気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流行の発信源
暇だったので、日本の雑誌を買ってみた。主婦向けの雑誌なのだが、こちらの書店では雑誌はビニール袋に入っていて中身がまったく確認できない、かつ、お猿さんがデパートの子供の遊び場に行きたいとうるさかったため、適当に選んだのが運のつき。私の生活とはかけ離れた雑誌だった。

マダ~ムなママたちの生活が垣間見られて楽しかったけど、びっくりしたのが「子供を美容院に連れて行こう!」特集。そこに載っていた子供たちの髪型は、まさにソウルでよく見かけるお嬢ちゃんたちと同じではないか!!!ボブ~セミロングの毛先を巻いたスタイル、日本でも流行っているのだろうか。

韓国で、「欲しいものが売ってない」「趣味が合わない」とぼやいているが、実は日本に帰っても同じなのである。なんか最近、異常にフェミニンじゃないですか???

時代が私に合わないのか、私が時代についていけなくなったのか。間違いなく後者です。
スポンサーサイト
木下です。
ここのところずーっと、お猿さんが何かにつけては「木下です。」というのが気になっていた。

誰?木下って。知り合いに木下さんっていないんだけど。

数日前、謎が判明。

「大きな栗の木の下で」のことだった!「木の下で」になぜか「す。」がついちゃったんだなぁ。

また、「てびでー、てびでー」という歌は、「teddy bear」の歌であることも分かった。そして、「木琴木琴」の歌は、「walking, walking」。元歌を知らないと解読はムリだよー。
若さとマヨネーズ
今日、明日とアレ坊は釜山出張。

アレ坊の留守には、アレ坊があまり得意でなく、かつ、私の大好物であるものが食卓に上る。ここのところはたいてい焼き魚だったんだけど(アレ坊は味の濃いものと白いご飯を「おかずとご飯」として食べることができない。洋食ってそうだけど、口に入れてごっくん、そして次の食べ物だから。パンにもバターをつけてしっかり味をつけて食べるし。丼ものはなんでも大好きなんだけどねー。白いご飯のおいしさがイマイチ分からないのです。かわいそうに。)、今日は突然あるものがひらめいた。

サラダうどん!!!

学生時代、足しげく通ったガストのサラダうどんが突然食べたくなったのです。当時、すかいらーく系列でバイトしていた私は、毎月給与明細についてくるグループ店割引券を活用して、もともと安いガスとでとんでもなく安い値段でよくご飯を食べたのです。友達にも重宝されたな~。一緒に割引になるので。

さてさて、そのサラダうどん。記憶はすでにあいまいです。覚えているのは、レタスがたっぷり乗っていたこと。早速購入。ツナが乗っていたけれど、ツナ缶って日本以外の国のものは慣れ親しんでいる味とは程遠いので(韓国ではまだ試してないけど、やっぱり全然違うという噂)、蒸し鶏でいいや。トマトもあるしキュウリも乗ってたかな?ワカメも乗せちゃえ!なんか、冷やし中華になりつつあるからついでに錦糸玉子も乗せてしまえ!!

そして忘れちゃいけないのが、マヨネーズ。醤油ベースのつゆとマヨネーズの組み合わせがなんともおいしいのですよ。

そして、がっついた!しかし、半分も食べないうちにペースが落ちだした。うーん。マヨネーズ。おいしいんだけど、おいしいんだけど、くどい!!!

若い頃はマヨラーとはまではいかないものの、マヨネーズは大好きだった。それがいつの間にかあまり使わなくなり、さらに海外のマヨネーズは日本のマヨネーズに比べてだいぶ味が違う(オランダもルーマニアも韓国も、甘い!酸味が足りない)ということもあり、どんどんと使わなくなってしまっていた。たまにポテトサラダとかマカロニサラダとか食べたくなるので、日本に行くと小さいサイズを買って帰ってはいるのだけど。使い切らないうちに分離しちゃって捨てる羽目になることも多い。

あー。年だね。

学生の頃は、愛知出身の友達に教わった「冷やし中華にマヨネーズ」が大のお気に入りだったんだけど、あれももう、ムリなのかなぁ。最後まで食べるの、辛そうだな。
がっかり
5月17日はノルウェーの建国記念日。私とお猿さんはもうすぐ日本に帰るんだけど、16日にはこちらに帰ってくる。

さっき、ノルウェー大使館から連絡があって、建国記念日のイベントは釜山で16日に行われるらしい!連絡遅いよー。1人200,000ウォン(14,500円)もかかるオランダの女王誕生日のお祝いとは違い、こちらは40,000ウォン(2,900円)、さらに13歳以下は無料と格安。

韓国に住むノルウェー人の多くが造船、海運業に従事しているので、大きな港のある釜山に住んでいる人が多いのです。たしか、5月17日のお祝いはソウルと釜山と隔年で開いていると聞いた気が。

釜山のインターナショナルスクールはノルウェー人学校化しているそうですよ!ノルウェー人率高くて。

ルーマニアではなんの催し物もなかったから楽しみだったんだけど、残念です。我が家でクランセカーケ食べてお祝いします。
PENDA?PANDA?
韓国語は母音の数が日本語よりも多いので、外来語の表記が日本語のローマ字書きとはだいぶ異なる。それと、独特な決まりがあるみたいで、私にはもとの単語から大きく外れて見える(聞こえる)こともある。

さてさて、この間若者が着ていたパーカー。全身にパンダの漫画がちりばめられていたのだが、そこに書かれていた文字は「PENDA」。

パンダは韓国語だと팬더、これをアルファベット表記するとpaendeoだから、うっかりPENDAになっちゃったのかと思われる。

それが、昨日会った青年。彼もまた、同じパーカーを着ていたんだけど・・・なんと、綴りがPANDAだった!!!

どうやらこのパーカーにはPENDAバージョンとPANDAバージョンがあるらしい。製造元がスペルミスに気づいて直したのかな?ちょっとびっくりしました。ちなみに、こちらでも意味不明な英語が書かれた洋服や雑貨が多いです。英語を理解する知人が多いので、商品を選ぶときにはしっかりそこまでチェックしないと、恥ずかしい目に!
地下鉄の売り子さん
ソウルの地下鉄にも、物売りがいる。ブカレストのそれとは大きく違って、かなりプロフェッショナル。

よく見かけるのがCD(クラシックやポップスの6枚組セットとか。たいてい10,000ウォン(730円)。あとは、靴下なんかも売ってるし、家庭用品もよく見かける。

しかし、この間見かけたおじさんはすごかった。ありえない金額を売り上げていた。

車両に入ってきたときは、はっきり言って「なんだ、このオヤジ?」と思いましたよ。だって、ほっぺになんか丸い紙みたいなもの張り付いているし。電車が駅に停まったのでしばらく様子を伺っていたおじさん、電車が発車すると車内販売を始めました。

取り出したのは、野菜のスライサー。見てください、キュウリがこんなに簡単にこんなに薄く切れる!!などとやっている様子。乗客のほとんどが「またかー」みたいな感じで、特に興味を示す様子もなく。

ただ、その雰囲気が一変したのがおじさんの次の売り文句。「このキュウリをお肌にペタペタペタ・・・美容効果抜群です!!!」(韓国語をよく分かってるわけではないので雰囲気で理解しております)そう、おじさんの顔に貼り付いていたのは、はがし忘れたキュウリ。

車内の女性、老いも若きもぐぐぐーっとおじさんに視線が集まる。

次はジャガイモ。ジャガイモもお肌にいいらしい。さらに、顔に貼ったまま掃除したりしても顔から落ちません、という謎のオススメ文句まで。

さぁ、このスライサー、1つ2,000ウォン(だったとおもう)とおじさんが商品を手に車内を歩き始めたとたん、まあ、すごいのなんのって、伸びてくる手、手、手!!!軽ーく20個は売りさばいてたんではないでしょうか。

すごい。すごすぎる。

今まで、何人もの売り子さんを見てきたけど、こんなにバカ売れしてるのは初めてみたよ。

韓国での地下鉄車内販売のカギは、美容と低価格にあるようです。
悲しい
我が家は窓が割合大きいのですが、その真正面に建設中のアパートがほぼ完成しました。距離的には500~600m離れていると思うんだけど、その間に高い建物がないので(このあたりは低層住宅街)、我が家からよーく見えます。

それはいいんだけど、気になるのが装飾のネオン。ボケてますが、部屋から見た眺め。実際には光がもっと強いです。

Picture 007

ちょっとズーム。

Picture 008

この上の青いのが気に入らん!!!広告でもないし、なんで必要なんだろう、こんなものが。

でも、これなんかまだいいほうで、近所にできためちゃくちゃ大きなアパート群は、すべての建物の最上階に複数の色に変化するネオンがついてます。迷惑~。出来上がる前は夜になると輝いていましたが、最近は消えたまま。うわさによると、この不況でアパートの売れ行きが悪いらしく。電気代、もったいないからかなー。

いずれにせよ、アパートにネオンはいらないと思います!


帰国します
一時帰国しまーす。1月ぶりなので、久々。2月の末に母親が来たからねー。来ないと行くよ、と脅されたので、帰ります。

それにしても、チケット安い!大人20万ウォン(14,500円)、子供15万ウォン(11,000円)に税金でトータル45万ウォン(33,000円)。お猿さんがまだ2歳以下ならなー。2万円台で帰れたのに!!まあ、こればかりは仕方ない。

5月6日の朝成田着で、6、7、8と東京におります。その後は16日まで群馬。お暇な方は遊んでくださーい。
流行ってるみたいだけど、ありえない!
見て下さい。この写真。

Picture 001

れっきとした韓国のナンバープレートです。そこに、EUのナンバープレートを模したシールをくっつけている!!!

引っ越してきたばかりの時は、「どうしてEUナンバーが走ってるの??」と一瞬本気でびっくりしたものです。

確かにドイツ車だけど、これは冗談がすぎるのでは??さらに、同じEUマークの下にKR(韓国)とあるバージョンまであって、苦笑。

ナンバープレートの改造って違法じゃないのかな?

さらに原付には謎の日本語ナンバープレートをよく見かけます。「渋谷」とか書いてあって、めちゃくちゃ怪しい。そして、なぜか真っ赤だったりする。今度、写真撮ってきます。

ちなみにこの車、信号待ちで見かけたので写真取ったら、その後延々我が家方面に走る。なーんか嫌な予感、と思ったら、なんと同じアパートに住む人の車でした(笑)。3kmくらい一緒に走っちゃったよ。写真撮ってたのバレてたら嫌だなぁ、と思ったけど、運転してたのは運転手さんだったし、何にも言われなかった。よかった。
本屋さん
韓国の本屋さん、レジで本にハンコを押す。すべての本屋さんでではないんだけど。ハンコじゃなくてシールの事もある。買った日にちが書いてあるんだよね。

あれは何のためなんだろう?返品の時に参考にするとか??邪魔にならないところに押すんだけど(本の上か下、表紙にではなく、なんといったらいいんでしょう。ページ全体にわたって。紙が裁断されてきっちり揃ってる、そこにポンと押すのよね。
事故ったら?
この間、車を運転していたら、隣の車線を走っていた車が私の車の存在に気づかずに車線変更しようとしてきた!!!もう、本当にあと少しでわき腹に追突されるところだった!!!

運良く、逆側の車線に車がいなかったのでクラクション鳴らしつつ避けられたからよかったけど。

しばらく、心臓がバクバク言ってました・・・

相手の車がBMWだったので思い出したのだけど、韓国では、ちょっとした衝突事故などの場合、国産車と外車の事故だったら外車に乗っていた側が修理費を支払うのが暗黙の了解なんだそう!韓国では外車は非常に高価なので(最近は輸入税もだいぶ下がったらしいけど)、外車に乗っている=お金持ち=なら、修理代ぐらい払えるでしょ、ということらしい。

ということは、外車に乗ってる人はそれだけの心構えがあるってことかー。しかし、なんか変なの。
デパートの乳母車
韓国ではよく見かけるけど、日本でやったら怒られると思うこと。

デパートで無料で借りた乳母車を店外に持ち出す。

こちらではよく見かけます。あるデパートで隣のデパートの乳母車を見かけるなんて、日常茶飯事。

こういうあたりものんびりしていて楽なのよね、韓国は。
韓国ママと英語
先日、幼稚園から教育関係の展示会の入場券をもらったので行って来た。早期教育の教材を扱う会社や、おもちゃ、本などの展示即売で、会場は大賑わい。

なかでも一際大混雑していたのが、洋書のコーナー。身動きが取れないくらいの混みよう。

韓国の人って気さくというか、「ちょっと、そこの○○取ってください」みたいに他人に声を掛けることが多い。この混雑の中、私も何度も声を掛けられたのだが、その○○が理解できない。「すみません、韓国語分からないんですがどれですか?」と英語で答えたらそのお母さん、思いっきり固まって「いいです、いいです」というジェスチャー。

でも、このコーナー、英語の絵本のコーナーなんだよね。お母さんがたが手に取っている絵本は、おそらくお猿さんくらいの年齢に読んで聞かせるような絵本ばかり。もし、そのお母さんが英語は話せないというのであれば、その本をどうやって使うのだろうか???本棚の飾り???

なんだか不思議な気がしてきて、そのコーナーにいる間、機会があれば他人に英語で話しかけてみたが(嫌な奴)、一人として受け答えしてくれる人はいなかった。

おーい。みんな!その、籠に山盛りになった本、家に持って帰ってどうやって使うのよー。子供が一人で読むのだろうか。

韓国の教育熱、特に英語熱には常日頃からびっくりしているのだけど、なんか、空回りしているような気がしてならないのであります。
2歳2ヶ月です
相変わらず、幼稚園好き。今日はもともと幼稚園ではなく育児サークルに行く日なんだけど、お猿さんは夜中からの発熱で外に出られず。幼稚園に行きたいと数度泣きました。熱が38.5度もあるのに!恐るべし、幼稚園。

幼稚園のお友達の名前はほぼ覚えているみたい。だけど、私が知らないので(名簿とかない)、言われてもイマイチ・・・幼稚園のブログに載っている写真を見て、お友達や先生を指差しながら名前を言うのが大好きです。

だいぶ、他の子と一緒に遊べるようになってきました。特に、3歳くらいの男の子がツボのよう。2人ほどお気に入りがいます。男の子だと、まだ言葉があまり達者じゃないからいいのかも。女の子の3歳はかなり大人よね。ここのところ、毎週末友人と会って子供同士を遊ばせているので、お猿さんは本当に楽しそう。でも、グアム以降のんびりする日がまったくなかったので、それで発熱したのかも。ちょっと忙しすぎました。

私が台所仕事をしていると、踏み台を持ってきて観察。台所は危険がいっぱいだからはらはらするけど、そりゃ見たいよね、何やってるか。立ってていい場所、というのを決めて、そこにならいていいことにしてあります。コンロやオーブンの前は厳禁!

おままごとも相変わらず大好き。そして、読書好きも相変わらず。育児サークルでも、同じくらいの年齢の子がいなかったりすると、一人で本棚の前で黙々と本を読んで(見て)ます。他のお母さんが驚くくらい長時間。簡単な文章の本は暗記したみたいで、私が読むと声を合わせて読みます。不明瞭だけど。

言葉もだいぶ増えました。幼稚園の影響が大きいみたいで、英語の単語もポコポコ出てきます。特に歌は、本当にすごい勢いで覚えていきます。絵本読んでいる最中も、出てきた絵にまつわる歌を歌うのが大好き。(蛙がいたら「蛙の歌が~」、どんぐりがあったら「どんぐりころころ~」などなど)

数字には前から興味がありましたが、日本語とノルウェー語では10まで言えるようになりました。言えるだけで、数えられるわけではありません。英語でも、ほぼ言えてます。ひらがな、ハングル、アルファベット、数字の違いは分からないようで、文字が書いてあればすぐに「ABCD~」と歌い始めます。

一時興味を示したひらがなも、最近はまったく。トイレへの興味も失いました。まあ、焦らず待ちましょう。

幼稚園で覚えてきた「clean up, clean up, everybody clean up」という歌を歌いながら片づけをします。幼稚園さまさま~。

大好きだったお風呂をなぜか拒否するように。でも、一度入ると出たがりません。どうも、湯船のお湯が熱かったことがあったようで。お風呂では、相変わらず顔面を水につけるのが流行ってます。耳が半分隠れるくらいまでバッ!と突っ込んだりしてます。私は小さい頃水が大嫌いで大変だったみたいだけど、その心配はなさそうかな。

体重は13.2kg。身長は不明・・・でも、90cmはあるんじゃないかと思います。洋服がどんどんと小さくなっていく!幼稚園で履いている上履きも買い替えどきなんだけど、ソウルではなかなかしっかりした靴が売っていない・・・今履いていて、靴屋さんからもよく足に合ってます、と言われたメーカーは、日本では幼児靴の取り扱いはしておらず。ノルウェーの母に送ってもらうことにしたが、税関が恐ろしい!日本だと、革靴の関税は30%。韓国はどうなのでしょう。でも、背に腹は変えられない~。前にも書いたとおり、私は自分が外反母趾になってしまったので、靴選びだけにはどうしても慎重になるのであります。

最近、昼寝復活。金曜日になると、疲れがたまるのか、16時から昼寝して翌朝まで起きない。まあ、夕飯1回くらい抜いても大丈夫でしょう。幼稚園では、なんとご飯、スープ+4種類のおかず、というステキな給食を食べているので!私も食べに行きたいくらい。

日課
6:30 起床 身支度するアレ坊を追い掛け回す。この間は、私が起きても「かあさん、ねんね!」と追い払われる。週末も同様のため、私はいつでも7時頃まで寝ることができる。
7:30~8:00 朝食
8:00~8:30 私の身支度の様子を観察。化粧道具で遊ぶのが大好き。
8:30~9:00 幼稚園のバスが来るまで、本を読んだり。
9:00~14:45 幼稚園。私はこの間、ヨガ教室に行ったり韓国語の学校に行ったり、食料品の買出しに出かけたり・・・結構忙しい。
14:45~15:30 天気がよく、大気汚染がひどくなければ、ベランダで遊ばせる。ダメなら室内。
15:30~16:00 おやつ。ここでこっくりこっくり船を漕ぎ出すこと、多し。
16:00~18:00 昼寝。昼寝復活で、公園に行ったりできなくなった。
18:00~18:30 アレ坊が帰ってくるころなので、一緒に遊ぶ。
18:30~ お風呂
19:15~ 夕飯
20:00 就寝

昼寝のせいか、20時に「ねんね~」と自分から言うことはなくなったが、ベッドに入れれば多少「おっき~、おっき~」と抵抗することはあっても、起き上がったりもせず、電気を消せば寝てしまう。でも、前は自分から「かあさん、ぱちん(電気消して、の意)」なんて言って、本当に楽だった。友人に話すと本気でうらやましがられたもん。
女性と高級ブランド
韓国の女性も、日本の女性同様、高級ブランドが大好きな様子。街を歩いていても、おなじみのバッグを持った人をごまんと見かける。にせものも多いと聞くけど。

これって、日本と韓国くらいなものかと思ってけど、結構アジア全体そんな傾向があることに気づいた。

こちらに来て親しくなった他のアジア諸国出身女性にも、ブランド大好きな人が多い。ある友人は、北ヨーロッパに住んでいたとき、ブランドショップがなかった!あんなつまらないところには二度と住みたくない!!!と言っていた。

実際、去年だっけな?オスロにルイ・ヴィトンかなにかが発の店舗をオープンと言う話が話題になった。そんなものよ、ヨーロッパって。

もしかしたら南ヨーロッパではまた違うのかもしれないけど、一般的にヨーロッパの人って、ブランド物に大金を払うことに興味がないと思う。そもそも、お金があったら何をする?と聞いたら、1. バケーション 2. 家の改築、っていう順番だと思う。ブランド物のバッグ買うお金があったら、絶対南に旅行すると思う。多くのヨーロッパ人は。

もちろん、ブランド物を持っている人もいるけれど、そういう人たちは私たち一般庶民とは別の次元に生活しているので、そうそうお目にかかることはない。電車やバスに乗って、バーゲンコーナーを漁るような人には縁がないものなのだ。ブランド物って。

気に入ったものにはお金を払うことを惜しまない人は多いけれど、気に入ったもの=みんなが持っているもの、では決してない場合が多いと思う。あれだけたくさんのブランドを生み出したフランスやイタリアに行っても、日本や韓国みたいに何人も同じバッグ持ってる、っていう状況には出くわさない。

さらに憶測になるのだが、アメリカはヨーロッパとアジアの中間な気がする。ブランド物に興味を示す人の割合はアジアよりも圧倒的に低い気がするけど、でもたくさんいるよね。パッと見て、「おっ、あのメーカー」と分かるものが好きそう。アメリカの洋服メーカーって、ロゴマークがでかでかとついたものが多くないですか?あとはどでかい婚約指輪もしかり。

私自身はブランド物には疎く、興味もなく、何も持っていないのだけど、別になにか確固たるポリシーがあるわけでもない。しいて言えば、基本的にメーカーのロゴやマークが目立つものは嫌い。だって、お金払ってそのメーカーの宣伝しているようなものでしょう。気に入ったものがあっても、大きなロゴで購入を断念することもしばしば。

日本にいるときからこうだったから、ヨーロッパに住んでいたときに非常にしっくり来たのかもしれない。みんな、そんなに他人に興味ないし、他人と同じ格好はしたがらないし。「えー、持ってないの?」みたいなことはないからなぁ。

と、似たような格好をした若い女性を電車でたくさん見かけて、つらつらこんなことを考えたのでした。
早すぎ!
なんと、もう蚊がいる~。

冬は12月までしつこく粘って、20度超えたと思ったらすぐにでてきやがった。

寝ていたら、手の指を食われて、夢の中でどうしてこんなに痒くて痛いのか考え込んではっと目が覚めた。蚊だ!

お猿さんにいたっては、おでこをさされていたよ。ぽこっと膨れて、大仏様みたいでしたよ。

あー。腹立つ。これからどうしよう。去年、アレ坊が同僚に頼んで見つけてもらった蚊帳は、あまりあてにならないような風貌。天井からつるさなくちゃいけないんだけど、我が家は天井が高いので、紐かなんかで吊り下げないと、ベッドが覆われないらしい。

そもそも、化繊の蚊帳は夏は暑いと聞くしなぁ。麻の蚊帳も日本にはあるみたいなんだけど、うちはベッドがキングサイズで日本じゃあまり一般的でないのよね。さらに、麻の蚊帳は高い!

頭が痛いわー。蚊取りマットとかはなるべく使いたくないし。
ジャイリトル
ソウルの地下鉄の駅には、ジュースやチョコレート、ガムなどの自販機がある。この間、そこでロッテのガムを購入。日本でも同じみ、キシリトール。

箱の裏面を見てびっくり。韓国語ではジャイリトルなのね。

確かに、英語読みだとxylitolはザイリトルになるもんねぇ。日本語のキシリトールはどこから?と思ったら、本家フィンランドではキシリトリらしい。

ジャイリトル、あっという間に味がなくなってしまうー。日本のガムのほうが味が長持ちするきがします。まあ、安いからいっか。
韓国女性と美
最近、語学学校を変えた(非常に不満足なのだが、その話はまたあとで)。語学学校があるのは、アックジョンというちょっと高級なエリア。と言っても、別に町並みは普通だし、どこがどのように高級なのかはよく分からないのだが、確かに高級そうなブティックなどは見受けられる。高級ショッピング街は、学校があるところから少し離れてるみたいなので、行ったことないのです。

さて、このアックジョン、整形外科がたーくさんあることでも有名。

授業への行き帰りでも、よく見つけます。大きなマスクにサングラス、帽子をかぶった方々。本当に多いのね、整形手術を受ける人。そして、たいてい女友達らしき女性か、母親らしき女性と腕を組んで歩いている。まあ、あんなに顔を隠したら、前もよく見えず、一人じゃ歩けないだろうけど。

この間は、マスク、帽子、サングラスに加え、サンダル履きの足元からも包帯が覗いており、もう、本当に身動きが取れないらしく、駐車場から病院の入口まで、お母さんに支えられながら2歩進んでは立ち止まり・・・という女性を見かけました。全身、一気に手術したのかしら。痛そう~。

しみとりのレーザー手術なんて、それこそ美容院へでも行くような感覚みたい。顔に小さな絆創膏をたくさん貼っている人がいたら、しみとり手術後です。

少し前、友人にしみとりレーザーが激安の皮膚科、というところに連れて行ってもらったんだけど(結局私はしなかったんだけど)、待合室は激混み。驚いたのが、待ってる人たち。若い人ばっかりなのかと思いきや、年配の方もかなり多い。そして・・・はっきり言って、しみ取る前に、その大仏パーマと柄X柄の洋服をどうにかしたほうがいいのでは・・・と感じるいでたちの方も多く。

韓国の女性は、日本の女性以上に美しくあるための苦労や痛みをいとわない気がします。街中でも、とてつもなく高いヒール姿の人が多いです。でも、ヒールできれいに歩けている人は非常に少なく、みなさん膝が曲がってカックンカックン歩いているので、逆効果だと思うんですが・・・

友人の大学生も(ヨーロッパ人)、山がかったキャンパスに、みんなハイヒールで登校してくるんだよ!と驚いていました。そういえば、ルーマニア人も公園の散歩にハイヒールで挑んでいたなぁ。でも、ヒールでもさっさときれいに歩く人が多かったから、滑稽さはなかったけど。

美に対する意識は、女性だけではありません。どこでも鏡にしちゃう男性の多いこと!電車の中、バスの中、駐車車両・・・自分が映るとなれば即チェック!!30秒前にチェックしたばかりでも、またチェック!!!

韓国人の旦那さんを持つ女性はよく嘆いています。「私より出かける仕度に時間がかかるんだもん!」って。

そんな美を追求する韓国人に囲まれ、私は好みの合う洋服屋さんも探し出せず、恐ろしくて美容院にも行けず(こちらのヘアスタイルはなかなか独特)、完全にアジュンマ(おばちゃん)街道まっしぐらです。
売りたくないのか?
韓国で買い物をしていると、よく話しかけられる。もちろん、私の見た目は韓国人とまったく変わりないので、それ自体には疑問はない。はぁ、と適当に流すか、質問に答えるか、「韓国語分からないんで」と言っておしまいにするか。

ただ、この後、お店の人が至近距離でずーっとついて回るんだよね。店内を。そして、私が触ったものをそばから片付けていく。って言っても、私、そんな散らかして歩いているわけではないのです。広げた服はちゃんとたたんで棚に戻すし、棚から出したものはきっちり棚に戻すし。なのに、私が戻したものに店員さんは手を伸ばし、少しなぜるか何かして、また私の次の行動に視線を注ぐ。

はっきりいって、ゆっくり見ていられない!!!商品に触るなと言われている気がする。

でもこれ、韓国の人にとっては別になんともないらしい。だから、気にしなくていいらしい。とは分かっていても、やっぱり気になる。買い物に集中できない・・・
こんなところで
先日、地下鉄に乗っていてびっくりした光景。

向かいの席に座っていた若い女性が、刺繍をしていた。刺繍。刺繍針で。隣の人は爆睡してたんだけど、糸をきゅーっと引くたびに針を持つ手が隣の人の顔の前まで伸びててこわかったよー。

長距離列車ならまだ分かるけど(それでも非常識だと思うけど。針はねぇ。編み物なら分かるけど。)、地下鉄だよ。そんなゆうちょうに刺繍なんか始めなくても・・・
ふりかけ!ショック!!!
アレ坊は現在東京出張中。出かける前から寿司を食べる話ばっかり。「この日は夜は会食がないから寿司食べられるし、ここもちょっと買い物して寿司でも・・・」

お寿司大好きなのは私も同じ。うらやましい!!!!!

アレ坊が出発して以来、私の頭の中は寿司寿司寿司、寿司でいっぱい!

今日は出かける用事があり、午前中で終わらなかったのでお昼を食べることに。そうだ!お寿司を食べよう。韓国で安いおすし屋さんに行くととってもがっかりするんだけど、アレ坊にどの寿司屋に行くのか聞いたら、「この間たまたま入った銀座の寿司屋がよかったんだよー。ビールも飲んで3,000円くらいだったな。」と言っていたから、私の今日の予算も3,000円に決定!!文句は言わせないよ。

ところが、こんなときに限ってお寿司屋さんが見当たらない。とあるデパートのレストラン階に行ってみたんだけど全然ダメ。わざわざ電車に乗って別のデパートへ。まずは和食レストラン。昼のコース、一番安くて32,000ウォン(2,400円)。松花堂弁当。お寿司じゃないけどこれもよさそう。でも、値段が・・・今日の予算は3,000円=40,000ウォンなのに、実際に値段を目の前にするととても入る勇気が出ない。

とりあえず別のお店も見てみようと歩き出すと、おすし屋さん発見!回転寿司だけど、セットメニューもある。握りの写真はイマイチだけど、ちらし寿司15,000ウォン(1,100円)もある!私、握りよりもちらしが好きなのよねー。ここに決定!!!

注文してしばし待つ。ちらし寿司、到着!!マグロは見るからにまだ凍ってるけど、ネタの種類も多いし、いいんじゃないの??で、まずはタイをつまみあげて仰天。お刺身の下のご飯にふりかけかかってる!!!口に入れて再び仰天。酢飯じゃない!!!!!

なんと、普通のご飯にふりかけたっぷりかけた上にお刺身が乗っかっているー。えー????そんなぁ・・・・酢飯が食べたかったのにぃ・・・・

皆様、韓国でちらし寿司を食べる際には要注意です。どこのお店でもそうなのかは分かりません。ちなみに、お刺身はマグロ以外はなかなかおいしかったです。ウニまで乗ってました(特においしくはなかったけど)。韓国のマグロは本当にイマイチなのよねー。韓国人の知人に聞いたら、マグロは冷凍物しか入ってこないから人気がないんだとか。つーか、冷凍したまま出すから人気がないのでは???思いっきり板状で出てきます。いつも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。