気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなところで!
連休中、地下鉄で出かけた時の話。

最寄り駅で改札に向かっている途中、何やら立て看板がたくさん出ていた。

何かと思って見てみたら、どうやら工事現場事故防止啓発らしいんだけど・・・

思いっきり負傷者の写真がバーン。まあ、そんなに大きな写真ではないんだけど、こんな公共の場で、それも老若男女が通るところで、なにも流血場面の写真をバカスカ掲示しなくてもいいと思うんだけど・・・

韓国の人は、こういう写真にあまり抵抗がないのかな?私は子供が生まれてからどうもこういう写真が苦手になってしまって(映画もしかり)、足早にその場を立ち去りました。
スポンサーサイト
もうすぐ日本!
明日から日本です。天気もいいので、思いっきり洗濯して、留守中に和食が恋しくなるであろうアレ坊のためにおかずを作り置きし(なんてやさしいの!)、掃除して荷造りして。

お猿さんも昼寝したのでちょっと一休みです。

2週間は長いようだけど、あれこれやりたいことや行きたいところがあるのであっという間になりそう。最後の5日間はアレ坊も合流するしね。

今回は今までとは違って、あれが食べたい!これが食べたい!!という欲求はあまりありません。しいて言えば、お寿司かな?韓国のお寿司はかなりお手軽な値段で食べられるところもありますが、味もそれなり。こちらではあまり見かけない赤身、青い背の魚をたくさん食べたいです。
1歳7ヶ月です
早いねぇ。もう、1歳7ヶ月です。

下唇ちゅぱちゅぱ、親のお腹にすりすりの癖は相変わらず。昼寝も夜も寝つきがよくなり、秒速寝かしつけが可能になりました。でも、日中のリズムが大幅に狂うと、夜の寝かしつけは多少時間がかかることも。

毎日あちこち出歩いているので、半端なく焼けてしまいました。一応日焼け止めクリームは塗ってるんだけど、家にいてもベランダに出ていることが多かったりするので仕方ないのかなぁ。帽子をかぶっているので顔はさほどでもないんですが、もろ出しの腕と足がすごい。

子供は帽子を嫌がるものだと思っていたのですが、お猿さんは帽子が大好き。家の中でも「ぼー、ぼー」と帽子を要求。よっぽど頭の中がムレムレにならないかぎり、平気でかぶりっぱなしです。

食事は、親と同じものを食べるようになりました。一応、やわらかめ、薄味にしているので、親も必然的に健康的な食生活に。今までは細かく刻んで煮込んだものなどが多かったので、中に何が入っていようがペロリと平らげていましたが、今度は内容物がよーく見えるので選り好みするように。昨日は喜んで食べたものが今日は嫌がったりとムラがあります。

つまんで食べられるものが大好き。大ヒットなのが枝豆とトウモロコシ。際限なく食べます。トウモロコシはおむつの中にそのまま出してしまうので(汚くて失礼)、もうあまり食べさせないことにしました。本当に半端なく食べるので。丸ごと1本とか。枝豆も、放っておけば延々と食べております。

果物はあまり好まなかったのですが、ようやく少しずつ食べるようになってきました。ブドウが大好き。リンゴ、梨といった固い果物はまだ苦手です。少し噛んで口から出してしまう。

だいぶ意思疎通ができるようになったと感じることが多いですが、都合の悪いことはさくっと無視されます。ダメと言ってもさっぱり通じてなさそうなのは相変わらず。本当にわかってないのか、とぼけてるのか・・・

アレ坊べったりっぷりが加速。日中、ドアが音を立てるだけでも「ママ?ママ?」(ママとはパパのこと)とアレ坊の姿を探します。洗濯ものを干していれば、アレ坊のTシャツを引きずり出して「ママ」。アレ坊の靴下を引きずり出して「ママ」。額に入れて飾ってある家族写真(私+アレ坊方の親戚)を持って来ては、アレ坊を指さし「ママ」。隣にいる私には目もくれず。とにかく、一日中「ママ、ママ」と言っております。

私に対してはどうかというと、先日、韓国語の個人レッスンのために18時半に家を出た時も、さくっと手を振って「バイバイ」。アレ坊とご飯を食べ、さすがに寝かしつけには少し時間がかかったようですが(普段は私が寝かしつけている)、私を恋しがる様子は全然なかったそうで・・・複雑。

ちなみに、私のこともママと呼ぶように。私はお猿さんに対して「お父さん」「お母さん」を使ってるので、混乱してるのかも。アレ坊のことをママと呼ぶのは、単純にパパという発音ができないから。いや、できるんだけど、パパはものすごーく小さなささやき声でしか言えないのです。大きな声で言うととたんにママになっちゃうんだな。

相変わらず、夜は20時少し前になると自ら「ねんね」と言い出すことが多いです。そうでなくとも、「お風呂入ってねんねしようか」と言うと、仲良く遊んでいたアレ坊にクールに「バイバイ」、お風呂場に一目散。先日、同年代の子供がいる友人家族が遊びに来たのですが、彼らがいてもこの調子で、ちょっとびっくり。まだ、もっと遊んでいたい、とか、そういう感情はないんですかね~。おそらく、日中かなりハードに遊んでいるので、20時にはヘトヘトなんだとは思うんですが。よその親御さんからは非常にうらやましがられます。実際、非常に楽です。

歌に合わせて踊ることも大好き。NHKの子供番組、いないいないばぁのテーマ曲は特に好き。数えるほどしか見せたことないんだけど(韓国でもNHK見られるんだけど、ちょうど昼寝の時間にぶつかる)。あとは、むすんでひらいて、大きな栗の木の下で、など、きちんとは踊れませんが、要所要所はそれっぽい動きをします。Wheels on the busのノルウェー語版(Hjulene på bussen)は相変わらずだーいすきで、よく口ずさんでます(調子っぱずれで、分かる人にしか分からないけど)。カードの表に絵が、裏にノルウェー童謡の歌詞が書いてあるものを買ったのですが、それを持って来て歌えとせがみます。私が知ってる歌、アレ坊が知ってる歌、自分の好きな歌のカードはだいぶ覚えてきました。

その他、こんな言葉を話します。

ぼー(日):帽子のこと。
ジータ、ティタ(?):機関車トーマス、もしくはクマのぬいぐるみ「ヨンパ」のこと。
ごー:機関車トーマスに出てくるゴードンのこと。
うーたん(日):NHKの子供番組のキャラクター
にー、さん、ごー!(日):エレベーターに乗ると、階数表示を指さして喜ぶので、数字が変わるたびに読み上げていたらこんなことを言うようになりました。ごー、は、指で5も作ります。うち、5階なんで。
ぶるんぶるん(ノル):車のこと。我が家の車を見ると、指をさして大騒ぎ。外出先でも、うちと同じ車を見つけると「ぶるんぶるん!」と指をさしてアピール。
くゎっくゎ(ノル):アヒルやハクチョウなどの首の長い鳥一般。鳴き声から。
こっこ(日):ニワトリ。
ぴぴ(ノル):鳥をさしていたのですが、魚にまで適用されるようになってしまいました。食卓に魚が出ると「ぴぴ!ぴぴ!」と騒ぎます。
ば~(ノル):羊、ヤギ。白い動物は「ば~」になりがち。ノルウェー語の羊の鳴き声から。
のむの(日):飲み物が欲しい、という意味。
くっく(日):靴のこと。靴下もくっく。
まんまんまん(日):アンパンマンのこと。一応、音節の数は正しくなりました。

「お名前は?」と聞くと「になー!」(お猿さんの名前はミナですが、なかなかミナとはいえずにニナになりがち)、「何歳?」と聞くと「いしゃ~い!」(アクセントは「しゃ」に。1歳の意味)と言いながら人差し指を突き出します。意味は分かってないんだろうなぁ。まるで、芸を覚えた動物のようです。

アジュンマ
アジュンマとは、韓国語でおばちゃんのこと。

他の外国人と韓国について話をすると必ず話題に上るのが、このアジュンマ。

とにかく、すごい!!なんだかしらんが、とにかく忙しいようなのだ。

エレベーターを待つにも、5cmでもドアのそばに立とうとずりずり割り込んでくる。こちらはお猿さん連れなんだけど、そんなの全然目に入らないみたい。ドアが開くなり、中から出てくる人お構いなしでエレベーター内にずかずか。

エレベーターが満員になり、あとはドアが閉まるのを待つばかり。そこに別のアジュンマがやってきた。どう見てもパンパンの満員なのに、それでもどうにかしてその体をねじりこもうとする。確実にドアからはみ出ており、ドアのセンサーが働いていつまでたってもドアは閉まらない。別のアジュンマが何やら怒鳴る。アジュンマ、怒鳴り返す。しばらく繰り返して、ようやく諦めたのかドアの外に。

そーんなに急いでるなら、初めから次のエレベーター待ったほうが早かったんじゃ??

こんな感じの光景が、電車の乗り降り、スーパーのレジなどでも繰り広げられます。

はっきり言って、ストレス溜る~。いちいちイライラっとしてしまうので、こっちの精神衛生上よくないわ。

とは言っても、中にはバスや電車で席を譲ってくれたり、お猿さんをかまってくれたりする優しいおばちゃんもたくさんいるんだけどね。お猿さんには愛想がよくても、エレベーター合戦では人が変わる人も結構いる。

ヨーロッパで甘やかされてきたので、なおさら厳しく感じるのかも~。でも、考えてみたら、私が小さい時の日本(っていうか、私の実家の田舎のほう)によく似てる気がする。あの頃って、おばちゃんってみーんな自己チューで、すごかったよね。レジ割りこまれたり、トイレ割りこまれたり。

さらに、ソウルの免税店に行ったら韓国アジュンマも顔負け、すさまじい日本のおばちゃんたちにも遭遇。デパートの入口周辺に座りこんじゃってて、本気で驚いたよー。

ということは、日本も韓国も、おばちゃんパワーってすごいよ、っていうのが結論??
熱いぜ!
韓国は秋夕(チュソク 旧盆)のお休みに入りました。みなさん故郷に帰るとのことで、道路は割合すいている感じ。明日、友人を呼んでBBQをするので、その材料を買いに大型スーパーへ。しかし、すいていた道路もスーパー直前で大混雑。どうやら、秋夕の準備のための食材を買いに来た人たちでごったがえしているよう。あー。明日の午前中に来るんだった。最近は、秋夕でもこういった大型店は通常通り営業してるんだそうです。

お店に入ると、中もかなりの混雑。アレ坊はお猿さんを連れて子供を遊ばせるコーナーへ。私は一人でガシガシ買い物を進めておりました。大声と女性の悲鳴が聞こえるので何かと思ったら、男性が2人、取っ組み合いのケンカをしておりました。何が原因だったんだろうね?奥さんらしき人が必死の形相で男性を止めようとしていたり、まるでドラマの世界でした。

しかし、あーんなに他人がいる前で、さらに肉親までいる前で、よくもあそこまで我を忘れて怒れるな~、と逆に感心。

そのあと、同様のケンカをもう1件、そしてこちらも大混雑の駐車場で車をぶつけちゃった人たちが一触即発状態、さらにこの影響で後続車も動けなくなっちゃって、そこから怒って飛び出してきた人も臨戦態勢でした。どうなったかな?あのあと。

ルーマニアも、人々はラテン系で熱かったですが、韓国の人のほうがさらに熱いかもしれません。ブカレストでは取っ組み合いのケンカなんて目にしたかな?よく怒鳴りあいしてる人は見たけど、さすがにポカスカやってるのは見なかったと思う。

韓国に来てからは、割合頻繁に見かけます。アレ坊は、ゲートボール中のおじいちゃんたちが取っ組み合いのケンカをしていたのを見たと驚いていました。元気だな~、って。

だんだん、これが当たり前になっちゃって、そんな光景を見ても驚かなくなるかもね。
秋夕
今週末は、韓国では秋夕(チュソク)といって、日本のお盆のような行事です。

ここ数日、アレ坊が会社から毎日のようにお中元みたいな贈答品を持って帰ってきます。ワイン数本にウイスキー、海苔のセットはよいのですが、しらす干しが1kgくらい入った箱x3っていうのにはびっくり!3箱中2箱は、同僚にあげてきてくれたのでよかったのですが・・・とりあえず、小分けにして冷凍してあります。ソウルにいる間に食べきれるだろうか??

スーパーやデパートも、特設贈答品コーナーがお目見えし、混雑しています。電車に乗り込んでくる人の中にも、大きな包みを抱えた人が目立ちます。我が家にも大家さん宛の贈答品を配達してくる人たちが・・・もちろん、持ち帰ってもらってますが。

贈答品は、食べ物とか洗剤とか、日本のお中元とよく似ている感じです。朝鮮人参みたいな健康食品もたくさん出ていました。しかし、人参の根っこ5本とかもらっても困るわ~、我が家は。まあ、もらう予定はないからいいんですがね。

秋夕の間は、皆さん故郷に戻られるそうで、ソウルの街は閑散とすると聞いています。その間に、普段は混雑している場所を訪れてみたいな~、と考えているところです。
ソウルは蚊が多い。噂には聞いていたが、本当に多い。家の中にもバンバン入ってきて(網戸閉めてるのに)、刺されまくり。

特に私は、赤ん坊のお猿さん以上に刺されやすいので、もう最悪。

茶色いちょっと大きめの蚊と、黒に白の縞模様の蚊と2種類いる。茶色いほうはものすごく動きが機敏で、なかなか捕まえられない。ノルウェーの蚊は茶色くてとっても大きいんだけど、の~んびり飛ぶので、簡単に捕まえられるんだけどなー。ちなみに、ノルウェーの蚊の量はソウルの比べ物にならず(ノルウェーって言っても北部ね)。私なんて、体の周りにもやのように蚊がたかってしまってすごいよー。だけど、刺されてもそんなに痒みが強くないし、割合すぐに腫れも治まる。

ソウルの蚊に刺されると、赤い腫れが何日も残ることが多い。特にお猿さんは、数日間は赤くポチっとなってしまっててちょっとかわいそう。さらに、まぶたとか足の裏とか、勘弁してくれよ~って感じの場所を狙われやすく、本当に辛い。

今日は、19時から2時間、韓国語の個人レッスンの予定が入っていた。家を出る前に夕食の準備をし、早めに帰ってきたアレ坊にお猿さんを任せ家を出ようとした。そしたら、なんだか台所がガソリン臭い。うちは灯油とか使ってないし、外からかと思ってベランダに出てみたけど、特に外が臭う感じでもない。アレ坊も臭い臭いと言いだし、とりあえず窓を閉めた。さっきからサイレンも聞こえるし、もしかしたら近所で自動車事故があったのかもね?なんてアレ坊と話す。窓の外を見ていたら、煙が上がっているのを発見。あそこが事故現場?

学校に向かうためにアパートから表に出ようとしたら道路は煙に包まれている。何これ?真っ白!!さっき窓から見た自動車事故?でも、結構距離あったのに。

管理人のおじさんに聞いてみると、殺虫剤だそうだ。大量発生した蚊を駆除するためらしい。

しかしこの煙、油くさいんだよねー。みんな普通に表歩いていたし、少し前までは実家のほうでは夏の恒例だった空中散布みたいに外に出るなとかそんな危険なものではないらしい。

しかし、真っ白な煙を吐き出しながら狭い路地を駆け抜けるトラック、ちょっとびっくりでした。
韓国語熱
自宅で個人レッスンから土曜午前の語学学校に切り替えて1ヶ月、無事に1-Bというコースが終わりました。しかし、ここで問題発生。

9月の後半は日本へ帰るので授業が受けられない。そもそも、今月は13~15日がチュソクという韓国のお盆でお休み。授業も1回少なくて、そもそも月3回。そのうち2回出られなくなると、全然意味ない。

9月は休みにして10月から再開するとすると、次に受けるクラス1-Cは土曜の午後になるという。午後2時~5時がつぶれると、1日ほとんど何もできない。今は10時~13時なので、午後がまるまる自由になるのだ。さらに、1-Cだけでなく、一度土曜の午後クラスを受けるとその次の月も土曜の午後になる。

それじゃあ、次はいつ1-Cが土曜の午前に開講されるかというと・・・こればっかりは生徒の集まり次第なので分からないんだそうな。

なので、今月は同じ語学学校で個人レッスンを受講することで1-Cを終了、来月からはまたもとのクラスメートのいるクラスに戻ることにしました。

昨日、その個人レッスン第1回目を受けたのですが・・・もう、脳みそフル回転!!!先生がものすごーくきびきびと教えてくれるので、休む間なし。2時間休憩なし。

一応、今までの分の復習はしていったので、先生も「よく覚えてますね」「理解が早くて授業進めるのが楽しいです!」とか言ってくれて、さらにスピードアップ。はぁ。疲れた。

でも、この調子ならあと1回2時間クラスを受ければクラスメートに遅れずに済むかな。

グループレッスンの利点は、ほかの生徒の足手まといにならないようにとしっかり復習すること。あとは、出来のいい生徒に刺激されて、こちらもモチベーションが上がる!クラスに1人、若い女の子がいて、その子はどうやら他で勉強してきたのか、それとも自分で先に進んでどんどん勉強しているのか、ものすごくデキる(って言ったって、超初級レベルでの話だけど)。いろんな単語も知ってるし、本当に刺激になる~。

個人レッスンの先生が、この調子であと3ヶ月くらい勉強すればだいぶ分かるようになりますよ、と言ってくれたので、ぜひ頑張りたいところ。語学でこんなにやる気を出したのは生まれて初めてかも??やっぱり、勉強した単語や台詞が日常生活で使えると、張り合いがあるねー。特に、お猿さんを連れていると質問攻めなので、「何歳?」とか「男の子」とか聞かれたらちゃんと答えられるようになりました。特に、いまだにかなりの確率で男の子だと思われてるので、ここはきっちり答えておかないとね。

さらに、会社で就業中に週1、1時間個人レッスンを取っているアレ坊。こちらもなぜかすごくやる気で、暇さえあれば韓国語の教科書を広げております。でも、考えてみたらこんな風に日本語を勉強していた時期もあったなぁ・・・ほんの一時期だけど。

この韓国語熱、お互いに冷めることがないよう続けていきたいものです。
見つからないもの
韓国に来て、探しているんだけどなかなか見つからないもの。

1. ゴミ袋
ゴミは地区指定の有料ゴミ袋に入れて出すんだけど、家の中のゴミ箱にかぶせる用のゴミ袋が見つからない。5リットルと10リットルのゴミ箱があるんだけど、やっと見つけたゴミ袋は50リットル・・・しかたがないので、大型のポリ袋(食品用の)を流用。10リットルのにはきっちりはまらずイマイチ納得いかない。スーパーの袋は有料なので、普段買い物袋を持って歩いており、なかなかスーパーの袋もたまらない。市場だと袋に入れてくれるんだけど、大型スーパーでまとめ買いすることが多くてなかなか手に入らない。

2. 春雨
あっていいはずなんだけど、ない。チャプチェに使うよね??冷麺のあたりにあるのかと思って見てみるんだけど、ない。今、ネットで検索したら、どうやら春雨の形状が私の考えている春雨と違うようだ。これが見つからなかった原因かも。だって、これじゃ麺に見えるよー。色も茶色いし。今まで冷麺だと思ってたものが春雨だったっぽい。でも、これで買えるわ。

3. 物置
我が家はベランダが広いのだが(大家さんが寝室を一つつぶしてベランダにした)、オランダ時代に買った屋外用の家具(テーブルと椅子)をしまうための物置が欲しい。これが、どこに売ってるのかさっぱり。会社の同僚に聞いてもよく分からず、花市場にあるかもしれないと言われて行ってみたのだが、見つからず。ホームセンターみたいなところがないんだよねー。Mixiで聞いてみたけど回答なし。ちょっと前に同じ内容の質問した人がいたけど、その質問にもレスがついてなかった。存在しないのか??ホームセンター???もしかしたら、地元の個人商店とか行かないとダメなのかなぁ。

帰ります
そうそう、日本に帰ります。今月の17日から30日まで。20日頃から数日と、28~30は東京におります。お時間のある方々、遊んでいただけるとうれしいですー。

今回の帰国はアレ坊の出張にあわせて。出張は29、30と月・火なんだけど、アレ坊は金曜半どんで羽田へ。そのまま群馬で週末過ごします。日曜の午後あたりから東京へ移る予定。荷物持ちとして利用する為に、私たちも同じ便での帰国を考えていたんだけど、金浦⇔羽田は高い!さらに、火曜は仕事の後に帰るので夜便。すると、さらに高い。韓国では日系航空会社のほうが韓国の航空会社より安いんだけど、日系は夜便ないのよね。さらに、羽田から群馬の実家へは非常に帰りにくい。お猿さんがいるからバスはパス。2時間半も車内で座ったまま過ごせない!!電車だと、羽田からだと乗り換え多すぎ。スーツケースは別途宅急便で送る羽目になるし(成田→群馬は前回、乳母車とスーツケース両刀使いで東京駅乗り換え問題なし)。ということで、私たちは別の格安便で飛ぶことになりました。アレ坊の同僚も一緒に出張するのですが、彼はマイレージのプラチナ会員なので、私の分の荷物も運んでくれるそうです。やったー!!買い物に気合が入ります。
これぞ日本の子ども
我が家の娘です。朝食をとっております。

mina_1.jpg  mina_2.jpg

椅子の上に正座して味噌汁をすすっております。和でしょ~。昔から正座が好きで、よくちょこんと座って遊んでたものです。

小学生になったら絶対に上毛かるたをやらせよう!

上毛かるたとは、群馬県内の名所や群馬出身の歴史上の人物などがおりこまれたかるたで、群馬県の小中学生は冬になるとかなり本気になってこのかるたに挑みます。
エキサイティング
ソウルの街は、日本同様英語があふれている。レストランやカフェの看板も、英語と韓国語入り混じりだったり。韓国語を解さない私にとってはありがたいことも多いのだが、時には爆笑させられたりぎょっとさせられたり・・・

この間はレストランで「Runch Set」に遭遇。Lunchのことだと気づくまでに数秒を要しました。

バスの中の産婦人科らしき広告には「She like」のキャッチコピー。びみょー。

スーパーのエスカレーターの脇にあった利用上の注意が書かれた看板。出だしの「Safety Regulations」だかなんだかは英語に訳されてたんだけど、その後は全部韓国語。これじゃあんまり意味ない気がするんですが。

そして、私のお気に入りがこちら。

exciting.jpg

わくわくしちゃう心理クリニック☆、ですってよ。曲がりなりにも7年間も(含留年)心理学を勉強した身にとっては、非常に興味深いです。ウェブ翻訳にかけてみましたが、やっぱり『楽しみがわく心理クリニック』だそうで。

ちなみに、韓国では中国や東南アジアで見かけたようなお腹がよじれるような間違い日本語は目にしません。近所のスーパーで『hamako』というちびまるこちゃんが崩れたようなキャラクターの子供服が山積みになってましたが。hanakoと言いたかったんだろうなぁ。
意味不明
韓国で自動車を運転していてむかっぱらがたつこと。

1. 道路標識
看板に書かれている行き先とその看板が指しているレーンが一致していないことがある。高速なんかで道路の上を渡っている橋に看板が取り付けられてて、どのレーンがどっち方面行くか書かれていることありますよね。その看板だけ見るとあたかも一番右側のレーンしかそっちに行けないように見えるのに、実際には右側2レーン、3レーンがそっち方面に曲がれたりする。なんか、ばくっとまとめて矢印書かれちゃってて、どうもわかりにくいのよね。

2. 路上の標識
路面に書かれている標識。ソウルは車線の多い道路が多い。右折、左折のためには右折レーン、左折レーンに入らなくてはいけないのだが、この表記がいまいちはっきりしない。道路上に右折の矢印、直進したい私はもちろん一つ左のレーンへ移る。少し走ると再び路上に矢印が。さっきは右折のみだった矢印が、今度は右折・直進可能になっている・・・車線変更する必要、なかったじゃん。

この間びっくりしたのが、隣り同士の車線で、右側のレーンに左折の矢印、左側のレーンに右折の矢印が書いてある。どういうこと???交差しちゃうじゃん!と思ったら、右側のレーンの左折矢印は、左のレーンに合流、という意味だったらしい。紛らわしい!!矢印の形がおんなじなんだもん。

3. 交差点の前後
交差点の前と後ろで車線がかみ合っていないことが結構ある。信号待ちしてそのまままっすぐ発進すると、交差点の向こう側で車線の真上を走ることになってしまう。こういうときって、右側に移ればいいのか左側に移ればいいのか。先頭で信号待ちのときは、自分のいる車線と交差点の向こうの車線、数えて確認してます。それ以外のときは、流れでなんとなく。

4. 駐車場の係員
大型スーパーなどの駐車場の入口に立っているバスガイドみたいなカッコしたお姉さん。これ、もう、本当に意味不明。何だか知らないけど、アル中のおやじみたいに手をひらひら空中に泳がせたと思ったらぺこっとおじぎ。お辞儀されたからそのまま言っていいのかと思うと、またあわてたように手を動かしまくる。何か言いたいのか???窓を開けて駐車していいのかと聞くと頷く。そもそも、ここに立ってる必要性が分からない。誘導したりとか、そういうわけじゃないのよ。ただのお飾り。そして、私を惑わせる。さらに駐車場に入ってからも、盆踊りのような意味不明な手信号を繰り広げるお兄さんたちが。もう、どこに停めたらいいのかさっぱりわからない。もう、すべて、無視することにした。だって、駐車スペースまったく空いてないところにもどうぞどうぞと呼びこんじゃうし、この人たちもいる意味ないんだもん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。