気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日帰国
お猿さんがようやくノルウェーに慣れたのに、明日帰国です。

人見知りしないはずのお猿さんなのに、なぜかノルウェーではなかなかいろいろな人に慣れず。おじいちゃんおばあちゃんも、1週間経ってようやく手をつないで外に遊びに行ったりするようになったくらい。今日はすっかり慣れたみたいで、二人の膝の上に乗ったり楽しそうでした。

ルーマニアも韓国も日本も、子供がいると「にこっ」と話しかけてくれる人が多い。前にも書いたけれど、ノルウェーではそれはあまりないこと。知り合いの子供でもない限り、他人の子供に笑いかけたり話変えたりする人は少ない。お猿さんもそれを察したのかな??普段だったらしつこいくらいに構われてるのに、ここだとお愛想程度ににっこりしたら、後は大人同士の会話に突入だもんな。

食事も、3食温かいものを食べていた日常から、温かいものは1食のみの生活に。途中、パンストライキにも陥りました。パンを食べないとなると、この国じゃ食べるものはなくなるのよ!!目新しいコーンフレークの類(うちでは食べないので)で乗り切りました。普段だったら見向きもしないベビーフード(日本製)をがつがつ食べてたから、やっぱりシンプルなノルウェーの食事には飽きちゃったんだろうな。今は言葉で文句を言うようなことがないからいいけど、あと何年かしたら「おばあちゃんちのご飯、イヤ!」とか言いかねないな。ちなみに私はすっかり慣れました。2週間くらいなら全然平気です。最初の頃はちょっとつらかったなー。あと、妊娠中は最悪でした(涙)。野菜が圧倒的に少ないし、サーモンの臭いが鼻について食べられなくなってしまっていたから。この時期は、ノル父がサーモン釣りに没頭しているのです。

クリスマスにまた来られるといいな~。遠いので、アレ坊が1週間以上休みとれないときついです。航空券も高そう・・・

ノル母は、ソウルになんて行けないわよ(SASはコペン-ソウルを飛ばしてないので、スカンジナビア以外の国での乗り継ぎ必須)、と言っていたんですが、お猿さんの笑顔に騙されて(?)すっかり来る気になってくれました。来年のイースターに来る予定です。楽しみー。

それでは、明日は2時間+(乗継3時間)+2時間+(乗継1.5時間)+12時間 の長丁場。行きは席をブロックしてくれていて3席使えたのですが、今日復路のオンラインチェックインをしたら、今回はそれはなさそう。残念。
スポンサーサイト
わたしのかぞく ― その後
アレ坊の親戚には困ったちゃんがたくさんいるという話を前に書きました(こちら)。

そんな困ったいとこちゃんたちの最新情報。

ノル母妹の娘1
買春大好き元夫(たぶん事実婚)を待ち続ける健気な(??)彼女ですが、その元夫、また最近もタイに赴き、タイ人女性を連れて帰ってきちゃいました。現在、同棲中。

このいとこは再び精神的ダメージも受けましたが、3人の子供も自立した今(末の双子は、一人は仕事をはじめ、一人は少し離れたところで学生をしている)、ドイツに遊びに行ったり、コペンハーゲンで夏の仕事をしたりと羽を伸ばし始め、今までよりはショックが少ないようです。よかったよかった。しかし、これをきっかけに娘2みたいにティーンネージャー逆戻り現象に陥らないことを祈る!!!

ノル母妹の娘2
数年前に30代で再び高校に入学、すっかり気分は10代になってしまった勘違いちゃん。今年もすごいよ。ブロンドヘアをなびかせ、超ミニスカートで現れます。ただ、ちょっとぽっちゃりしたみたいね。足を組み替えてもスカートの中が見えるようなことはないからご安心を。

さてさて、元夫と夫のいとことの間を行ったり来たりし続けていた彼女ですが、ここ最近は主に生活を共にしていた夫のいとこから「おまえはそもそも根本的にすべておかしい!間違っている!!」と最後通告を突きつけられました。かなりダメージを受けているようです・・・ダメージのせいか、スカートがどんどん短くなっているもよう→新たな男をゲットしなくちゃだからね☆

がんばってね~。

ノル母妹の娘3
相変わらずボーイフレンドとは順調かと思いきや、本人の母(ノル母の妹)いわく「彼と一緒にいるのはさ、無料のベビーシッター代わりよ。子供おいて遊びに行くのに便利じゃない。あの男、生活費もきちんと入れないし最低なんだから。」だって。

オスロ郊外に二人でアパートを購入したのですが、大学に通うために彼女と彼女の息子はベルゲンという町に住んでいました。しかし、アパート2軒の支払いを続けられるほど収入はなく、少し前に彼女と息子はオスロ郊外に戻りました。大学は、履修科目を減らしてたまに行くだけでいいようにしたみたい。ということは、卒業までに時間もかかるんだろうなぁ・・・

------------
いとこたちが入れ替わり立ち替わりノル母に相談に訪れるので、我が家は盛況です。相談費とればいいのに~、と私とアレ坊。
毎日だらだら
あっという間にノルウェーに来て12日経ちました。早いなぁ。

毎日、お猿さんに起こされ、起きたお猿さんはアレ坊orノル母に任せ、二度寝へ突入。いい加減寝られなくなったら起きて朝ごはん。シャワーを浴びるとお昼ごはん。ちょっと出かけるともう夕御飯の時間(ノル両親は15時の夕食が希望だが、17時くらいにしてもらってる)。またちょっと遊ぶとお猿さんは寝る時間。そのあとだらだらしてるとまた眠くなるのでさっさと寝る・・・の繰り返し。

合間に、釣りに行ったり友達と会ったりしてます。数回、お猿さんが寝てから夜遊びにも行きました。

3食昼寝付、平和だわ~。

ノル母はできたお方なので、こんなぐーたら嫁でも全然オッケーなようです。私のノルウェー語も(全く使ってないのになぜか、そしてこの付近の方言限定)上達し、基本的な会話には不自由しなくなったので、よそ様に「この子はノルウェー語もできるんですよ」と自慢までしてくれます(涙)。1度くらい夕飯作ろうと思ったけど、まだ何にもしてないや・・・ごめんね、ノル母。

いとこが遊びに来たり、近所の人が遊びに来たり、出かけるとアレ坊の知り合いに会ったり、暇ながらも楽しい日々です。木曜にはソウルかー。

アレ坊とノル母が、私も1ヶ月くらいノルウェーに滞在すればノルウェー語がかなりマシになるのではないかと話していました。もしかしたら、次回あたりは私とお猿さんだけ長期滞在、ってのもありかもね。残念ながらこんな田舎にはノルウェー語の夏期講習とかそういうのは全然ないんだけど。

お騒がせいとこたちにはまた新たな展開が・・・なので、記事を別にして書きますね。
夏休みです
金曜日から夏の休暇でノルウェーに来ております。

ソウルからノルウェーの実家は遠い遠い。フィンエアーがソウル便就航したので、ソウル→ヘルシンキ→オスロ→アルタと飛ぶのが一番短いんだけど、他の航空会社に比べて4割近く割高(ヘルシンキ→オスロがものすごく高い)。今回は年に1度の会社負担の一時帰国なんだけど、渋チン経理部長さん(アレ坊のことね)がこの高いチケットにOKサインを出さず、KLMでアムス経由で帰ることに。

アムステルダムでは乗り継ぎに3時間あったので、一旦空港の外に出ました。ここは、オランダ時代通勤で毎日使っていた駅。懐かしいなぁ。スターバックスができていたのにはびっくり!それも2ケ所も。私たちが住んでいたころは、オランダにはなかったんです、スターバックス。去年の夏に遊びに来たときにもなかったなぁ。それでも勝手知ったるスキポール駅、お目当てのお店をくまなくチェック、さらにHEMAができていたのにも感激!!飛行機の中でお猿さんを飽きさせないために、ちょっとしたおもちゃを買ったりしました。それにしても、やっぱりオランダが「帰ってきた」感が一番強い場所です。どうしてなんだろう。もう住んでもいないのに、やっぱり「帰ってきた」気がしちゃうんです。

ノルウェーの空港はオスロ空港以外に税関がないため、オスロですべての乗客は荷物を一旦受け取って税関を通過、国内便乗り換えの場合は再度チェックインする必要があります。夏のこの時期はオスロ空港は大混雑で、この一連の作業に1時間以上かかるのはざら。ここで十分な乗り継ぎ時間を見ておかなくてはならないということもあり、KLMだと同日アルタまで飛ぶのは厳しい。オスロで1泊することになりました。

このオスロ1泊は逆によかった!ホテルに着いたのは真夜中近かったけど、翌日のフライトは午後15時でホテルのチェックアウトは12時。空港そばのホテルに泊ったんだけど、そこからバスで5分ほど行ったところが市の中心部でショッピングセンターもある。アルタにはないお店も入っていて、ちょうどバーゲンだったし、お猿さんの来年の夏物を買えて大満足。ホテルには子供の室内遊び場まであって、いたれりつくせり。空港からホテルまでのシャトルバスが有料で大人1人50クローネ(1,000円)模したのには驚いたけど。

すっかりリフレッシュできて、オスロ→アルタのフライトも快適でした。

2週間、のーんびりする予定です。
ロンドン橋
ルーマニアから韓国へ引っ越してきた際、機内でお猿さんを退屈させないために途中でおもちゃを買おうと考えていた。そのため、ほとんどのおもちゃは引っ越し荷物に入れてしまい、ごくわずかなお気に入りのおもちゃだけを持って出発。

ブカレスト空港の品ぞろえが悪いのはすでに承知していたので、乗り継ぎのパリで何か買えるだろうと考えていた。事前にシャルル・ド・ゴール空港のウェブサイトもチェックして、おもちゃ屋さんがあることも確認。

パリについたら、ターミナル全体がまだ工事中。開いていないお店ばかり。案内板を見ると、ちゃんとおもちゃ屋さんは載っている。よかった~、と思ってそっちに向かったが・・・工事中。

やばい。これはやばい。半日のフライト、手持ちのおもちゃでは乗り切れない!!!

あわてて本屋に走り、おまけつきのお菓子(というより、おもちゃのおまけにお菓子が付いている、に等しい)をいくつか買った。おかげで、フライト中、飽きてぐずりだすたびに目新しいおもちゃで釣ることができてホッ。

その中に、おもちゃの携帯電話があった。けたたましい音で「こりゃ失敗」と思ったのだが、案の定お猿さんのお気に入りとなった。アパートに引っ越し、いろいろなおもちゃも手元に戻ったので、そろそろ捨てようと思っていた。

おとといの夜、寝る前に居間で何やら変な音がするのに気がついた。「ピー」という甲高い音なんだけど、出所がいまいち不明。天井からしているような気がしたので、蛍光灯かな?と思い、翌日不動産屋さんに連絡してみてもらおうと思いながら就寝。

翌朝、まだ変な音がしている。出所を探っていたら・・・あれ?もしかして、これってソファのクッションの下から??

出てきたのは・・・おもちゃの携帯。話し中の「ツーツーツー」という音が鳴り響いている。ボタンがはまっちゃって押されたままになっているのかと思いきや、すべてのボタンはちゃんと表に飛び出ている。こりゃ、分解して電池出すしかないか(安物なので電池交換できるようになっていない)と思い、こじ開けようとするもこれが固いのなんのって!!どうやっても分解できない。

頭にきた私は、水没させることにした。空き缶に水を張り、どぼん。しかし、10分たっても20分たっても音はなりやまず・・・結局、数時間水の中で鳴り続けていた。夜になってみてみたら、ようやく音は止まっていたが、念のためそのまま一晩。

今日になって、ホッと胸をなでおろしゴミ箱へ。1日外出して帰ってきたら・・・

ゴミ箱の中からロンドン橋が鳴り響いている!!!

復活しちゃいましたよ、おもちゃの携帯。

帰って来てからずーっと聞かされていますが、だんだん調子が狂ってきました。電池が無くなるのももうすぐかな?鳴らしっぱなしでゴミを出すのもアレよねぇ。収集の人が何かと思ってわざわざ開けちゃったり、なんてそんなことになる可能性もなきにしもあらず?それとも、収集車は音が大きいし、こんな音には気付かないかな。

いずれにせよ、このロンドン橋と早くおさらばできますように!!
1歳3ヶ月、1歳4ヶ月を経て1歳5ヶ月になっております
なかなか歩かず、膝立て歩き(靴を履いて、さて出かけようと思ったら・・・忘れものだよ!靴脱ぐの面倒くさいからこのまま膝で歩いて取りに行っちゃえ、の状態です)の達人となりました。ものすごい速さで動くので、皆様にびっくりしていただいておりましたが、ソウルに引っ越してすぐ、5月中頃(1歳3ヶ月の終わり頃)に無事、あんよを習得。それからも、臆病な性格ゆえ、ついつい長年親しんだ高速膝立て歩きに頼りがちでしたが、いつの間にやらしゃかしゃか歩くようになりました。

引っ越しやら旅行やらが続いて、なかなか決まった寝かしつけ方ができず、親の布団で添い寝→寝たらベビーベッドに入れる、が定着しました。

おっぱいをやめてから特に、私の二の腕とか内腿とか、皮膚の柔らかい部分をすりすり触るという怪しいくせがついてしまったのですが、私のお腹と背中も大好き。突然Tシャツをぺろん、とめくられます。どこでも。いつでも。

なかなか寝付けない夜は、拝腹の儀式を。
1. まずは、体を横たえている母親の傍らに、母親の腹部に対面して正座します。
2. 静かに呼吸を整えます。
3. Tシャツの裾をそっとつまみ、ゆっくりと引き上げます。
4. 露わになった腹部を見つめ、神経を集中させます。
5. 頬をそっと腹部に押し当てます。
6. 3秒ほど押し当てたのちに離し、再び腹部をそっと見つめます。
7. ゆっくりとTシャツをおろします。

なんか、神妙な面持ちでこんなことされてますよ。ワタクシ。リアクションに困ります。とりあえず、寝た振りしてます。

おしゃべりの量は増えていますが、意味のわからなさ加減は相変わらずです。こちらが言っていることの理解は増しているようですが、ムラがあります。人が話した音をまねするようになりました。現在発話する語彙は以下のとおり。(日)は日本語由来、(ノ)はノルウェー語由来、(英)は英語由来。

どーぞ(日):人にものを渡すときの「どうぞ」、また「ちょうだい」の意味でも「どーぞ」。「あんた、あたしにどーぞしなさいよ!」ってこと。
どーもー(日):どうもありがとうの意。お辞儀しながら言います。
わんわん(日):一応犬のことだけど、猫もイノシシも、ウサギもモルモットもわんわん。
まんま(日):ご飯のこと
まんまん(日):たまにしか言わないけれど、アンパンマンのこと。テレビも見てないし、目にする機会はさほど多くないはずなのに大好き。
あーい(英):なぜか、アルファベットのiが大好き。iを見つけると「あいあい」うるさい。調子に乗り出すと、iじゃないものまで指さして「あいあい」止まらない。よって、あーい=iなのか、あーい=文字一般なのかは微妙。
ぴぴ(ノ):鳥のこと。私はピヨピヨと言うのだが、アレ坊の言うピピのほうが簡単みたい。

ちなみに上記の日本語由来の発話、すべてアレ坊には否定されてます。「全然そんなふうには聞こえない」だそうです。私にはそう聞こえるんですけどね~。日本語話してるのを認めたくないのかもね。

車や電車のおもちゃが大好き。きかんしゃトーマスのDVDを見せるとご機嫌です。音楽に合わせて踊るのも好き。

バッグやバケツなど、腕にかけられるものが大好き。腕にかけて歩きまわってます。その恰好でお辞儀すると、まるでどっかの主婦。みんなが笑うものだから、ますますやるようになってしまい、アレ坊はご機嫌斜めです。

ソウルへの引っ越し直前から、下唇をちゅっちゅっと吸う癖がついてしまいました。指しゃぶりとかおしゃぶりと同じく、口寂しくてしてるみたい。無理やりにやめさせるわけにもいかず困っていましたが、段々とちゅっちゅしている時間が短くなってきました

最初のころは、下唇は内出血、歯が当たる唇の内側には口内炎が。そのせいか、ストローで飲むことを拒否。6月頃からコップで飲むようになりました。初回からこぼさず飲んだのにはびっくり。最近は、ご飯も一人で食べると言って、手を出すと怒ることもあります。時間かかるんだけどねー。

身長は81.4cm、体重は11.5kgです。どちらも停滞気味ですが、平均よりは少し大きいようです。

お友達とも遊べるようになってきました。幸い、ソウルでも素敵な方々に恵まれ、お猿さんともども楽しんでおります。やっぱり、少し年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんに遊んでもらうのが非常に楽しいみたい。あとは、同じくらいの子とは、何がおかしいのか2人でけたけた笑い続けていたり、大人の入る余地なし、といった感じ。小さい赤ちゃんには興味を示しません。

おもちゃも、ぬいぐるみにはほとんど関心示さず。やはり、車輪の付いているものが大好き。あとは水。コップの水だろうと水たまりの水だろうと、水なら何でも大好き。本も好きで、一人で静かに本を眺めていることも多いです。特に、ルーマニアからソウルへのフライトで乗り合わせた家族から頂いた「ベビーブック」という幼児向けの雑誌が異常にツボにはまったらしい。ものすごい食いつきよう。日本に帰った時に1冊買ってみたんだけど、やっぱり大好き。それも、広告のページが・・・(笑)。ものすごーく真剣に品定めしております。

急激に、コミュニケーション取れてる感が増したので、いろいろと面白いですよ。ただ、自己主張が激しくなってきたので、猛烈にイヤイヤされたりすると(そして、なにがイヤイヤなのかはさっぱりわからなかったり)参りますが。

髪の毛は、まだまだ寂しいです。頂き物のピンやらゴムやらあるんだけど、使えるのは数年後かなぁ。
hooters
hooters(フーターズ)って知ってますか?アメリカのレストランチェーンで、タンクトップにホットパンツ姿のウェイトレスが呼び物。路線の違うアンナミラーズって感じ?

ここ、ソウルにもhootersがあるのですが、今夜はアレ坊が部署の飲み会でこちらを訪れています。よっぽどうれしいのか、先ほどビデオ電話(携帯についている機能)でわざわざ電話してきましたよ!女の子が踊ってるそうです。うるさくて何言ってるか聞こえないし、画像も悪くてさっぱりだったけど。

韓国ではまだまだ肌の露出はタブーと聞いたけど、道行く女の子たちの露出っぷりは日本よりすごい気がします。みんな色白でもっちりしてるので、なんだか余計にいやらしく見えるんですが・・・タイでも手足を惜しみなくさらしている女の子はたくさんいましたが、引き締まっていて肌の色も濃いので健康的な感じ?別に韓国の人が不健康そうなわけではないのですが・・・なんか、韓国の女の子の肌は肉感的というか、触りたくなるようなもっちりさなので(ぽっちゃりしているとは違う。薄く脂肪が乗った感じ??)、私が勝手にいやらしく感じているだけなんですがね。

たるんでもっさりしているおばさんのたわごとでした。
祝!引っ越し
ようやく引っ越しできました。金曜日に引っ越ししたのですが、前日になってもしかしたら延期になるかもという恐ろしい連絡が・・・さらに金曜の17時過ぎに引っ越し屋さんの担当者からアレ坊に「ところで、お宅はどこにあるんですか?」という驚愕の質問が!!

当日になっても「家の前、どのくらいの大きさのトラックなら入れますかね?」とか、そんなの知るか!と言いたくなるような電話がかかってくる始末。

結局、予定の11時を大幅に回った15時頃にトラックが到着、19時過ぎまでかかって搬入と家具の組み立てをしてもらいました。今回は目立った破損はないものの、サイドボードのガラスドアの金具紛失、お客さん用ベッドの脚(ダブルベッドで、ベッドの中央につくはずの脚)紛失という、なくなったものは小さいけれど、それがないと何とも困っちゃうのよ、な状況です。補償等は今後手続きを行うことになります。

お猿さんがいると引っ越し荷物も片付かないだろうと、日本からばあさまが来てくれています。もし、ばあさんいなかったら、確かに荷物、全然片付かなかったと思う・・・とんでもないいたずらっぷりですので、お猿さん。

週末、片づけ頑張りましたが、まだまだめちゃくちゃです。明日、朝から韓国語の先生来るんだけど、あまりの惨状にびっくりされるかも。
信じられない・・・
本日、衝撃的な出来事が起こりました。大変に汚いお話ですので、お食事中の方や潔癖症の方はお読みになられないほうがよろしいかと。


午後になり、雨が上がったので公園で。まだ水たまりも少しあって、水大好きなお猿さんは服をびしょびしょに濡らしてしまった。

家に帰って、お風呂に入れがてら遊ばせてやろうと思い、湯船にぬるま湯を深さ5cmほど張り、お猿さん投入。バケツとジョウロ、シャベルでお猿さんはご機嫌。

そのうち、私に向かって「ばいば~い」「ばいば~い」としつこく繰り返し、挙句の果てには湯船にシャワーカーテン代りについているガラス戸まで閉めてしまった。

そんなに一人になりたいなら、よかろう、お望みどおりに。と思い。お猿さんからは死角になるが、私からはお猿さんの頭が見える位置でアイスをのんびり食べていた。(お猿さんに見られると欲しがるので、これ幸い)

しばらくすると、お猿さんが立ったり座ったり、何度か繰り返しているのが見えた。すっ転ぶなよ~、と思い、声をかけたらそのまま座って遊び続けた。

さらにしばらくすると、お風呂の中から「ぷは~っ!」という声が。これは、お猿さんが水を飲んだあとに出すお得意のセリフ。あーあ、お風呂の水、飲んじゃってるよ。覗き込んでみると、シャベルで水を飲んでる。

「お風呂の水は飲んじゃダメだよ~」と湯船のそばまで近寄ってびっくり仰天。なんと・・・

湯船にウンコが浮いてる~!!!!!!!!!!!!!

なんとお猿さん、自分のウンコ出汁たっぷりお風呂の水を飲んじゃってる!!!!

おぇ~っっっ。さっき食べたアイス、吐きそう・・・

あわててウンコをバケツですくってトイレに流し、お風呂の水を抜いてお猿さんを洗う。しかし、飲んでしまったものはどうにもしようがない。本人はいたってご機嫌。

気休めに水をたっぷり飲ませてみたが・・・あー、汚い。本当に汚い。汚すぎる。

何歳くらいになったら、「汚い」という概念が分かるようになるのかしら。あー、汚い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。