気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国で再び入院
お猿さん、昨年11月とまったく同じ症状で再び入院。

まずは先週の日曜に救急外来へ。火曜日午前中再診。軽い肺炎とそれに伴う喘息症状との診断。翌日水曜夜、あまりに胸のゼーゼーがひどいので再び緊急外来に。日曜から状態がよくなっていないので入院が望ましいが、空きベッドがないので救急外来に泊まることになると言われる。とても落ち着いて寝られる場所ではないので、自宅も近いし翌日に再診の予約が入っているので一旦家に帰ることに。翌日病院へ。そのまま入院。

と言っても、胸のゼーゼー以外は熱もないし元気そのもので、入院の手続きをしている最中なんかは大きな声で歌は歌うは踊るわで、はっきり言って患者にはまったく見えませんでした!!!

入院中、なにが辛いって点滴。点滴されちゃうと動けないのよねー。動けない→いらいら→爆発!の繰り返し。さらに、動かないから寝つきも悪く、やっと寝付いても点滴してる腕に添え木がしてあるので寝返りの際に当たったりしてまたぐずぐずしたり。はぁ。

今回は、前回の入院とは違い、3月に新しくオープンした新病棟!さらに、個室しか空いていなかったため、差額ベッド代はイマイチ不明なのですが、4日入院で1,300,000ウォン(約10万円)。前回は3日の入院で700,000ウォンくらいだったはず。ちなみに、健康保険適用後の値段です。うちはさらに、この自己負担分をカバーする保険に入っているからいいんだけど・・・でも、高いね。

また、小児病棟の階が満床とのことで、一般病棟に。これが運のつき。看護婦さんは子供の扱いにあまり慣れているとは言えず、さらに食事は毎食大人の食事が出てきた!おかずが普通に激辛だったりするし。そういうものなのかと思ってあきらめていたら、最終日の朝食は子供用の食事が。なんだ、あったのか。入院の手引きは韓国語なので、細かいことが書いてあったのかもしれないけど、そんなの分からないし。まあ、量が多かったので、お猿さんが残した分を私がいただけてちょうどよかったけど。しかし、初日、お昼に入院したから昼食が出なかったのは納得だけど、夕ご飯まででなかったのには立腹!間に合わせろよ、そのくらい。院内にはパン屋さんやお弁当屋さん、コンビニがあるので、食料調達には困らないんだけど、どう考えても栄養価の高い食事はとらせられなかったよ。

あと、液体の薬が針のついた注射針で提供される!怖すぎ!!飲み薬が注射器に入って手渡されたときには本当にびっくりしたよ。ネブライザーといって、液体の薬を蒸気にして吸入する機械があるんだけど、それに使う薬も注射器に入ってる。針つき。使い終わった注射器は、まさか普通のゴミで捨てるわけにはいかないだろうと思って机の上においておいたのだけど、看護婦さんは回収することもなく。こちらもうっかり聞きそびれて、退院時にはものすごい数の注射器が!怖っ!!!患者は子供なのにね。事故があってもおかしくないよね。去年、小児病棟ではそんなことはなかったはず。

さらに、本気でぶちキレたのが、ある晩のこと。なかなか寝付けず泣いて暴れて散々なお猿さん。30分やってようやくうとうとしかけたところで看護婦さんが入ってきた。大声で「点滴替えまーす」みたいなことを言ってずんずん入ってきて、え?と思ったその瞬間、部屋中の電気を全部つけた!時刻は21:30。私はあっけにとられ、ようやく眠りに付き添うになったばかりだったお猿さんは号泣。

看護婦さんは去り、私はまた一から寝かしつけ開始。30分後、ようやくまたうとうとしかけたお猿さん。そこにまた看護婦さんが。え?まさかまたそんなことはないよね、と一瞬思ったのが間違いだった。あっという間に部屋中の電気が煌々と灯され、お猿さんは再び号泣。これが22:00。

私のイライラは頂点に。イライラしたまま、お猿さんを寝かしつける。やっと静かになったお猿さん。そこに、本当に冗談のように再び看護婦さん乱入。私は全身でお猿さんに覆いかぶさってどうにか落ち着かせており、すぐに身動きが取れる状態ではない。まさか、まさか、と思ったのだが、こやつ、また電気をつけやがった!!!!

怒り爆発。「ネブライザーの時間です」という看護婦さんに、「ネブライザーは前回が遅れたので次は24時です!!さっさと電気消して出てってください!!さっきからうちの娘はあなたに眠りを邪魔されてばかりなんですよ!!!」と怒鳴りつけた。もちろん、英語で。看護婦さんはそそくさと去っていった。これが22:15。

確かに韓国の子供たちは寝るのが遅いけど、個室で、部屋の電気が消えて静かになっていたら、もうちょっと気を遣って入ってきてはもらえないものだろうか???ちなみに、その後は別の看護婦さんが見回りにきてくれたけど、どの看護婦さんも、入口のドアを開けたままにして廊下の明かりを頼りに処置してくれたり(ベッドの頭の位置は入口から死角になっているので、直接明かりがあたらない)、必要なときは懐中電灯で手元を照らしていた。それが普通だよね??

これは本当に腹が立ったので、次回病院に行った際に通訳さんに病院側に伝えてもらおうかと思ってます。あと、注射針の件もね。

小児病棟は、いつも1人は英語が堪能な看護婦さんがいたんだけど、今回は皆無。さらに、私がなまじ韓国語をすこーしばかり理解するものだから、看護婦さんはもう韓国語で通しまくる。退院の手続きもぜーんぶ韓国語で説明されましたわよ。はぁ。

薬や治療については、あやふやでは困るので英語で突っ込むのだが、韓国語と英語のミックスで返される。アレ坊がいるときには、アレ坊に話をしてもらった。私だと、なんか、適当にあしらわれがちなので。外国人男性となると、看護婦さんもお医者さんも、怯えながら一生懸命対応するんだな、これが。

緊急外来でお世話になった英語が堪能な女医さんが、空き時間に顔を見に来てくれたりと、本当にやさしかった!お猿さんが薬を上手に飲めないことも知っているので、そんな話をしたり。気さくな本当にいい先生。

今回の入院、施設や設備面では前回よりぐーんと満足度上昇。新しいし個室だったしね。しかし、エレベーターが排水臭いのには閉口。あと、食堂の食事が辛すぎ~!!

スタッフは、断然小児科病棟に軍配。また入院する必要があった際には、ここはしっかりお願いしたいと思います。小児科病棟のプレイルームに遊びに行ったら、前回の入院のときにお世話になった看護婦さんが覚えていてくれて声をかけてくれたよ。

結局、入院中も大きな問題なく順調に回復して4日で退院できてなによりです。
スポンサーサイト
多すぎる
韓国は食材が豊富だ。特に、北ヨーロッパ、東欧と比べると、涙が出るくらいうれしい品揃え。

なんだけど、とにかく量が多いのがネック。

我が家は3人家族、アレ坊もお猿さんもお昼は家で食べないので、さらに食材の消費量は減る。(余談ですが、韓国ではみんなでご飯を食べることが大事とされているので、自席で愛妻弁当・・・なんてのは、社交性がないととられるとの話を聞きました。真偽のほどはさだかではありませんが、実際、みんな外でお昼を食べているみたいです。)私も昼間は出かけることも多く、なかなか消費しきれず捨ててしまう食材がでることもしばしば・・・もったいない。

量り売りのものも多いので、そういったものは無駄が出ないんだけど、カット野菜はそのカットの仕方が豪快!キャベツ1/2はあっても1/4ってのはなかなかないなぁ。白菜も、1/2カットのものってあまり見かけないです。まあ、私は農協のスーパーで買い物することがほとんどだからということもあるかもしれません。街中のスーパーなら、小分けパックもあるのかも。

そうそう、この間はスイカ。もうこちらではスイカがかなり出回っていて、1つなんてとても食べきれないので1/2カットを買ったのですが、それでも食べきれず・・・傷ませてしまいました。1食分くらいの小さなパックもたしかに売ってはいますが、ものすごく高いし。

あ、あと、お肉のパック売りも豪快ですねー。鶏肉は基本500gパックです。豚肉なんかは600~700gが1パックに入ってます。プルコギ用の牛肉なんかも、やっぱりそのくらいの量がくるくるっとひとまとめになって売っています。

韓国は、一人暮らしはあまり一般的ではなく、結婚するまで親元で一緒に住むことが多いらしいので、確かに1世帯あたりの人数は多いのかもしれません。あとは、やっぱりよく食べるのかなー、韓国の人は。
韓国で救急外来
土曜日からお猿さんが調子を崩していた。一時は熱が40度まで上がったが、機嫌もわりといいし、熱も38度くらいまでまた下がったので、土曜日は様子を見ることに。

ただ、寝る前に咳き込みすぎて2度吐いた。でも、そのおかげで痰が取れたのか、夜はぐっすり。

日曜も熱っぽい。でも、それ以上に朝から「うんち~、うんち~」とうるさい。食事をしようと椅子に座らせると、ご飯を見ただけで「うんち~」。座っていると出ないので、椅子からおろすと、床の上をごろごろ苦しそうに転がりながら「うんち~、うんち~」。でも、何もでない。

ご飯もろくに食べないし、水を飲む量も減ってきた。夕飯を食べられなかったら病院に連れて行くことに。

結局、夕飯もパンを数口かじっただけで終わり。ひっきりなしに「うんち~、うんち~」と機嫌も悪い。

こんな理由で救急外来ってのも・・・とも思ったのですが、とりあえず近所の総合病院へ。

少し前に新棟がオープンしたばかりで、救急外来もきれい!でも、具合悪そうな人でいっぱいだ~。

小児科専門の救急外来があって、そっちに通される。中にはベッドが8台ほど。すべて埋まっている。

症状を聞かれ、昨日から熱があること、今日は一日「うんち~」と言っていることを伝える。看護婦さんもお医者さんも英語が割合堪能だったのだが、なぜか「うんち」「便」「便秘」といくら言い方を変えても通じず、そばにいたお母さんが韓国語に訳してくれた。助かるー。

レントゲンの結果、軽い肺炎、そして腸にものすごい量のガスが溜まっているという。ガスのせいで腹痛があるのだろうとのこと。実は私、子供の頃にまったく同じ状況で入院したことがあるのです・・・ガスが溜まってしまって、腸が動きを止めてしまって、何も食べられなく・飲めなくなり。でも、初めて誕生日会をしてもらえることになっていたので、親に具合が悪いといえず(当時11歳)、「給食食べ過ぎたー」とか嘘をついていたのですが、誕生日会当日の日曜日、脱水症状で動けなくなり、病院に運ばれたのであります。恥ずかしい!

血液検査の後、投薬に備えて点滴。お猿さんは大騒ぎ。さらに吸入器が出てきたら、壁をよじのぼらんばかりに抵抗!お前はヤモリか。

そんなこんなしているうちに、ウンチが出ていた。なので、浣腸は一旦見合わせることに。

さらに難関が飲み薬。どうやっても飲まないのよ、この人。無理やり口に入れられたら吐く(胃の内容物とともに)という荒業を生み出してしまったため、もう、どうにもならない。お医者さん2人、看護婦さん2人、両親で挑むも完敗・・・薬が口に入らないように、常に唇を震わせて「ぶーっ!」とつばを飛ばし続けているし、少しでも口に入れば「ぺっ!」。先生が鼻をつまんで飲ませようとしても口からだらだらだら。さらには、「オエッ」とえづき、『これ以上やったら吐くからな』と威嚇。

解熱剤は点滴からは入れられないのでどうしても飲ませたいと先生が言ったのだが、結局無理だった。

血液検査の結果、肺炎はさほど問題ではなさそうだということで、入院は免れることに。ただ、お腹の張りっぷりは先生もびっくりするほど。明らかにお腹の左側がボコッと膨れていて、もう、パンパン。普段からお腹大きいんだけどね。

とりあえず一旦帰り、翌日小児科の教授(大学病院なのです。この先生は、お猿さんが喘息でお世話になってる先生)に診てもらうことになりました。家に着いたのは午前2時。

幸い、小児科緊急外来に来ていた子供たちは、どの子もさほど深刻な様子ではなく、点滴や注射打って帰って行ってました。こういう風に、待合室と処置室と、全部別になってるとは知らなかった。どこでもそうなのかしら?本当に重篤な人とかどんどん運び込まれてきたらお猿さんが動転しちゃんじゃないかと心配していたんだけど、全然そんなことなくてよかった。

ベッドが足りないのか、通路にもベッドがびっしりでした。中には、サウナの貸し出しTシャツで付き添ってる人も。サウナで倒れちゃったのかな?酔っ払って唇切っちゃったっぽい男の子なんかもいました。

お会計をどこでしたらいいのか分からず、警備員の人に聞くも、英語通じず。そしたら通りかかった同じ小児科救急の患者さんのお母さんが英語も日本語もできて、助けてくれました!

前回お猿さんが入院した際は、英語が通じなくて本当にイライラしたのですが、今回はお医者さん(あとでもう一人来て、その人はとっても堪能だった)も看護婦さんも英語で対応してくれて、ストレス度は低かったです。患者さんのお母さんにも助けてもらったし!

結局、今朝は朝食をたくさん食べ、そのあと大量のウンチ。お腹もへこんで、一気にご機嫌。すこーしゼーゼーしてはいるけれど、急いで病院に連れて行くこともなさそう。昨日は睡眠不足なので、昼寝を十分させたいし、今日の通院は見送る予定です。大したことなくてよかったー。
なんであんたが!
平日の昼下がり。お猿さんに朝4時に起こされた私はソファでうとうとしておりました。

突然鳴り響くインターホン。画面には見たことのないおじさんが。手には大きな花。「どちらさま?」と聞くと「宅配だ」と言う。「こちらは502号室ですけど?」と言うと、502号室宛だという。

我が家に花なんて贈られてくるはずがない。おかしいと思うも、おじさんは「開けて!」と怒鳴ってドアをガタガタ言わせている。

エレベーターが5階で止まり、おじさん登場。大きな胡蝶蘭の鉢植え。

「チョン○○様に」と言うが、我が家にチョンさんは住んでいない。大家さんはイさんだ。「違いますよ」と言うと怪訝な顔のおじさん。「502号室でしょ?こちらにチョン○○さん住んでいるでしょう?」と一歩も引かない。

「日本人の家族が住んでるんです(ちょっと嘘)。違います。」と言うと、配送書類の住所を私に見せ、ここだと言い張るおじさん。電話番号を指差し、この番号だろう?と言うが、全然違う。

いくら、違うと言っても全然納得しないおじさん。「チョン○○さんが住んでいるだろう!」とまるで逆ギレ。困った私は、「その電話番号に掛けてみてください」と言ってみた。

おじさんの携帯がつながった。電話の向こうはおばちゃん。我が家の電話はうんともすんとも言わず。

電話口でおばちゃんに対しても怒りモードのおじさん。私は「韓国語はわかんないので・・・」と玄関あのドアを閉めた。

しかしおじさん、なんであんたが怒るのよ。いや、おそらく怒ってなんかいないんだろうけど。単にああいう口調なのよね、きっと。

それにしても、あー、怖かった。
2歳3ヶ月
10日間の日本滞在で、日本語がずいぶん上達しました。昨日は一人で「なんだこれ~、なんだこれ~」と言いながら遊んでました。「ご飯よ~」とか、単語ではなくフレーズをだいぶ覚えたようです。でも、帰ってきたらしっかりアレ坊にはノルウェー語に切り替えてました。実家の母と話しているときも、日本語でどういうか分からないものについては、躊躇しながらノルウェー語や英語で話していたそうです。人によって使う言語が違うというのがはっきり分かるようになったのでしょう。

さいきん少し食べ物の選り好みがあったのですが(緑の野菜を避けるように)、また何でももりもり食べるようになりました。でもなぜか、トマトだけは頑として受け付けず。おいしいのになぁ。果物も、見慣れないものは拒否。みかんは好きなのにオレンジにはなかなか手をつけなかったりと、ここでも慎重な性格を大いに発揮。アイスクリームも好きなのに、日母がストロベリーのアイスを食べさせようとしたらいらないと言ったそうです。ピンクだからかな。ヨーグルトもプレーンでないと嫌がったりと、なんだか大人な味覚です。

時間の概念がだんだんと理解できるようになってきたようです。「あとで」「また今度」「昨日」「明日」などが分かるようになり、こちらもだいぶ楽になりました。土曜日、日本から帰ってきて「明日は○○くんと遊ぶんだよ」と話したら、日曜の朝、起きるなり「○○くん!」と言ったのには驚きました。ちゃんと覚えていたのね。

相変わらずおやすみ3秒なので、日本にいる間も昼寝・夜ともにベッドに入れておやすみ~、で寝かしつけ完了。場所が変わるとダメかな?と思っていたのですが(さらに、いつも一緒に寝ているぬいぐるみを持っていくのを忘れた!実家では別のぬいぐるみで代用)、そんなことはありませんでした。滞在中はあちこち出歩いて疲れもあったのか、いつもは2時間の昼寝が3時間になることもしばしば。朝は相変わらず早いです・・・遅くて6時半、早いと6時少し前。

実家では、妹も子供(6ヶ月)を連れて泊まっていたのですが、お猿さんはこのいとこが大好き。2人きりにしておいても安心なくらい、よく面倒をみていました。といっても、赤ちゃんにとっては少々はた迷惑かも(笑)。おもちゃをあれこれもってきたり、毛布を掛けてやったり、となりに添い寝して背中をとんとんしたり・・・かいがいしく面倒をみておりました。

久々の幼稚園、さすがに少し嫌がるかな?と思ったけど、なーんの問題もなく元気に出かけていきまいた。6月は今のところ長期で留守にする予定はないので、しばらくは毎日幼稚園の生活です。

慎重派のお猿さんも、だいぶ活動的になり、生傷が絶えません。成田空港では階段から転げ落ち、つぶれた蛙のような姿を人様の前にさらけ出しました。今朝は物干しラックのそばで遊んでおり、何度も「手をつくと危ない」と言ったのに言うことを聞かず、ちょうつがいの部分で手のひらを切りました。常に青あざ、切り傷だらけです。子供ってそんなものよねー。
トイレの話―その2
うちのお猿さんは、私やアレ坊がトイレに入っているとずかずかと入ってくる。興味津々なのだ。カギを掛けない私たちも悪いけど。一応、大の時は掛けます。気が散るので。

ある日のこと、いつものようにトイレに入っていったアレ坊を追いかけてお猿さんもトイレへ。しばらくほほえましい会話が聞こえていたと思ったら、突然の悲鳴。悲鳴の主はアレ坊。

何が起こったのかと思ったら、アレ坊が大笑いしながらトイレから出てきた。

お猿さんがウォシュレットのボタンを押しちゃって、いきなり臀部に水鉄砲を食らったらしい。びっくりして便器から飛び上がったら(アレ坊は小のときも座ることがある)、トイレ中水浸しになったとか。

少し前に大家さんが新しいウォシュレットを別のトイレにもつけてくれたので、そっちは私が使ってたんだよね。古いほうはあまり清潔そうではなくて使ってなかったんだけど、新品だからさ。
トイレの話-その1
stoolという英単語にはいくつか意味がありますが、1. 椅子(いわゆるスツール)、2,大便、の意味で使われることが多いです。

あまり日常会話では『便』という意味でstoolは使わないけど、(母親同士だとたいていpoopとかpoo-pooとかいう)、お医者さんなんかだとよく使います。日本でも、お医者さんが「ウンチ出てます?」とはあまり聞きませんよね。「便は出てますか?」とか、「お通じは?」なんて使いますね。ちなみに、英語だとbowel movementという言い方がちょうど『お通じ』っぽいですねぇ。

さてさて、本題に戻ります。我が家の電化製品の一部には、操作パネルに英単語のシールが貼ってあります。これは、備え付けの電化製品の使い方が分からないと困るだろう、という不動産屋さんの心配り(おそらくこれは外国人相手の不動産屋さんだとみんなやってると思う。東京でもそうだった。)によるもの。

うちのトイレにはウォシュレット(これは商品名なので、温水洗浄便座と呼ぶのが正しいらしいが、面倒なのでウォシュレットで。)がついている。このウォシュレット、どこかで「掃除をしないとすごいことになる」という話を聞いており、さらに引っ越したばかりのときにトイレ掃除をしつつノズルを覗き込んだら水垢のようなものがこびりついていて気味が悪くなったので(掃除しろよ、って話ですが)、使用しておりません。そもそも、アレ坊がウォシュレット恐怖症なので(肛門を刺激されて変な気でも起こしたら大変だと思っているらしい。アホか。)、電源を引っこ抜いてあります。

そこにもきっちり英単語シールが貼ってあるのですが、その中に衝撃的な言葉が!

stool temperature

大便の温度???調節可能なの?????

って、ここでは椅子、便座の意味ですねぇ。でも、見るたびにぷぷっと笑ってしまうのですよ。大便の温度って!!
キュンッ
クレジット会社から手紙が来た。不正利用が疑われるのでカードをブロックしましたというお知らせ。あー。そうそう。北欧行きの旅行x大人3人を予約していたら、途中でクレジットカードが使えなくなっちゃったんだった。

私のクレジットカードはオランダ発行。手紙はもちろんオランダ語(笑)。国際サービスをウリにしている銀行さんなんですけどねー。こういったところは断固オランダ語。

早速電話。

「おはようございます。○○銀行です。」のオランダ語はそっこー無視。英語で話し始めた私。

さーすーが!天下のオランダ様ですよ。相手の男性はパッと英語に切り替え。

あー、ハフハフするオランダ訛りの英語、くらくらしちゃうわ~(笑)。

久々のオランダ訛りを満喫いたしました。ごちそうさま。ちょっと恋しいわ。

そんなオランダで、30日の女王の日に起きた痛ましい事故のニュースにはショックを受けました。亡くなった方のご冥福、怪我をされた方の1日も早い回復をお祈りします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。