気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20時間空の旅
書きかけでアップしちゃってましたね。追加してます。

日本に帰ってきております。暑いね。おいしいね。

お猿さんは前回と同じ保育園に通っています。初日から楽しめたみたい。まだ恥ずかしくてあまりおしゃべりができないそうだけど。

アルタから成田までは、アルタ→オスロ(3時間)乗継2時間 オスロ→コペンハーゲン(1時間)乗継2時間 コペンハーゲン→成田(11時間) アルタを朝7時半に出て成田に翌日朝9時半に着くという20時間コース。

今回は、これ以上は望んじゃいかんだろ、というからい楽勝でした。お猿さんは、機内ではお菓子食べ放題、DVD見放題なので終始ご機嫌。トロルくんはコペンハーゲン→成田ではバシネット借りられたので、電気消えるまえに1時間寝て、起きてる間もバシネットの中に座って(目と手が離せないけど)ご機嫌に遊んでおりました。電気が消えてからは、トロルくんが眠いのに寝付けず少々むずがったので、抱っこ紐に入れて機内後部でゆらゆら。その間、パーソナルモニタでトイストーリー3を見ていたお猿さん、トロルくんがぐずりだしたので、席でおっぱいに切り替え、5分もたたずに寝入ってしまいバシネットに移すと、お猿さんも「映画終わったから消して」と一言。モニタを消して数分後には寝息を立てていました。そこからなんと4時間以上二人とも寝続け、機内の電気が付いてお目覚め。眠りの途中で起こされてもぐずらない人達なので、そのまま食事させて着陸。

今回はさすがに20時間のフライトの後に電車で2時間半ってつらすぎ、と思い、空港そばのホテルを予約。アーリーチェックインをお願いしてありました。

荷物が出てくるまでにものすごく時間がかかり、乗れるだろうと踏んでいたホテルへの無料シャトルバスには乗れず。タクシーもやむなしと思ったんだけど、空港乗り入れると高いのよね、タクシー。お猿さんに30分待てるかと聞くと、冷たいお水飲んで待つというので、コンビニで水買ってベンチで休憩。

バスでホテルに到着。まずは睡眠!!お昼頃に寝て、15時くらいに二人を起こす。そしてバスで近くのイオンモールへ。

ミスドで一休みし、お店をぶらつき、お猿さんは店内にあった空気で膨らませる巨大トランポリンみたいなので遊び、ラーメンを食べ、20時過ぎにホテルへ。

お風呂に入れ、おやすみなさい。2人とも翌日朝までしっかり寝てほぼ時差ぼけなし!都内での用事を済ませてから実家に向かいました。

次回は1泊しなくても、ホテルのデイユースでOKかな。そしたら1日早く実家に着くし。成田からの宅配便は朝着ならその日のうちに届くし、便利便利。

今回はとにかく、お猿さんの成長にびっくりの長旅でした。本当に楽だったなぁ。
スポンサーサイト
お猿さん語録
明日は保育園でお芋掘り。

母「おいもほりって知ってる?」

猿「知ってるよ。やねよ~り~た~か~い こいのぼり~」




おいもほり
こいのぼり

確かに似てる。
驚愕
日本へ一時帰国していたときのこと。毎日毎日暑いので、近所の水遊びできる公園へ子供たちを毎日のように連れて行っていた。そんなある日・・・

こーんな姿で水遊びしていたお猿さん。

通りすがりのおば様が・・・

Picture 167

「あらー、今日は女の子の水着着たのー」とにこやかに声をかけて通り過ぎていった。

えっ・・・と・・・きょ、今日は??って????いつもは????

もしかして、「男の子なのに今日は女の子の水着を着た」と言いたい???っていうか、初対面だし。全然知らない人だし。どうして男の子と断定ですか???

精一杯かわいい格好をさせたつもりでいた母とばあさまはショックに打ちひしがれたのでした。やっぱり男顔なんだなぁ。
幼稚園に行こう!
ノルウェーに来る前からお猿さんの幼稚園入園の手続きは始めていました。2歳から幼稚園に通っているお猿さん、生活の一部となっているのでできるだけリズムを崩したくなかったのです。

おかげで、こちらに来る前に入園できる幼稚園が決定。でも、ちょうど夏休み前だったので、夏休みが明ける8月半ばから来てくださいと言われました。その後、アパートを買ったので、アパートの近くの別の幼稚園に空きがないか再度問い合わせたところ、ラッキーなことにそちらにも空きがあることがわかりました。一度入園手続きをした場合、入園取り消しの際には違約金発生・・・なんて契約書には書かれていましたが、実際のところは電話一本で入園取りやめでき、違約金の請求もありませんでした。

こちらでは、幼稚園は公立、私立とありますが、月謝は同じ。どこの幼稚園も保育内容はほとんど変わりません。大都市に行けば、特色のある幼稚園もあるのかもしれませんが・・・

違いが出てくるのは、幼稚園の規模。大きなところで50人程度、小さなところでは20人程度です。ちなみにノルウェーの幼稚園で預かってくれるのは0~6歳。ノルウェーでは育児休暇は、給与の100%を受け取る場合は46週、給与の80%を受け取る場合は56週(1年は53週)が保証されているので、早くても子供が幼稚園に入園するのは9カ月程度のことがほとんどです。これより小さな子も受け入れてもらえるみたいですが、目にすることは少ないです。またこちらの小学校は、日本より1年早く、6歳になる年からです。日本とは違って、その年のうちに6歳になる子が8月半ばに入学する(今年でいえば、2004年生まれの子供が8月に1年生に進級する⇒2/3程度の子はすでに6歳、残りは5歳)という具合に、年を区切ります。

ノルウェーには保育園と幼稚園の区別はありません。というか、幼稚園がなくて保育園だけといったほうが正しいか?保育時間は7時半~16時半です。こちらの一般的な勤務時間は8時~16時。幼稚園のほかに、保護者が自分たちで運営する子育てサークルみたいなものもあります。基本的に屋外で遊ばせるだけで、持ち回りで付き添います。よって、仕事をしている親には厳しいので、基本的に専業主婦の母親を持つ子供たちが通うことになります。ただ、ここアルタにはこういったグループはありません。

幼稚園によっては縦割りで12~15人をひとまとめにしてグループにして活動予定を立てるところもあるし、お猿さんのところみたいに年齢でグループ分けしているところもあります。

お猿さんの幼稚園は全員で20人前後(結構出入りが激しいので増減がある)で、1、2歳児、3~5歳児の2グループに分かれています。5歳児は就学前グループと呼ばれ、週に1度、簡単な読み書きや算数のようなお勉強のさわりをする時間があります。

保育内容は、ひたすら外遊び!!!多少の雨でも外に出ます。冬だって外で遊びます。確か、マイナス20度までは外に出ると言っていたかな。

月に2度ほどバスでお出かけもします。市バスをチャーターして出かけることもあるし、路線バスに乗って出かけることも。チャーターバスの場合は小さな子たちはチャイルドシート持参で一緒についてきますが、路線バスの場合は大きな子供たちだけです。

基本的にゆる~いので、お散歩に行ったら先生がチョコレート買ってくれてみんなで食べた、とか、日本のお母さんが聞いたらびっくりしてしまうようなことも日常的です。

朝ご飯は持参すれば園で食べさせてくれます。始業時間が早いので、園で食べている子が多いです。親も一緒に食べてOKです。その場合は、コーヒー出してくれます。お昼ご飯は幼稚園で用意してくれます。毎朝パンを焼いて、その焼きたてのパンにハムやチーズ、サバの缶詰やレバーパテなどを乗せて食べます。飲み物は牛乳か水。2時くらいにフルーツやパンなど、軽いおやつが出ます。

実は数週間前から私がノルウェー語講座に通うことになり、10ヶ月にしてトロルくんも幼稚園に通いだしたのですが、お昼ご飯はパンにレバーパテを塗ってもらって食べてます。家で作ったご飯を持っていかせようかとも思ったのですが、ほかの人が食べているものを食べたがるのは目に見えているので、みんなと同じものを食べさせてもらうことにしました。1人目の子供だったら抵抗あったろうなぁ。10ヶ月にして缶詰に入ったレバーパテ(味濃い)なんて。「うすーく塗って下さいね」とはお願いしてあります。毎日もりもり、ものすごい量を食べているらしいです。

お猿さんは初日から幼稚園大好きで、慣らし保育のため早めに迎えに行った私は追い返されました。3週間ほどしたころ、朝、送っていくと少しぐずることがありましたが、先生曰く、幼稚園に慣れて「おりこうさん」の皮がはがれた=わがままが言えるようになった、ってことだから大丈夫ですよー、と言われました。日本の幼稚園でもまったく同じような状況が数日あったので、まあ、私も適当にかわしていたら数日でまた振り返りもせず園に駆け込んでいくようになりました。

本当にのーんびりした幼稚園ですが、子供たちは楽しんで通っているし、先生とのコミュニケーションも密にとれるし(連絡帳なんてものは存在しないんだけど、送り迎えの際に話をする機会がたーっぷりある)、親も子供も大満足です。

ちなみに月謝は2,600クローネ(3万7千円)。トロルくんは週3日なのでこの金額x60%に、さらに兄弟割引。先月から通い始めたばかりで、先月は3週間だけしか通っていないせいもあってか、1,000クローネ(1万4千円)程度でした。ヨーロッパの中では安いほうじゃないかしら?これにさらに児童手当が来るので(たしか1,000クローネ程度?我が家はまだもらっていないのでよくわからない)、さすが北欧!って感じでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。