気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルーマニア語を習う
第1回目の授業がありました。まずは、発音から。まあ、順調すかね。アレ坊と一緒に習うことになってしまったのだが(先生1人に生徒2人、アレ夫オフィスで)、アレ坊より覚えが早いぞ、俺。はは。

先生は医大で英語とルーマニア語を教えているそうで、英語が堪能でよかった。でも、口をあんまり開けずに話すので、最初の30分くらいはちょっと慣れなかったけど。

ルーマニア語って、あんまり口開かないみたい。一番広い『あ』の音の時、先生は「こういう風に大きく口を開いて」と言っていたけど、全然大きくなかったもん。その辺、日本語と通ずるところがあるかも??

しかし、ぐじゅぐじゅっとしつつべらべらっと話すので、全然聞き取れませんな。
スポンサーサイト
ルーマニア人と家と
週末、下の階のルーマニア人夫婦が遊びに来てくれました。

もともとは、木曜の夜にお茶においでよ、とアレ坊が声を掛けていたのですが、その晩は音沙汰なし。うーむ。ルーマニア人ってやっぱりラテンのノリなのね、と思っていたら、旦那さんがその日仕事が忙しくて、帰ってきたのが朝の3時半(!)だったんだって。

ということで、土曜日のお昼、チョコレート持って遊びに来てくれました。

きっかけは、42インチプラズマTVを抱えた旦那さんをアレ坊が駐車場で発見したこと。もともと大型テレビを買うのが夢なアレ坊、声を掛けずにはいられませんでした。

「どこで買ったの?」「いくら?」と質問攻めにしたのではないかと・・・で、そのままうちに連れてきてちょっとおしゃべりしてその日はさよならしたのでした。2ヶ月になる男の子がいるとのことで、また奥さんと来るね!ということで。

奥さんも気さくな人で、ひさびさに女性と話せて楽しかったです。茶飲み友達になれたらいいなぁ、というところですが、奥さんも仕事をバリバリこなすようで、もう少ししたら仕事に復帰しちゃうみたい。週末限定になっちゃうかなぁ。

で。いろいろブカレスト情報を教えてもらったんだけど、住所は家に戻らないと分からない、っていうんで、階下のお宅にお邪魔しました。

お邪魔してびっくり!!!!!もう、モデルハウス顔負け!おっしゃれ~なお宅なんです。唖然。同じ建物なのに、こうも違うか??という感じ。

それもそのはず、うちは賃貸で、壁や床、照明とか作り付けのクローゼットとかキッチンは大家さんが選んで作ってあるんです。不動産屋さん曰く「この大家さん、内装に力入れてますから」というだけあって、結構気に入ってこのアパートにしたのですが・・・ちなみに大家さんは、もとルーマニア代表のテニスプレーヤー。ルーマニアじゃ、かなりの有名人のよう。日本で言ったら、大家が松岡修三、って感じ??いや、うちの大家さんは今はルーマニア代表のコーチしてるみたいだし、テレビには出てないみたいだけど。

で、彼らのアパートは賃貸でなく分譲。壁から天井から何から何まですべてまっさらな新品で、インテリアコーディネーター(なかなか気に入った人がいなくて、3人目にしてやっとこ思い通りの家になったそう)と一から作り上げた我が家なのです。

大家さんと彼らじゃ、掛けたお金が違うのは一目瞭然!

それにしても、生活感なし!2ヶ月の子どもがいるのに!!私だったら、子どもが生まれるの分かってたら、こんな高価そうな家具(すべてイタリア製、キッチンはドイツ製、ソファの上にはカシミアのブランケットがびっちり敷き詰められていた!!カシミアだというのは、恥を知らないアレ坊が「気持ちいいね、これ」と話題を振って判明。)、絶対買わないだろうなぁ・・・

そもそも、依然使っていた家具、みたいなのも見当たらない。何から何まで完璧にコーディネートされている!!

そして、恐れを知らないアレ坊は、おうちのお値段まで聞きだしたのでした!!!箱の状態で40万ユーロ(6000万円)だそうな!さらに内装が凝っているので、賃貸に出すとすると、家賃は月額4000ユーロ(60万!)が妥当だとか・・・

さらにこの家、この夫婦が購入したのではなく、旦那さんの親が買って与えたものだとか(内装含む)!旦那さんのお父さん、何やってる人なんだろう??旦那さんのお母さんが来ていたんだけど、エレガント~な感じのご婦人でした。

で、ですね。ルーマニアの平均月収って、月200ユーロ(3万円)くらいらしいんです。ただ、所得税が高いので、みんないろいろ工夫してて、実際の収入はこの2倍くらいになるらしいんですが。管理職で1000ユーロ台とかそんな感じらしいです。

そんなルーマニアで、どうしてこんな高い家が買えるの????謎。

ルーマニア、お金を持ってる人はとことん持ってますね・・・

彼女と話していても、自分の貧乏臭さをしみじみと実感させられるばかり・・・

子どもが生まれたから大変。平日はベビーシッターが来てるんだけど、1日6時間だけだから。彼女はもともとうちの掃除婦だったんだけど、今はベビーシッターしてもらってるの。掃除婦は、別の人が週に3回来てくれてて。で、週末は、私の親か彼の親かどちらかが毎週来て子どもの面倒を見てくれているんだけど、それでも大変よ~。

だって。きれいにお化粧して(私は昼過ぎまで寝ててシャワー浴びたばかりだったのでスッピン、髪はびしょびしょのぼさぼさ)、きれいにマニキュアして(引越し作業で指先はぼろぼろ。爪なんてしばらく切ってないけど伸びてもこない。)、香水の香りを漂わせていました。

ああ、もう、私と彼女は決定的に違うんだ!と思い知らされました(涙)。

と言うことで、ひたすら驚きの連続の隣人訪問でした。
ロシア大使館
ロシア出張に行く人のビザを、代わりに取りに行くことにした。なぜなら、うちはロシア領事館からチャリで5分だから。会社の人はみんなアムステルダム周辺に住んでるから、朝9時にハーグまで来るのは大変(道が空いてても1時間弱かかる。さらに、朝は道は激混みと思われ。)。

以前、アレ坊のを取りに行ったことあって、雨なのに外で並ばされて、横柄な態度の(と言うよりは、単にロシア語しか話せないっぽい)門番に見下されたような態度を取られ、本当に嫌な思いをしました。

今日は、割合すんなり。前回と同じお兄ちゃんが窓口にいましたが(ヘアスタイルがかわいい。ぼっちゃんぽい。)、なんか愛想もよくなってました。どうしたんでしょう。

しかし、ビザ当日発行の場合、受け取りは12時以降とは知らなかった・・・9時の開館早々に行ったのに。まあ、家が近いからいいけど(洗濯できるし)、そうじゃなかったら大変だわね。

しかし、微妙な時間の余り方だ。あと1時間。仕事関係のものは持って帰らなかったから何もできないし。
解禁!
ネット生活始まりました。わーい。もう、てけてけ、おっさんの会社まで歩いて行ってメールチェックしなくて済む~!!

ブカレスト、今週はとても暖かいです。半袖Tシャツの人もいるくらい。雨が少ないのと工事現場が多いのとで、ホコリがすごいけど。全体的に砂埃が舞ってる感じです。

今日は、郵便局に書留郵便を取りに行って来ます。昨日は午前中はずっと家にいたのに、午後出掛けにポストを見ると不在通知が!!なんだよ~。家にいたじゃんか。

もちろんルーマニア語。さらに、郵便局の所在地は書かれておらず。再配達します、の通知なのかな?と思い、アレ坊の会社の人に聞きに言った。彼女いわく、取りに来い、との通知だが、郵便局がどことは書いていない、とのこと。住まいごとに担当郵便局があるようなんだけど、そんなの知らないし。アパートには門番みたいなおっさんがいるんだけど、おっさんは英語を解さないので聞いても分からんしなぁ。彼女が、今日の朝、郵便配達に来る郵便屋さんに聞いておいてくれるとのこと。助かる~。

ちなみに、今現在のルーマニア語能力は、1~5、10が分かります。何?なんで?が分かります。ありがとうと言えます。以上です。

オランダで、ルーマニア語のテキストでも買おうかと思ったんだけど、売ってなかったんだよね。まあ、マイナー言語ですからね。来週から、ルーマニア語を習う予定。週2日、1回1.5時間だとか。とりあえず、24時間受けることになってます。ありがたいことに、おっさんとおっさんの会社の雇用契約内に含まれているのだ!ということは、おっさんの会社が授業料を払ってくれる、ということ。ありがたやありがたや。ちなみに、今までルーマニアの駐在員でこの制度を利用した人は・・・いないらしい。「ルーマニア語、習いたいんですけど」と人事に言ったら「は??ル、ルーマニア語??」と驚愕されたような。

でも、ルーマニア語できないと、日常生活でかなり困ると思うんだけどなぁ。みんな、どんな生活してるんだろう。

目標は、門番のおっさんと茶飲み話です(目標高すぎ)。

現状は、ブレーカーが落ちたのを伝えるのに

私「電気、ない」
おっさん「なんで?」
私「(ジェスチャーで)分からない」

が精一杯。

引っ越して3週間になりますが、工事の人が来たりしても会話ができない・・・かなり不便。

来週から、頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。