気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グアムに行ってきました
今朝早く、グアムから戻ってきました。

土曜~土曜の旅程だと思っていたんだけど、なんと、フライトの予約をしたアレ坊が復路を日曜にしたそうで(グアム→ソウルの直行便は1日1便、早朝2:30発)、1日予定よりも滞在が延びました。余分に着替えを持って行っておいてよかったー。

ホテルは、中心地から少し離れたところにしたので、とにかく静か!ホテルのプールもビーチもたいていは人っ子一人おらず、独占状態。天気はイマイチでしたが、逆に子連れにはありがたかったかも。あまり暑くても大変だからね。

毎日、朝7時過ぎに起き、スーパーで調達した食材で簡単な朝食をとり、9時過ぎくらいからプールへ。1時間くらい遊んだらビーチへ。11時くらいになるとかなり日差しが強くなるので部屋に戻る。シャワー、着替え、一休みの後、外出。バスの1週間チケットというのを買ったので、バスであちこちであるきました。毎日どこかのショッピングモールへ。昼食をとり、お猿さんは乳母車で昼寝。店内は涼しいので(寒すぎることも)気持ちよさそうに寝ていました。その後、ホテルにいったん戻ってからまた食事に出かけたり、そのまま食事して帰ったり。

一つ、予想外で困ったのが、お猿さんの食事。お猿さんは、誰もが認める大食漢。好き嫌いもほぼなく、出されたものは何でも食べるんです。それなのに!なんと、グアムではハンガーストライキ状態。どれもこれも口に合わないらしく、悲しそうに首を横に振るばかり。

中国では大好きだった中華料理、春巻きやチャーハン、焼きそばもダメ。白いご飯にふりかけかけても食が進まない。パンはすべて×。すっかり記憶から抜け落ちていたんですが、アメリカのパンってちょっと独特。かなりポソポソしていて・・・アレ坊いわく、「そういうもの」だそうな。食パンなのに甘かったりして、どうもお猿さんの口には合わなかったよう。

結局、近所に日本食スーパーと韓国食スーパーがあったので、レトルトのご飯を買ってきて食べさせたりしてました。あとは、冷凍の枝豆とか肉まん、果物とか、食べられるものをいろいろ組み合わせて、あまり極端に栄養が偏らないように。まあ、1週間だけだし、そんなに心配はしなかったんですが。私たちも最後のほうは外食が面倒くさくなり、日本食スーパーでお弁当買って帰って夕飯にしたりしてました。

しかし、子供に安心して食べさせられるものを探すのがこんなに大変だとは!!

たとえばヨーグルト。無糖のヨーグルトは、1kgくらいのでっかいバケツでしか売ってない。小さなカップのものは軒並み低脂肪(無脂肪)低糖(無糖)で、原材料をみてみると、人口甘味料が入ってる。あけてみてびっくり!全然ヨーグルトじゃないの。見た目が。食べてさらにびっくり。ヨーグルトの味なんてひとつもしない~。あまくてねっとりした物体。ちょっと恐ろしくてお猿さんには食べさせられず。4つパックのものならヨーロッパでもおなじみの商品があったので、それを食べさせてました。それも甘いんだけどね。

子供用のクラッカーなんかも、なんだかみんな蜂蜜味とかチーズ味とかで、あんまりナチュラルな感じのものがないんだなぁ。瓶詰めの離乳食の豊富さにはびっくりしたけど。幼児用のレトルト食品もあったから買ってみたけど、お猿さんは見向きもしなかった(涙)。やわらかくゆですぎたマカロニがダメみたい=たいていの子供用食品(瓶詰め・缶詰)は×

きっと、大都市ならいろんな系統のスーパーがあったりして困ることはないんでしょうけどね。グアムはちょっと予想外に食事が大変でした。日本人観光客に人気というラーメン屋さんにも連れて行ったよ。結果、一人でぺろり、ラーメン1杯食べちゃいました。あと、日本のスパゲティ屋さんにも。ここでもよく食べてたなー。

しかし、現地の人の食べっぷりにはびっくりでした。そして、出てくる食事の量の多さにも。アイスクリーム屋さんに行ったら、注文してたおばちゃんにお店のお姉さんが「40セントプラスするだけでワンサイズ大きくできますよ。40セントで2倍の量になるんですよ!!お得!!!」とたたみかけ、おばちゃんはどでかいアイスクリームを買わざるをえなくなっていました。

アレ坊と話したんだけど、アメリカは、どうにかしてたくさん注文させよう、食べさせようというたくらみが多すぎる!アメリカの育児雑誌の広告も甘いおやつばかりだし、絵本に出てくる主人公は寝転がってソーダとポテトチップ、みたいな絵が多いし。「アメリカの6人に1人は飢餓状態にあります。カップケーキを焼いて子供たちにくばりましょう!」みたいな???なキャンペーンも。食べさせるんだったらもっと栄養価の高いものを食べさせようよ。

もし、アメリカに住むことがあったら、自分たちの食生活を正しく維持することが難しそうだな~、と思いました。まあ、我が家はいまのところそういう予定はまったくないからいいんですけど。

あと、グアム、買い物関係がしょぼくなってました。まあ、私が行ったのは15年前と12年前だから記憶が古いんだけど。でも、ショッピングモール内に閉店しちゃったお店が結構目立ちました。子供服を調達してこようと思ったんだけど、全然欲しいものがなくて残念。自分のものもほとんど買わず。まあ、目的はショッピングじゃないからね。海ではたくさん遊べたし、とても楽しい旅行でした。
スポンサーサイト
これだからもー
ずいぶん前、去年の8月に、オランダに住んでいた頃(2005~2006年)に払った税金が一部戻ってくるという話を書いた(こちら)。それから半年以上。弁護士事務所からは音沙汰なし。アレ坊に言われて気がついた。

昨日メールをしたのだが、こんな回答が。

2005年の税金還付については、税務署が貴殿の連絡先をデータベース内に見つけられず連絡が取れませんでした。当弁護士事務所を連絡先として指定されるのであれば、添付文書にサインの上こちらまで返送ください。

・・・あのー。うちらがオランダ国外に引っ越してるのは重々承知ですよね?弁護士事務所さん。こういうケース、たくさん取り扱ってるんじゃなかったっけ?だからどの企業も高い金出してお宅に頼んでるんじゃなかったっけ?政府のデータベースに住所がないって当たり前じゃん!!!ってか、この委任状みたいなの、前にも出してるんですけど。

2006年につきましては、当事務所より税務署に昨年9月に申請書類を送付済みですが、税務署では受け取った記録がないとのことです。再度送付します。

・・・でたよー!!!書類、送りました、受け取ってません。はぁ。つーかさ、法律事務所さん。なんども言うけど、みんな、すごい金額をお宅に払ってんのよ?それぞれの案件の進捗を確認したりとか、そういう頭はないわけ?客から言われなければこのまま放っておいたの??

ということで、お金が手元に届くまでには当分かかりそうです。久々であきれたけど、これがオランダ~。韓国ってしっかりした国だわ。

ちなみに、あくまでも私たちが還付を申請しているのであって、税務署の判断しだいで、いくら返ってくるのかは今のところ分かりません。
2歳1ヶ月です
お猿さん、2歳1ヶ月。2月から行き始めた幼稚園は、大・大・大好き!2月は週3で通わせていたのですが。3月からは毎週木曜日の日本人会の保育サークル参加を断念し、木曜も幼稚園へ通わせることに。もうね、幼稚園ないよって言うと怒るの。地団駄踏んで。朝も、さっさと自分だけ幼稚園のバッグ持って玄関行って靴履こうとしてるし。まだバス来るまで30分もあるのに。

火曜日はインターナショナルな保育サークルに参加しているんだけど、ここではお猿さんはかなり年長さんの部類に入る。仲良く一緒に遊べる子があまり多くなく(年齢や性格など。まだこの年だと、誰かと一緒に遊ぶより自分で好きなことしてる子のほうが多い。)、特定のお友達(himeさん、お宅の姫のことよ)がいないとがっかり、一人でぼーっとしている状態。あまり面白くないんだろうな・・・

3月に入って風邪をひいたのが何度かぶり返してなかなかすっきり良くならないので、4月からの週5登園は予定してないけど、5月くらいからは毎日行かせようかな。本当に好きなのよ。幼稚園。幼稚園バスが来ると目を輝かせて。

先日、用事があったので私が幼稚園まで連れて行ったことがあったんだけど、幼稚園の玄関を入るなり出てきた先生に一目散に駆け寄って抱きついてたからね。はっきり言ってちょっとジェラシー感じたわ(笑)。でも、それだけ手と目をかけてもらってるんだなー、ってことがよーく分かって安心しました。先生との相性もいいんだと思う。いやぁ、異国でこんなにお猿さんに合った幼稚園に巡り合えたなんてラッキーです。

言葉はだいぶ増えてきました。幼稚園では英語なので、突然英語で「It's OK.」とか言われてびっくりしたり。ノルウェー語と日本語も着実に上達してますが、まだまだおしゃべりの多くがお猿さん語。理解不能です。何かを伝えようとしているんだけど伝わらなくて、フラストレーション溜まって爆発!みたいなケースが増えてきました。早くお話しできるようになるといいねー。幼稚園の友達や先生の名前など、人の名前に興味を示すようになり、よく記憶するようになりました。

運動面は、あいかわらずのんびりさん。まだジャンプできません。口だけは威勢いいんだけどね。そして、なかなか歩きません。すぐに「抱っこ~」。13kg近くあるので、抱っこさせられるこちらはたまったもんじゃありません。抱っこしないと座りこみです。恥ずかしいです。

いたずらも増えてきました。ダメとわかっていることを、こちらの反応をちらちら見ながら「やっちゃうよ・・・」とけしかけてきたり。叱っても、分かってるのかどうなのか、暖簾に腕押し状態です。はぁ。まあ、悪いことと言っても、畳んである洗濯ものを床にぶちまけたなどのレベルで、危ないことはしないから目を離しても安心でいいんだけど。

去年11月に妹のところに生まれた赤ちゃんを2度ほど見に行ったこともあってか、赤ちゃんに興味津々。さらに、「お猿さん、ベイビー」と言って、バウンサーに寝転がっておもちゃの哺乳瓶でミルクを飲む真似なども。さらに、私を赤ちゃんに見立てて、自分のおっぱいを飲めと強要してきたり(おっぱいの位置はいまいちよくわかってないみたいで、いつもおへその上あたりを指さしてます)、突然股のあたりを触ってきて「きれいきれい」などと言って、おむつを替えたつもりだったり。

そうそう、先日、私がソファに座っているところに来て「かあさん、おっぱい」と言っておっぱいを探し始めた。「お母さん、もうおっぱいないんだよ」と言うと、ひとしきりあちこち漁って(少々見当はずれで、腕とかお腹のあたり)、Tシャツをぺろんとめくりあげ、そこに現れた三段腹を目にすると満面の笑み、「おっぱい~」と言って頬ずりされました。ショックー。

昔からお風呂が大好きなのですが、最近は顔を水につけるのが流行っているようです。そのあと、猛烈な勢いで顔をごしごし拭うんだけど。ああ、プールにも連れてってやりたいなぁ。割合近所にあった屋内プール(競泳用じゃなくてお遊び用)が営業をやめてしまって、行くところがないのよねー。早く夏になってビニールプールが出せるといいなぁ。

最近の日課。
6:30 起床
7:30 朝食
8:00~9:00 室内で遊ぶ
9:00~14:45 幼稚園
15:00 おやつ
15:30~17:30 大気汚染がなければ公園へ。黄砂のせいもあってか、外に出ないほうがよいくらい空気が汚い日があるのです。外に出られなければ家の中で遊ぶ。
17:30 お風呂
18:00~18:30 母ちゃんは夕食の準備。たいてい父ちゃんが帰っているので、一緒に遊んでもらう。
18:30 夕食
19:00 就寝

幼稚園から帰って来て昼寝させると、夕飯で起こしても起きず、朝まで寝てしまうことが何度かあったため、20時に寝かせていたのを19時に早めました。その代り、お昼寝は基本的になし。週末は昼寝する代わりに20時ころ寝ています。

2か月ほど前から、寝かしつけ卒業。ベッドに入れて電気を消せば、一人で寝ます。次のステップは、自分の部屋の自分のベッドで寝ること。今は、親の寝室のベビーベッドで寝てます。もう、ベビーベッドが小さいんだなー。あちことぶつけまくってるので。

とりあえず、お猿さんのベッドに落下防止のフェンスを付けたり、ベッドにあうサイズのマットレスがなかったので、隙間を埋めるためのクッションを探したりと準備しているところ。自動点灯するライト(電池式)を日本のネットショップで発見。ソウルに遊びに来てくれた友人に持ってきてもらったりと、着実に準備が整ってきました。問題は、娘と同じ部屋でいつまでも寝ていたい父ちゃん・・・それならいっそ、娘と父が同じ部屋で寝て、母は一人でのびのびと寝る、ってのはどうでしょうか。そもそもお猿さん、夜中に目が覚めたり、朝目が覚めると必ず父ちゃんの名前を呼び、代わりに私が起きるよと言っても「Nei. Pappa, stå op!(だめ、パパ起きて!)|」の一点張りなんですがね。

大韓航空!!!
グアム行き、決定。今月の21~28日で行ってきます。

で、チケットを手配しようとしてるんだけど、大韓航空のウェブサイト、結構お安く出ていたのでそちらで購入することに。

しかし・・・

韓国のウェブサイトって、非常に独特なセキュリティがかかってることが多く、今回もそれで結局予約できず。まず、ウェブで予約するには大韓航空のマイレージ会員でないといけない時点でかなり疑問。さらに、支払の段階で、国内金融機関発行のカードを利用する場合は、別ウィンドウで立ち上げるソフトウェアがすべて韓国語。とりあえず、口座番号を入れてみたけどうんともすんとも言わず。

仕方がないので、私のオランダ発行のクレジットカードで支払うことに。これはこれで、今度はそのカードが有効かをまず調べなくちゃならないという。別のサイトに飛ばされ、ここでカード発行会社と発行国を選択。カード会社リストが出てくるはずなんだけど・・・出てこない。サイト自体は英語なんだけど、「下記のリストからカード会社を選んでください」というメッセージと空白が表示されるばかりで、エラーメッセージも出てこない。

もー!!!!!さっぱり埒が明かない。腹立つ。

こっちでネットバンキングするときもそうなんだよねー。最初に「キー」と言われるファイルを作成しなくちゃならなくて、そのファイルがないとネットバンキングにアクセスできない。ヨーロッパの銀行だったら、パスワードを自動発行する小さな機械(電卓みたいな)がもらえて、それとカードさえあれば、世界中どこからでもどのパソコンからでも自分の口座にアクセスできる。でも、この韓国方式だと、そのキーのファイルを何らかの方法で持って歩かないといけない。さらにそのキーは、パソコンのハードディスク上にも保管できるので、そこに保管しちゃえばネットバンキングにアクセスするたびに自動的にハードディスクからそのファイルを呼び出しちゃうから、セキュリティもへったくれもあったもんじゃない。(これとは別に暗証番号と乱数表が必要だけど)

韓国の友達も同意してくれたけど、韓国のネットセキュリティって、複雑怪奇すぎて使いにくいことこの上なし。そのわりには安全性には疑問符がつくようで、しょっちゅうニュースになるみたい。

それにしても、不便。
韓国語とお猿さん語
韓国語では、他の言語同様、外来語の発音はもともとの発音とはちょっと違うことがよくある。

特に顕著なのが、fとzの音。韓国語にfの音は存在せず、fを表す文字もないため、pで代用される。friendはプレンドゥ、みたいに書かれて読まれる。日本語だったらフレンドになるよね。zはjで代用されるので、「ざじずぜぞ」、は「じゃ・じ・じゅ・じぇ・じょ」みたいになる。韓国人で日本語が堪能な人でも「ありがとうごじゃいます」って発音しがちなのは、「ざ」って音は韓国語にはないから。

さてさて、我が家の2歳児お猿さん。彼女の発音にこの規則がそのまま当てはまる。ソファー(sofa)は「そぱー」、ピザ(pizza)は「ぴじゃ」。

日本語頭で考えると「えー、どうしてfの音がp???」「ザって発音できないなんて不思議!!」って思っちゃうけど、なんてことはない、発音の発達順序を見ればpはfより先に発音できるようになるし、jaって音はzaって音より獲得が早い。なるほどー。目からうろこ。
じゃーまにー?じゃぱにーず??
ヨガ教室でのこと。出身はどこかと聞かれたので日本だと答え、しばらく話をしていたのだが話がかみ合わなくなってきた。

「あの、私、日本出身なんだけど・・・」

というと、先生、「え!ドイツかと思った!!!」

これ、初めてじゃないんです。今までに何回も間違えられてるんです。

I'm Japanese.って言ったのをI'm (from) Germany.と。

JapaneseとGermanyだとアクセントの位置が違うから、どうして間違われるのかよく分からない。私の発音がよっぽど悪いのか・・・

今日の先生は、「いやー、日本語の訛りがないし、どっちかというと北ヨーロッパの人みたいな話し方だったからー。」と弁解してたけど。

アレ坊に話したら笑われた。日本人もドイツ人も、英語の発音下手な代名詞だからね(涙)。

自分がどんな英語を話しているのか不安になってきたよ。一度、録音して聞いてみようかなぁ。恐ろしいけど!!自分の声、大嫌い。
初めてのヨガ
思い立って、ヨガ教室に通うことにした。もともとスポーツはわりと好きなほうなんだけど、継続してできるスポーツっていう趣味がない。スキーとかスノボとかは大好きだけど季節限定だし(さらにここ数年ご無沙汰だし)、テニスは東京にいたときに少し始めたんだけど、その後はお猿さんが生まれたりなんだりでそのままになっている。たまたま、英語でクラスが受けられるヨガ教室と言うのを目にしたので、通ってみることに。

ただ、英語のクラスは週末のみの開催なので、平日の韓国語のクラスに参加するためにも、まずは個人レッスンで基礎を学ぶのがいいとアドバイスされた。

今日が始めてのレッスンだったのだが、なんと先生がルーマニア人だった!!!レッスンの後、立ち話に花が咲いてしまった~。

ヨガって、のんびりゆったりしたものだと思ってたんだけど、この教室のヨガは結構ハードな部類に入るらしく、あちこち普段使わない筋肉を使いまくる。痛いしきついけど気持ちいい。

学生時代に少林寺拳法をやっていたおかげか、先生にひざの向きとか肘の向きとか、体の曲げぐあいなどを注意されるとわりとすぐに反応できるみたい。実際、習ってる感じは少林寺拳法とよく似ていた。『型』ってことだね。少林寺は動きが早く、ヨガは動きがゆっくりという違いはあるけど。

さらに、立った姿勢を褒められた。人間ドックのときにも、背骨がまっすぐだと言われたんだよなー。でも、普段は猫背気味で全然姿勢がよくないんです。ちゃんとしようと思わないとダメなわけね。でも、ちゃんとすると疲れるのよ~。

とりあえず、あと1、2回プライベートレッスンを受けることになりそうです。何かを習うって久しぶりで(語学除く)、それだけでなんだかうきうきわくわくしちゃいます。
幼児番組の威力
お猿さんが風邪ひいた。恒例の『1分間に60回以上の呼吸』が認められたため、念のため病院へ。土曜日で通訳サービスがなくて少々てこずる。

診察の結果は、喘息の兆候は見られず、ただの風邪。これまた恒例の山盛りの薬をもらって帰ってきた(もちろん、抗生物質入り♪)。

熱もほとんどないんだけど、咳のせいでぐずぐず大変に機嫌が悪い。夜もよく寝られなかったから眠いんだろうけど、15分もうとうとすると咳で起きてしまう。ソファでつきあってる私も辛い。

ふと思いついて、「ぐるぐるどっか~ん(NHKの幼児番組のDVD)見る?」と聞くと表情が一変。DVDをつけたらなんと、オープニングテーマに合わせて笑顔全開で踊ってるし~。

2人で苦しんだ6時間はなんだったんだ!!寝かせようとしたり、おんぶ紐でおんぶして家の中をぐるぐる回ったり、寝たふりしてみたり、大好きなバナナで釣ってみたり、あの手この手で挑んだんだけど。恐るべし、幼児番組。具合が悪くてご機嫌最悪の子供ですら笑顔にするなんて。

明日中には完治していただいて、月曜日からはまた元気に幼稚園に行って頂きたいものです。もらった薬は、今回も飲ませずじまいだろうな~。お猿さんは麻薬犬並みの嗅覚を誇るため、薬を飲ませるのはほぼ不可能。何に混ぜてもだまされないんだなー。
添乗員業務終了
日本から母が遊びに来てました。1週間。

ちょうどお猿さんの幼稚園も春休みだったので(韓国は3月から新学期なので、2月の最後が春休みになる)、3人であちこち出かけました。

母は、足裏マッサージを受けたり、デパートを冷やかしたり、市場で「あの人、1,000ウォン(63円)であんなにお豆買ってる。あたしも買ってくる。」と道端の行商のおばあちゃんから豆を買おうとし、1,000ウォン渡そうとしたら10,000ウォン(630円)だと言われ、10,000ウォンを奪い取られ、結局私が間に入って「韓国語分かりません!」の連呼攻撃で10,000ウォン札を取り戻したものの、おばあちゃんからすごい剣幕で怒鳴られまくるなど、思い出深い旅行になったのではないでしょうか。

それにしても日本人観光客が多いねー。あんなに買い物袋を提げて、果たして何を買っているのでしょう。こちらに住んでいると、欲しいものなんて全然ないのに!!!

母は、キムチを4.5kg購入して帰っていきました。また近いうちにきっと来るんでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。