマキリでしょ~。しかし、カマキリって英語でなんていうんだ?いろいろ説明したけどわかってくれない。「バッタの肉食版。両手が鎌になってる。」でもダメか。

仕方がないので、辞書の出番。日→英→ノルへ翻訳。(インターネットって便利☆)

しかしアレ坊、ノル語にしてもぽかんとしてる。え???知らないの???カマキリを???

写真を見せると「ふーん。見たことない。聞いたことない。」だって。ひぇ~。

しかし、ノル版Wikipediaには、「世界には2000種いるが、ノルウェーには生息していない」とちゃんと書いてあった!!

いないんだ。カマキリ。そんな国があるとは思わなかった!(他にもあちこちあるだろうけど)
こっちにあって日本にないもの
こっちではやるけど日本ではやらないもの、も含む。

1. 果物の皮を食べちゃう

こっちでは、基本的に食べちゃいます。
食べちゃえるもの:りんご、洋梨、桃、ぶどうなど
さすがにむくもの:オレンジ、グレープフルーツ、パイナップル、マンゴー、スイカ、メロン

ぶどうの種も食べちゃいますよ。おぇ~。

ノルウェーの結婚式で、どこから手に入れたのか、ザクロが出てきましたが、みんな種ごと食べてる!!!!ありえない。そーっと、庭の隅でぺっ、とさせてもらいました。

舌触りといったものには、あまり関心がないみたいです。

2. 銀行のキャッシュカードでお買い物

日本でも、デビットカード取り扱い店は増えてるみたいですが、オランダではその辺のコンビニみたいなお店でも使えちゃいます。逆にいうと、持ってないとめちゃくちゃ不便。100ユーロ以上のお札は受け取ってくれないお店がほとんどなので(偽札が多いらしい)、基本的になんでもデビットカードで支払います。クレジットカードは、スーパーなんかじゃ使えませんね。あと、オランダではオランダ国外で発行されたクレジットカードを使うには、身分証明書の提示を求められることが多いです。

3. お店の人にありがとう

日本だと
店「いらっしゃいませ」
客「これ下さい」
店「150円になります」
客「200円でお願いします」
店「50円のお返しです。ありがとうございました。」
客「どうも~」

オランダだと
客「こんにちは。これ下さい。」
店「1ユーロ50になります」
客「(5ユーロを差し出して)どうぞ」
店「(3ユーロ50を差し出して)どうぞ」
客「ありがとう」
店「さよなら」
客「さよなら」

ありがとうは、お客がお店の人に使う言葉です。これ、オランダだけじゃなくて、欧米では一般的にそうですよね。私がスーパーの店員になったら、ついついありがとうを連発して変な店員と思われるかも。
日本にあってこっちにないもの
その1

ガードマン。工事現場で皆様の安全をお守りするガードマンは、ほぼ存在しません。日本みたいに、5mおきに立ってたりしません。うちの近所で工事してるんですが、今朝は通行人の頭の上をショベルカーのシャベルが・・・いくら、シャベルが空とは言え、怖っ!

その2

カーブミラー。住人がつけたらしいカーブミラーは見たことありますが、行政が設置したカーブミラーってのはありません。常に、目視必須。ノルウェーにもカーブミラー、ありません。実家のあたりはフィヨルド沿いに道が走っているので、半端なくくねくねしてるんですが、ミラーなし。かなり怖いです。私、運転したくないです。なんでミラーないの?と聞くと、ミラーなんかつけたら一晩で子供たちがふざけて壊しちゃうよ、だって。なんたること!!!あるのに慣れてると、ないと本当に不便です。
おそらく、オランダを愛しすぎている。
土曜日は、ベルギーの美しい街、ブルージュに行ってきました。車で3時間弱です。私は去年の4月に両親と行って来たのですが、アレ坊は行ったことないので。とーってもよいお天気で楽しめました。が、すごい人!!4月に行ったときは観光シーズンの初めだったので逆によかったかも。8月は人・人・人、自転車・自転車・自転車、車・車・車、馬車・馬車・馬車、そして運河にはボートが行列をなしていました。びっくり。

道中、ベルギーに入ると標識が変わります。はっきり言って私、ベルギーの標識ってものすごく見にくいと思うんです。途中工事があって迂回の指示が出てたんですが、どぎつい蛍光オレンジの標識に細いフォントの黒文字。読めないーっっ!!!

オランダでは、黄色のバックに黒の太文字で、くっきりはっきりなのに。

さらに、フォントが気に入らない。なんか貧乏臭いの。オランダの標識のフォントって、なんか温かみがあっていいんだなぁ。動物園のマークとか、めちゃくちゃかわいいし。

そして、ブルージュの街中に入ると信号のポールが黄色と黒の縞々!!!!踏み切りかい。なんか目障り。

その他、どうも色使いが気に入らない。これも、私がすっかりオランダに慣れ親しんでしまったから??

これ、ドイツに行っても同じこと感じるんですよね。道路標識が見にくい。単に慣れの問題なんでしょうけど。でも、オランダに来て「標識が見にくい」なんて思ったこと、ないんですよね。分かりやすいな、と思ったことはあるけど。

ということで、街中にあふれる色・デザインでは、オランダってダントツだと思うのです。

いつもいつもオランダの文句を言っているような私ですが、実は嫌よ嫌よも好きのうち、でして。つーか、大好きですから、オランダ。
ぼったくり
昨日は、熱出しちゃいましたよ。8月なのに10度そこそこまでしか上がらない気温のせいだ!!!!

母ちゃんが来るので、パリ行きの電車のチケットを取ることに。来るのは9月末とだいぶ先なのですが、安いチケット(変更不可とか制限が多い)は早めに手に入れておくに越したことはありません。

オランダは日本よりもインターネットであれこれ済ませられます。もちろん、このパリ行きの、日本で言えば新幹線にあたるThalys(タリス)だって、ばっちりネットで予約できます。チケットは、自宅に送ってもらうか、画面をプリントアウトしたものを持参するか選べます。

しかし!!乗客の情報を入力し、次の支払い画面へ進もうとするのですが画面が移行しない。「ページが見つかりません」ですからね。まったく。何度やってもダメ。次の日に試してもダメ。うーん。どうして??

オランダ国鉄、カウンターでチケット買うと50セント(70円くらい)の手数料がかかるんです。結構バカにならないでしょ。300円くらいのチケット買っても70円かかるんですよ。

でも、今回は背に腹は代えられぬ、会社に来る道中、チケットをカウンターで購入することにしました。まずは地元の駅へ。カウンターは、国内線と国際線に分かれてます。国際線のほうはシャッターが閉まったまま。国内線のカウンターに行くと、そこでは国際線のチケットは発券できないんだって。国際線のカウンターが開くのは8時。その時点で6:40。むー。

乗り継ぎのスキポール空港駅で買うことに。カウンターのおばちゃんが愛想よくて気持ちよくチケットをオーダーし(ウェブで買おうとしたけどダメだったんだよね、の一言は忘れず)、いざお会計。チケットの値段は130ユーロなのですが、合計137ユーロ。

手数料、7ユーロ。おばちゃんの笑顔につられて特に気にせず支払いましたが、7ユーロって。1000円ですよ。ランチ食べられますね。オランダで7ユーロじゃろくなもん食べられないけど。

それにしても、手数料高すぎ。それならウェブで買えるようにしろっつーの。

もちろん、国鉄のサイトで買えなかった時点で、「どうなってんの??」の問い合わせをしようとしたんですよ。この国、文句言わないと損しますからね。

しかし、問い合わせメールアドレスとかないし。電話番号しかない。仕事の後に使ってるからすでに営業時間外(のはず。その記載もない。)。お問い合わせフォームとか探したけど、長々と書かれた免責事項のページしか見つからない。

やるな、オランダ国鉄。
税金あれこれ
Yahoo!のニュースの高校野球の記事に一瞬ついていけなかった。だって、冬物のコート着るくらい寒いんですもの・・・夏だったのね。忘れてた。

昨日はちょっとした検査のために病院に行ったのですが、まんまとオランダマジックにひっかかり、ほぼ1日つぶれました。さらに、もう1つの検査は別の検査機関に行かなくちゃいけないそうで、その予約を入れたら一番早くて22日!もー!!!!!!面倒くさいです。どうでもよくなってきました。

オランダは、働けば働くほど税金がっぽり持っていかれます。税金のほかに結構大きいのが、病欠時の保険。日本だと風邪引いたら有休使って休みますよね。休みが長引くと病欠扱いになるけど。オランダじゃ、病欠の期間は100%お給料出ます(一定期間を過ぎると70%とかに減ります)。その代わり、雇用者と被雇用者がその保険を折半して払ってるんです。あと失業保険もね(これは日本も同じですね)。

ざっと言うと、65歳以下の場合、所得税+社会保障費はこれくらいかかります。(累進課税です。)

 年間所得額    税率
17,046以下     34.15%
17,047~30,631  41.45%
30,632~52,228  42%
52,229以上     52%

ユーロが強いので、そのまま円換算しちゃうと、実際の感覚とはちょっとずれてしまうんですよね。強いて言うなら、1番上はパート・アルバイトの収入。2番目は一人暮らしするにはもうちょっと欲しい感じ。3番目になると、一般的なレベル~結構いいお給料。4番目になると、おー。稼いでますね、という感じですかね。

ちなみに、アレどんは駐在員なので、30%ルールというすばらしい制度が適用されるのです。私より税率低いわけです。

と書いてきましたが、日本と一緒で税金関係はいろいろ細かい既定がありますので、まあ、ざっとした説明、ということで。
引越しまーす
1年半住んだ、慣れ親しんだ(?)オランダとも間もなくお別れです。10月7日(または8日)に引っ越します。

引越し先は・・・


ルーマニア!


って、イメージ湧かないですよね。あはは。私もイメージ沸いてません。1度行ってみたけど。住むのは、ブカレスト(首都)です。ブダペストじゃないですよ。それは、ハンガリー。

オランダに来たい人、ラストチャンスですよ!!

ルーマニアにあこがれている人、ぜひおいでください~。ハーグみたいにきれいな街ではないけれど(ブカレスト在住の皆さん、すみません)、郊外には美しい自然が残っているそうです。
サービスって!
おとといの朝、出張者のためにアムステルダム市内のホテルを予約しました。日本人なので、名前のスペルを伝えるのが面倒で、メールで。

昨日の午後になっても連絡がきません。仕方がないので電話してみました。

私「もしもし。○○のミトモです。昨日、メールで部屋の予約をしたんですが、まだ連絡をいただけてないんですけど。」
相手の女性「That's correct!(そのとおり!)」

え??合ってた??いやぁ、うれしいな・・・って、これ、何の電話だよー!!

相手「昨日はうちは忙しくて、まだメールは処理されていないんです。」
私「じゃ、処理してください。」


びっくりしたよー。こんな応答の仕方、あるんですねぇ。私も使ってみようかなぁ。「ここ、この数字間違ってるよ」「そのとおり!昨日は眠くてボーっとしてたの。タイプミスだね。」とかね。

ちなみに、日本人の名前のスペルを伝えるのはひじょーに面倒です。イトウさんとかならいいんだけどね。私は最近、ある企業からMitomomと呼ばれてます。ミトモムです。どうぞ、よろしく。
帰ってきました
10日間の休暇から戻ってまいりました。仕事の山をとりあえず片付けたので一休み。

友達の結婚式は、最高でした!これでノルウェーの結婚式に出るのは3回目なのですが、こんなこと言っちゃ悪いけど、今までで一番あっという間に時間が過ぎました。

というのも、ノルウェーの結婚式は夜中の2時頃まで続くんです。今までの結婚式はどれもこれも、日付が変わるあたりでかなりへとへと。時計を恨めしく見つめながら残りの時間を過ごすことになってしまい・・・最初の楽しかった思い出よりも、後半の辛さが勝ってしまうというわけ。

今回は、教会での式と6時からのパーティの間にちょっとしたガイドツアーがあったりと、飽きずに楽しめました。気が付いたら12時。ちょっと疲れてきたな、と思ったら2時。お迎えのバスの時間でした。パーティは人里離れた場所でやることが多くて、このバスを待たない限り帰れないというわけ。もちろん、タクシーを呼べば来てくれるけど、物価の高いノルウェー、誰もそんなことしません。

いろいろと写真も撮ったので、あとでアップしますかねぇ。

アルタ(実家)では、釣り釣り釣り、というより、睡眠睡眠睡眠、という毎日でした。よく寝た~。お天気はとってもよくて、一番暑かった日は20度にもなりました。釣りも満喫、キャンプにも行ったし友達にも会ったし。満足満足。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。