気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本行きに向けて
明日、日本に帰ります。ブカレスト→ミュンヘン→成田で、ルフトハンザ便。日本-ブカレスト間の直行便はないのです(あったとしても、安ければもちろん乗継便使うんだろうけどさ)。

で、ルフトハンザ航空は搭乗日前日18時からオンラインでチェックインができます。オンラインでチェックインすると、空港では荷物を預けるだけでOK。それよりうれしいのが、座席を指定できること。

もちろん、勢い込んでサイトにアクセスしましたよ。

その結果が、これ。

ルフトハンザ


何が気に食わないかっていうと・・・

まず、搭乗日が40月13日だ!!

そして、座席は、通路側か窓側か、しか選べない!!席を選ぶ醍醐味は、足元の広い席をゲットすることにあるのにぃぃぃ。

次の画面に遷移するボタンが『搭乗手続きを完了する』ですもんね。

さらに、さらに問題なのが、私が本当に座席にこだわりたいのがミュンヘン→成田なのに(半日近く乗ってるわけだから、席によって快適度が全然違う!)、なぜかブカレスト→ミュンヘンしか手続きできない。Q&A見てみると、もちろん乗継便も一緒にオンラインチェックインできます、となっているのですが。

あ~あ。もう、いいです。諦めます。どうせブカレスト空港にはバゲッジドロップ(オンラインチェックイン済みの人向けの荷物預け専門のカウンター)なんて存在しないんだろうし。ブカレスト空港、ちっちゃいんです。カウンター数も少なくて、いつも異常に混んでます。

パスポートコントロール以降はすることありません。免税店は狂ったように高いです。さらに、欲しいものも見当たりません。カフェは煙でモクモク。まあ、小さいから出てくるときは素早く済んでいいんですけどね。

さらに、11月6日からEUからの出発便に以下のような機内持ち込み手荷物の制限が。

●液体およびその他ジェル状の製品は、100 ml までの容器入りのもののみお持ち込みいただけます。(容器に最大容量が記載されていること)
●それぞれの容器は、開閉式の透明ビニール袋(例えばジップロックなど。最大容量1リットル以内の袋)に一つにまとめてお入れください。
●お客様お一人様につき、このビニール袋一袋分のみお持ち込みいただけます。
●このビニール袋は、手荷物検査の際に他の手荷物とは別にご提示ください。

※制限される液体類は、水やその他飲料・ジェル・ペースト・ローション・エアロゾールなどが対象となります。化粧品(歯みがき粉、髭剃りクリーム、ヘアジェル、リップグロス、マスカラ、クリーム類)も含まれます。ジェル・クリーム類は食品・化粧品両方とも対象です。

ということで、機内でお化粧落としたりとか、成田着いてから荷物出てくるまでにちょっとお化粧したりとか、不可能ってことですね。私の場合、コンタクトの保存液だけはどうしても必要なのでジップロックに入れて持って行きます。ちょっと面倒。

ちなみにベビーフードは持ち込み可能だけど、同伴者が食べてみせる必要があるんだとか!(本当にそんなことすべての空港でやってるのかな?)医薬品は、オランダ、フランスでは処方箋を提示しないといけないらしいですよー。頭痛持ちだから市販の頭痛薬を、ってわけにいかないってことですよね。大変だぁ。

★追伸
ルフトハンザのインターナショナル版ウェブサイトでも、オンラインチェックインを試してみましたが、やっぱり座席指定はできず。でも、日にちはちゃんと11月13日でした。
スポンサーサイト
ソフトバンク!!
日本に帰ったときは、Vodafoneのプリペイド携帯をいつも使っているのです。ソフトバンクがVodafoneを買収したそうで。で、なんか、トラブルつづきらしいねぇ。

私のプリペイド携帯(結構古い)でソフトバンクのプリペイドサービスが引き続き受けられるのか、サイトで調べてみたけどちっとも情報が載ってない。なので、念のためメールで問い合わせしてみた。それが今週の月曜かなぁ。

で、昨日になってメールが来た。

---
メールお問い合わせを承りましたのでご連絡申し上げます。
現在、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)・新サービスの受付開始に伴い、お問い合わせが殺到しご返答までにお時間を頂戴しております。順次ご返答させていただいておりますので、今しばらくお待ちいただきます様、お願い申し上げます。
ご返答までの目安としては10日間程度でのご返答とさせて頂いております。
---

10日って!!そもそも、オートリプライの『質問受け付けました』メールが3日後に来るって!!

かなり参っちゃってるねぇ、ソフトバンク。

私の携帯、使えるんだろうけど。使える前提でいろいろ進めちゃいますからね。
もうすぐ日本!
来週月曜から日本に帰ります。月末まで。

毎日、レストランやら居酒屋やらのサイトを見てはよだれをたらしています・・・

どうしてこんなにおいしそうなの!!!

今、食べたいのは

・とにかく魚介類
・焼肉、ユッケ、レバ刺し
・居酒屋で食べるおにぎり
・イカの燻製とか乾きもの

ああ、どれもこれも今すぐ食べたい!!

オススメのお店あったら教えてください。連れてってください。
国旗はどこへ
うちのアパートには、地下の駐車場に物置があって、1軒に1つずつ割り当てられています。使わないものを物置にしまいたいのですが、物置にドアがない。とは言え、入り口には管理人のおじさんが立ってるし、まさか駐車場内の物置からはモノがなくなることはないんじゃない?と私は思っていたのですが、アレ夫はドアがつくまでは余っている部屋に荷物は置いておく、と主張。なんだかなぁ、と思いながらも荷物は室内に保管していたのです。

うちの玄関ドア(アパートの入り口に共用の玄関があって、その後それぞれの家の玄関がある)の前にノルウェーの国旗と日本の国旗を置いておいたんですが(アレ坊はノルウェーの国旗が大好き)、数日後、日本の国旗が消えている!!!!

アレ坊は、「それ見たことか。やっぱりドアのない物置にはモノはしまえない。」だって。

誰が持っていっちゃったんだろう。日本の国旗。ノルウェーの国旗には興味がなかったのかな?上の階に工事の人も来てたし、結構人の出入りがあったからなぁ。

ハンズで300円とかだからいいんだけど。でも、ルーマニア来て早々だったので、ちょっとがっかりでした。悔しいからまた買って帰ろう。
そんなに見ないで・・・
少し前になりますが、週末にブカレストから車で2時間ほどのところにあるリゾート地、シナイアに行ってきました。冬はスキー場になる場所で、お城があったりしてなかなかステキなところです。

そのシナイアでのヒトコマ。

アレ夫に「ちょっと、すげー見られてるよ」と言われる。何かと思ったら、子供会の旅行(??)にみたいな集団が立ち止まってみーんな私のことを凝視している。

どうやら、アジア人はかなり珍しいらしい。特に女の子たちは興味津々みたいで口々に何か言いながら私を見ている。ちょっとびっくり。こんなに見つめられたことは、31年の人生において初めてです。

帰りに車に乗ろうと駐車場に行くと、今度はもっと積極的な一団が!!少女たちの集団なのですが、どんどん近寄ってくる~!!10人以上に取り囲まれてしまいました。別に話しかけてくるわけでも触ってくるわけでもないんですが。とにかく囲まれた。

ルーマニア語が話せればなぁ、と思いました。女の子たちが「中国??」とか言ってたぽかったので。家に帰ってからおうちの人に話したりしたのかな?「今日ね、中国人を見たよ!!!!」なんて。

動物園のパンダの気持ちが少し分かったような気がしました。
ルーマニアのお米
我が家のお米の消費量は、かなり高いと思う(お醤油の消費量も)。特にルーマニアに来てからは、私は日中家にいるからお昼にご飯を炊くこともあるし。さらに、アレ坊の会社に社員食堂がなく、お昼を持っていくことがあるんだけど、丼もののお弁当を持っていくこともあるのです。ノルウェーでお弁当、と言えば、チーズを挟んだだけのものが定番なのですが(オランダも)、別に、ノルウェー人にとっても「おいしい!」ものではないようです。さらに私にとってはお弁当=お米。高校3年間がお弁当でしたが、サンドイッチなんて持っていったことない気がする。そもそも、祖父母が農家なんで、お米タダだったし。お金を使うことが嫌いな母親が、パンを買ってサンドイッチを持たせるわけがない。購買でパンを買うことはよくあったけど(お弁当は2時間目の後に食べちゃう)。

オランダにいた時は、中華スーパーでカリフォルニア米を買っていたのですが、これがなかなか満足できるものでした。1kgで1.80ユーロ(270円くらい)だったかな?標準米より安いです。うちは、オランダに引っ越すときに友達にもらった鉄釜でお米を炊くので、炊き立てはとにかくおいしいんです!

ルーマニアにも中華系のお店があるようなのですが、まだ発見できず。でも、ルーマニア人もお米は結構食べるみたい。スーパーのお米売り場にはいろんな種類のお米が売ってます。

お米は長粒米、中粒米、短粒米にわけられるそうで、日本米は短粒米。オランダのスーパーに並んでいるのはほとんどが長粒米。ぱらっとしててこれはこれでおいしいものです。

ところが、ルーマニアのお米コーナーに並んでいるのは、ほとんどが短粒米!スペイン、エジプトから輸入されたお米が多いようです。レストランでお肉の付け合せにお米がそえられていたことがありましたが、それは紛れもなく『おじや』でした。長粒米じゃぁ、おじやにはなりませんからねぇ。

棚に並ぶ短粒米の中でも、特に日本米に形が似ているものを選んで買ってきてみました。水加減は日本米と同じでよいのか不安でしたが、まあ、とりあえず炊いてみることに。

結果は、なかなかのお味。日本米とは違いますが、これはこれでおいしいし、和風のおかずによく合います。エジプト米で豚の角煮がこんなにおいしく食べられるとはちょっとびっくり。

とりあえず、お米の供給源が確保できて一安心。月に5kgくらい平気で食べてしまうので。
雪だ!
そうそう、今日はブカレストは雪ですよ~。でも、昨日降った雨のせいで地面が濡れているので、積もらなさそうです。気温もさほど低くないし。

仕事、一段落ついたらさんぽしてこよ~っと。わ~い!!
緑の木々が・・・
このアパートに決めた大きな理由の一つが、窓からの眺め。アパートの向かいが空き地になっていて、木が生い茂っているのです。道の両脇にアパートがだだだーっっと立ち並ぶハーグとは違い、お隣さんが覗けちゃったり覗かれちゃったりしなくてよい。

不動産屋さんも、その空き地に住宅の立つ予定はないから安心して、と言っていたし。

ところが!!!先週末からその空き地で木がどんどん切り倒されています!!

窓からの眺め
窓から


全体的にこんなだったのが
木々


半分はこんなことに!
工事現場


そして、木が切り倒されてあらわになったのは住宅工事とおぼしきもの!!不動産屋の嘘つき~!!

せめて、後半分はこのままであって欲しいものです。ただ、道の向こうは高い建物が建てられないっぽいので(うちのアパート側は軒並み7階建てとかだけど、向こう側は4階建てとか)、6階に住んでいるから視線が合うことは避けられるかなぁ。道幅もそこそこあるし。

そして、木が切り倒されてあらわになったもの、もう一つ。

庭


ステキなお庭。その奥の御殿のものでしょうか・・・勝手に入っちゃいけませんか?
ルーマニアとゴミ
昨日もルーマニア語講座でした。先生とゴミの話に。

このアパートに入居した際、ゴミの分別について大家さんに聞くと、「ルーマニアではリサイクルのシステムがない。すべて一緒くたにしてゴミ箱に捨てるだけ。週に2回、回収車が来ます。」とのこと。

オランダでは、瓶のリサイクルは徹底してました。ビールの瓶はデポジット制なので、返却するとお金が戻ってきます。その他、1.5リットルのジュースのペットボトルも。

その他の瓶は、街のあちこちにある専用ゴミ箱へ。

リユース対象外のペットボトル、及び缶のリサイクルはなし。これは、リサイクルにかかるコストや電気代を考慮すると、そのメリットがない、ってことらしいです。

古紙類のゴミ箱と、不要になった衣料品を入れる(福祉施設などに寄付されるらしい)箱も街中に設置してありました。

アレ坊が先生に「古紙はどこで回収してもらえるの?」と相談したのが話の始まり。会社でたくさん紙ゴミが出るんだけど、みんなゴミ箱に捨てているのがどうにもイヤらしい。

先生曰く、「それはとっても難しいわね。古紙回収業者の所に持ち込む以外ないのよ。」とのこと。先生も、大学に勤めているので紙ゴミが大量に出るんだとか。同僚に声を掛けて、その紙ゴミを回収業者のところへ運んだらしいんだけど、同僚たちは先生のことを奇異の目で見ていたとか。さらに、古紙回収業者には手数料を支払うんだそうです。1kg 2バニ(2/100レイ=80銭程度)。

リサイクル、という意識はルーマニア人にはまだまだ根付いておらず、人々がどんどん自由になるお金を手にしている今、使い捨て文化へまっしぐらみたい。日本の70~80年代って感じでしょうか。

スーパーでは野菜は量り売りで、計量担当の店員さんに渡して計量・バーコードシールをぺたん、と貼ってもらうんですが、この際、ビニール袋に入れて渡さないと、ご丁寧にビニール袋に入れてくれちゃう。大根(売ってるんです!)なんて、ビニール袋には入りきらないから、そのままぺたんと大根にシール貼ってくれればいいんだけど・・・

買い物袋も、大量消費です。オランダでは有料だったこの袋も、タダ、使い放題!(ドイツ系の卸売りスーパー メトロでだけは有料)レジの人が袋に入れてくれるんだけど、どんどん使いますよ~。この袋が妙にちっちゃいのね。だから、かなりの枚数を使います。

買い物袋を持参したいんだけど、と先生に言うと、それはいぶかしがられるからやめたほうがよい、とのこと。

ルーマニアのお店は、なんだか見張りの人がやたらめったら多いのです。まずは売り場に入る前に荷物チェック。他のお店の紙袋とかビニール袋を持っている場合は、入り口脇のクロークへ預けて入るようにといわれます。またはカルフールのような大型店だと、透明の大きなビニール袋に入れて上下を熱でシールしてもらう必要があります。それだけ万引きが多いってことなんですかね。

出口にも見張りの人がいて、お店によってはレシートと買い物袋を見せる必要があります。チェック後、レシートにスタンプを押してもらってようやくお店の外へ。

というわけで、袋持込・・・って、かなり嫌がられちゃうみたい。

でも、毎日毎日ビニール袋が何枚も溜まっていって困っちゃってるんだけど。最近は捨ててます。小さすぎて、ゴミ袋にも向かないし。本当、困っちゃう。

先生も、早くリサイクルに対する意識が芽生えて欲しいと嘆いてました。
電球、切れすぎ
なんか、あっちもこっちも電球が切れるんですけど。引っ越して、まだ1ヶ月なんですけど。どうしてそんなに寿命が短いのですか?

さらに、おされな大家のおかげで、何か高い電球なんですけど。

ハーグのアパートの時は、1つ100円くらいの安い電球でよかったんだけど。なんか、今度のは高いみたい。
オランダでお買い物
ズボン類は、女児用が結構ぴったりするんですねぇ。日本人体型の私。もちろん、手足が短い。こっちで服を買おうとすると、どれもこれもずるずるだらだら。「あらあら、お父さんの借りてきたの?」って感じです。

たまたまティーン向けのコーナーでよさそうなパンツを見つけたので履いてみると・・・大人用より少し短め。それでもやっぱり少し長いけど、普通の大人用よりはいいみたい。

ちなみにジーンズ、日本だとウェストサイズで選んで、丈はお店で直してもらいますよね。ヨーロッパは、ウェストサイズと丈の両方を選ぶんです。丈は2インチ刻み。大抵は、32インチからですが、これがまた長い・・・30インチが置いてあるお店は見たことないです。

そうそう、私、オランダでは上がS、下がXSサイズなんですが、スペインに行くと両方L、時によってはLでもきついです。オランダで、なんだかスリムになった気分を満喫していた私、スペインへ行って、現実を直視させられました・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。