気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当たり前だったけど当たり前でなくなっていたこと
私が子供だった頃、実家のあたりは今ほど家がたくさんなかった。農地が宅地化されたばかりだったから、住んでいるのは子供を持つ若い家庭が多かった。

3歳で幼稚園に出る前から、近所の子供と毎日のように遊んで育った。実家の庭は父親の仕事の関係で広かったから、近所の男の子たちの野球場と化していた。

1軒、すでに子供が巣立って夫婦で住んでいる家族がおり、その家の縁側にはいつでも奥さん連中が腰をかけ、お茶を飲んで世間話をしていた。こんな感じで必ず誰かの目が届いていたから、私の一番古い記憶(おそらく幼稚園にあがる直前)では、一人で近所に出かけて誰かと遊んでいた。

30年後、私も親となったのだが、住んでいたのは外国、大都市、そしてアパート(日本で言うマンション)。どこでも近所の人には本当に恵まれ、いろいろとよくしてもらったが、子供たちとを友達と遊ばせるためには、前もって予定を立て、車を出すなり地下鉄やバスに乗るなりして出かける必要があった。

それが、ここに引っ越してきたら、まるで自分が子供だったころのよう。つい今しがたも、お猿さんの幼稚園のお友達が遊びに来た。っていうか、私はソファでうとうとしていて、お猿さんの「誰か来たよ」の声で薄目を開けたら、そこにその子が立っていた(笑)。お猿さんにクリスマスプレゼントを作ったから持ってきたって。

遊んで行く?と聞く言葉が終わらないうちからジャケットを脱ぎ始め、2人でもつれ合うように子供部屋に走って行った。そしたら玄関のチャイムが鳴り、その子のお父さん。「娘、来てるかな?」来てますよ。というと、「少し遊べますかね?」というので、もちろんもちろん。どうぞ。と言ったら、「じゃ、一人で帰らせてもらって大丈夫なんで」と言ってお父さんは帰って行った。

その子の家と我が家は走って30秒ほどなので、3歳児でも大丈夫。お猿さんは怖がりなので、一人で行くのは嫌がるけど。

昨夜は、うちの裏の家のご主人が遊びに来ていた。というのも26日にアレ坊の携帯に着信があったので(この日はみんな遅くまでお酒を飲むので、おそらく声を掛けてくれたと思われる。アレ坊はすでに寝ていた。)、今度はこちらから連絡してみたというわけ。子供を寝かしつけた20時過ぎにやってきて、いろいろ話をして(彼はアレ坊の子供のころの仲よしくんのお兄さん)23時頃帰って行った。

その人が話していたんだけど、オスロにしばらく住んだことがあるんだけど、とにかく誰ともしゃべる機会がないので本当にさみしくて、アルタに帰ってきたんだとか。トラックでの配送の仕事をしていたから、仕事中も誰とも話さないし、本当に精神に異常をきたしそうだったって。地下鉄でも誰も何も話さないし、近所の人とも会話がない。あれは本当にきつかったよ、と言っていた。

ここでの生活では、物質的にはいろいろと足りないものがあるけれど(アジア食材とかね)、心の面では本当に豊かに暮らせるのかもしれない。アポなしで大人が友人を突然訪ねていくって、都会では、例えば東京なんかだったらないんだろうなぁ。うちの実家だと、「きゅうりたくさんもらったから」とかそんな用事で近所のお宅に伺い、そのままお茶2時間コースとかよくある話・・・

唯一、気をつけておかないといけないのは、いつ、何時、誰が訪ねてくるかわからないから、家を常にきれいにしておかなくてはいけないこと!逆に、この緊張感がぐーたらな私のお尻を叩いてくれてちょうどよいのかも、
スポンサーサイト
胎内記憶
胎内記憶って言葉、聞いたことありますか?お母さんのおなかの中にいたころの記憶だそうで、小さな子供に聞くとすらすらと答えるとか・・・

私はあまりこういう類のことには興味がなく、今まで自分の子供に尋ねたこともなかったのですが、先日、幼稚園への道すがら、お猿さんがトロルくんが生まれた時の話をし始めたのでちょっと聞いてみました。

母「お猿さんは生まれる前はどこにいたの?」
猿「ママのお腹だよ」
母「そっかー。母さんのお腹の中はいいところだった?」
猿「うん。気持ちよかったよ。」
母「お腹の中で何してたの?」
猿「寝てただけ。ずっと寝てた。おもちゃもないしテレビもなかったよ。」
母「そうなんだ。中は明るいの?暗いの?」
猿「暗いよ。」
母「何か音は聞こえてくるの?」
猿「うん。キティちゃんのCDプレーヤーがあるから。」

えっ????CDプレーヤーが??私のお腹の中に!!!!!!

びっくりです。
電気料金高騰
ノルウェーの電気料金は使用量に応じて請求されるが、1年間一定料金(kWhあたり)で支払うか、時期によって変動する料金で支払うか選ぶことができる。

同じ電気料金で支払う場合は、ピークシーズンである冬も、そうでない夏も同じ電気料金に使用量を掛けた金額を払う。

変動する料金の場合は、需要に応じて料金が変わるので、夏は安くなり、冬は高くなる。

ノルウェーでは夏はクーラーを使うこともないので(最近は流行ってるけど)、冬の暖房が一般家庭の年間電気使用量の65%を占めるらしい。今までのデータだとどちらで契約してもさほど変わらないが、変動料金のほうが若干安い、ということで、うちも変動料金で契約した。

しかし・・・ニュースを見て愕然。スウェーデンの原子力発電所の操業停止により、電気料金が高騰しているという。ノルウェーは原子力発電所を持たない。水力発電が主だけど、それだけでは足らないので、スウェーデンから電力を輸入している。

需要に対して供給が減れば、変動料金はどんどん高騰する。12月はなんと前年比97%増だとか!!!

一般的な家庭の予想される冬季の暖房にかかる電気代は、昨年の15,900クローネ(22万円)に対し、22.500クローネ(31万3,000円)。まあ、年間半分くらいは普通に暖房ついてるし、夏場でもお風呂場なんかは暖房入ってるので納得と言えば納得だけど、高い!!

ちなみに、私たちが住んでいるフィンマルク県は、過疎地ということでさまざまな税制上の優遇処置があるので、電気代も少し安い。ありがたいことだ。

ということで、昨日から居間の暖房器具を止めて暖炉だけで過ごす実験中。でも、暖炉だけだと1日に薪を50クローネ(700円)くらい使っちゃうので、1ヶ月で2万1,000円。特に明日から新年4日までは、私も子供たちも学校がないので家にいるし、暖房代がかかるなぁ。ノル父母の家に居座るか(笑)。
野菜をください
私が今食べたいもの。霜降りのステーキでもなく、お寿司でもなく、ケーキでもない。

ただただ、新鮮な青い野菜が食べたい!!!!!!

もともと野菜が手に入りにくいここアルタ。冬になって、さらに状況が悪化。そしてクリスマス休暇を前に(お店はもともと日曜休み、24日の土曜日もお休みになる。そのあともお正月まで短縮営業など。)仕入れを抑えているため、スーパーの棚はガラガラ。

スナップエンドウがあったので手に取ったら、なんだか黄味がかかっている。袋を裏返して袋詰めした日づけを見て驚愕。

2010年11月10日

1ヶ月以上前ですか・・・

これは今に限ったことではなく、前もほうれん草を買おうと思ったら(こちらのほうれん草は日本の生食用みたいな感じ。葉っぱがばらばらになった状態で袋詰めになってます)、袋の底にどろ~っと黄色い液体。日付を見たら、やはりとんでもなく古かった。←これ、2週間くらい前の商品は普通。その程度ならほぼ変色なし。しかし、どんな処理して袋に詰めてるのか、恐ろしいわ。

国内産が主だった、トマト、きゅうり、ブロッコリーなども、スペイン産、イタリア産に変わってきています。ということは、輸送にとんでもなく時間がかかるということで、お店に到着するころには息も絶え絶え。トマトなんかは青いうちに出荷しちゃうみたいで、全然甘みがないし。

ああ、ああ、ただただ新鮮な野菜が食べたいのです!!!!

ルーマニアも冬の間は野菜売り場が茶色~くなっていたけれど、ここまでひどくはなかったなぁ。というか、ノルウェーのスーパー、腐ったものを平気で棚に置きっぱなしにしすぎだ!!カビだらけでスカスカ、かる~くなってしまった生姜とか、ありえないから。誰も買わないんだから、早く片づけてほしいものです。

スーパーに就職して、バリバリ働いてやりたい気持ちがむくむくと。大学時代に経験あるし。あー、もう!!先入れ先出しとか、イチから仕込んでやりたい!!!

初!散髪!!
物価の高いノルウェー。もちろん、美容院も高い。

こちらでは床屋みたいなところはなくて、老若男女一手引き受けの美容院のみ。アレ坊の超単純カットで330クローネ(4,600円)。韓国ではちょっとおしゃれな美容院に行って12,000ウォン(875円)だったから、雲泥の差。

そこで登場したのが電動バリカン。確か、ルーマニアに引っ越したての頃、英語が通じるホテルの美容院に行ったら8,000円くらいするっていうんで、日本で買ってきたんだった。そのあと、普通のショッピングモール内の美容院なら全然高くない(あんまり言葉は通じないけど)ことが分かって、ほとんど使っていなかった。

前回、アレ坊の髪の毛を切ってすこしハゲを作った。

今回は、まずはトロルくんから。生まれて初めての散髪!!ちなみにお猿さんは、もうすぐ4歳ですがいまだ散髪未体験。っていうか、切るほどないんだよね、毛が・・・

散髪前
before.jpg
↑この後頭部のモフモフっとしたところが気になっていた。朝起きるとモズの巣状態。

散髪後
after.jpg
↑すっきりしましたが、左側にちょっとハゲ作りました。


なかなか難しいね~、バリカン。男の子は坊主が一番。短くしちゃおうと思ったのだけれど、トロルくんの髪の毛が極細のふにょふにょなので、バリカンにうまく引っかかってくれないのよ。ツンツンしてれば一定の長さでざざーっと刈れるんだろうけど。寝てる毛を起こしながらなので、なかなか難しい。


子供たちが寝た後、ワイン1杯飲んでからアレ坊の散髪したら、今度はうまくいった。慣れの問題か。
困ったなぁ
幼稚園のお友達の誕生日会に呼ばれたお猿さん。17時~19時ですぐ近所の家。アレ坊が連れて行って一旦家に帰り、また迎えに行くことになっていた。

しかし、一向に帰ってこないアレ坊。結局19時過ぎに二人で帰ってきた。

とても楽しかったとご機嫌のお猿さんだったが、アレ坊によると、参加者の一人に肌の色が濃い女の子がいて、お猿さんがその子のことを怖がってしまって帰ってこられなかったとか。

韓国にいた時はいろんな人種の人と会う機会があったし、そんな風な反応を示すこともなかった。

ノルウェーは移民や難民も多く、さまざまな人種を目にするけれど、やっぱり生活パターンが違うというか、一緒の場面にいることは少ない。白人以外の人はたいてい難民だから、町の中心から少し離れたところで共同生活していたりする。お猿さんとトロルくんの幼稚園には、白人の子供しかいない。

写真を見せてもらったら、とってもかわいい女の子。おそらく、両親のどちらかが黒人でどちらかが白人なんじゃないかしら。年は5歳半だとか。

アレ坊が写真を見せて、どうしてこの子と遊べなかったのかと聞くと、「チョコレートが顔についている子とは遊びたくない」という。あまりに子供らしい表現に思わず笑ってしまったのだが、いやいや、笑い事じゃない。

「チョコレートみたいって、だって、とってもかわいいお姉ちゃんじゃない」と言うと、今度は日本語で「チョコレートがお顔についてるんだよ?いやだ!!」だって。

とりあえずその場はそれで終わりにしたが、寝る前に鏡を見ながら、「○○ちゃんの髪の毛はどんな色だっけ?」「黄色」「そうだねぇ。でも、お猿さんの髪の毛は黄色じゃないね。チョコレートみたいな色だね。」(お猿さん笑顔)「チョコレートみたいな髪の毛でいいねぇ。でも、黄色い髪の毛もかわいいよねぇ。いろんな色の子がいて、みんなかわいいよね。」と言ったらうなずいていたけれど・・・

ここでの知り合いは圧倒的に白人が多い。語学学校にはいろんなところから来ている人がいるけど、家族ぐるみで付き合うほどの仲までにはなっていない。

ただ単に、「見慣れない」っていうだけなんだからそんなに心配しなくてもとは思うけど、やっぱり自分の子供がこんな発言をしたなんてショック。この子とまた会う機会があって、肌の色なんて関係なく仲良く遊ぶと楽しいんだということを分かってほしいなぁ。

そもそも、ここではお猿さん自身がマイノリティ。そのうち、マイノリティゆえの辛い思いをすることもあるだろう。だけど、他人に辛い思いをさせる側には回ってほしくないなぁ。
餃子中毒
我が家の人々は餃子が好きだ。

夕食の準備をしているときにやってきたアレ坊。フライパンが出ているのを見て「今日は餃子?」

その声を聞きつけたお猿さんが「餃子!餃子!!お猿さん、餃子大好き!!」と駆け寄ってくる。

いやいや、今日は餃子じゃありませんって。


アレ坊が出張の夜、親子3人の夕食はうどんにした。翌日、「今日の夕飯は何がいい?」とお猿さんに聞くと「おうどん!」

「おうどんは昨日食べたでしょう」「うーん、それじゃ餃子!」


あまりに餃子餃子うるさいので、前回の餃子から1ヶ月も経ってないと思うけど、また餃子を作った。

韓国では、マンドゥという皮の厚い餃子のような食べ物があり、その皮を流用していた。しかし、ここでは餃子の皮なんて手に入らない。まあ、オランダでもルーマニアでもそうだったけど(オランダでは冷凍のものが手に入ったが、結構な値段だったのでたいてい家で作っていた)。

4人家族を想定していると思われる、32枚分の餃子の皮のレシピを倍量にして作る。できた皮は50枚強。うちのは大判なのでね。

2回に分けて焼いて、さあ、食べましょう!今回は、トロルくんも初餃子です。

そして・・・案の定、食べること食べること。トロルくんはおそらく8つくらい食べたでしょう。アレ坊は餃子のときはご飯は食べない派ですが、日本人3人は炭水化物+炭水化物でがんがん攻めます。

8人前の餃子・・・完食しました。大人2人、子供2人で。餃子中毒一家です。
デンマークの首相官邸
ノルウェーの国営放送で、デンマークのドラマを放送している。女性首相とその周辺を題材としたドラマ。

で、首相の自宅(もちろんドラマのセット)が出てきたんだけど、なんか、ふっつーのアパート。っていうか、首相がこんなところに??っていうくらいの小さなアパート。すごく庶民的。

アレ坊に聞いたら、スカンジナビアの首相ってそんなに儲かるもんじゃないんだって。「おれのほうが稼げちゃうよ」だそうで。ただ、年金なんかはものすごく充実してるので、トータルで見るとやっぱりかなりもらえるみたいだけど。

それにしても、日本の首相官邸なんかとはぜーんぜん違うのでびっくり。
ノルウェーの物価 子供編
泣きたくなるのが子供の衣料品。育ち盛りだから1シーズンしか着られないのに、とんでもないお値段。夏はいいんだけどね。冬が・・・

基本、スキーウェアのようなものを着て幼稚園に行くのですが、それが上下で1,000クローネ(14,000円)以上。

靴は、秋に入って700クローネ(9,800円)のブーツを買い、中にもこもこのファーがついた長靴を400クローネ(5.600円)も買ったのですが、幼稚園の先生に「マイナス10度以下になるとこういう靴じゃないと寒いわよ」と言われ、スノーモービル用の靴をまた600クローネ(8,400円)だか700クローネ(9,800円)だかで購入。

まだまだ歩かないトロルくんにも「乳母車に乗ってるだけじゃかわいそうだから靴持ってきてください」と言われ、「これが暖かくてオススメ」とのことなので、またまた700クローネ(9,800円)出してウールの伝統的な靴を購入(これは、ノル父母が早いクリスマスプレゼントということで買ってくれた)。

お猿さんが手が冷たいと言うので、スポーツ用品店にて最高級の400クローネ(5,600円)の手袋を購入。防水加工されたナイロンのミトンの中にウール100%のミトンがついたもの。こちらでは、ウールがいいとみんな言うのです。それなのにお猿さん、H&Mにて80クローネ(1,100円)で買った手袋にノル母が編んでくれた毛糸の手袋を重ねたほうが暖かいと言って、高級品は全く使わず。この高級手袋、幼稚園のお友達も数人使っていて、先日、あるお母さんが自分の子供の手袋が無くなったと先生に尋ねていましたが「これ、400クローネもしたから」って言ってました。同感。なくされちゃ困るのよ。

ウールのももひき。私自身がウールを直接肌に着けると痒くなってしまうので、内側の肌にあたる部分は綿でできているものをチョイス。150クローネ(2,100円)。

ウールの靴下、安いの見つけて1足60クローネ(840円)。

ほっぺが寒いというお猿さんに、狩人のような帽子を購入。400クローネ(5,600円)。

こちらではウールが一番!とされていて、ウールでないものを着せていくと「お母さん、ウールがいいですよ」と言われてしまう。私自身がウール着られないので、ウールの下着なんて考えただけで全身痒くてたまらないのだが、ウールウールと言われる。でも結局、化繊(シンサレートとか)のもののほうを子供も好んだりするんだよね。

この大出費、来年の冬もかと思うと恐ろしいわ。お猿さんにピンクのものなんて買ってあげられないよ!!お古回すの前提で、みんな紺とか緑とか。おばあちゃんたちはとても不憫に思うらしく、ピンクのものを買ってくれますが。

その一方、安いのが紙おむつ。パンパースを使ってますが、1枚1クローネちょっと(15円くらい)です。さらに先月、今月はCOOPにて会員半額サービス中なので、その半額。

あと、ベビーフードも安いです。1瓶10クローネ前後(140円前後)かな?お店によっては5つ買うと1つタダ、とかいうところもあるし、物価全般に比べると安いです。離乳食は手作りせずにベビーフード使います、というお母さんも多いです。日本みたいにいろいろな種類がないけれど、こちらでは朝昼は温かい食事をとらないので、子供たちも10ヶ月くらいになればパン、それ以前だったらお湯をそそぐと出来上がるおかゆ(と言っても、フルーツが入ってるオートミールみたいなの)を食べさせてるみたい。そして夜は瓶詰のラザニアとかシチューとか。

衣類も安いものもあるんですが、寒い思いをさせてはかわいそうなので、そこそこのものを選ぶとかなりの金額に。中に着るものはH&Mとか安いメーカーがいろいろあるので、そんなにかからないんですけどね。あとはお古回してもらえたりするといいんでしょうけど、うちは従兄弟たちは結構年が離れちゃってて、一番年の近い6歳の従兄弟は男の子なのでお猿さんにはあまり回ってこず。友人のところも男の子ばかり、または同じくらいの年齢の子供ばかりで、お下がりがなかなか回ってこないんですよね~。本当にすごい出費です。
Pepperkakehus 2010
クリスマスの定番、pepperkakehus(直訳すると胡椒クッキーの家、いわゆるジンジャーブレッドハウス、お菓子の家です)を今年も作りました。今回で5作目かな?ようやく満足できる出来栄えとなりました。写真見てください。なかなかいいでしょ?
001.jpg

飾りつけはお猿さんと一緒に。あの人に任せるととんでもないことになるので、うまく言いくるめながら(笑)。



ノルウェーの物価 レストラン編
ノルウェーの外食は高いです。ノルウェーを旅行していて、一番痛いのが外食費じゃないかな?基本的にサービスにものすごくお金を取られるので(人件費が高い)、人に何かをしてもらうと高くつくのです。

あまりしない外食ですが、レシートを見つけました。アレ坊が会社のお金で食べたお昼だそうです。

チキンサラダ 159クローネ(2,220円)
ノンアルコールビール 45クローネ(628円)


高いですね・・・安く済ませるなら中華レストラン。100クローネ(1,400円)くらいでランチが食べられます。

というわけで、こっちに来てからほとんど外食してません。そもそも、小さな町なので、出かけてもすぐに家に帰れるので、あまり外食の必要性もなく。ソウルにいた時は、土日に出かけるとたいていお昼は外で食べることになりましたが、こちらでは家に帰るかアレ坊の実家に立ち寄って食べることが多いです。
ノルウェーの物価 スーパー編
高い高いと言われるノルウェーの物価ですが、本当に高いのか??検証してみましょう!!!

ノルウェーの通貨はノルウェークローネ。2年くらい前までは1クローネ20円ほどでしたが、ここしばらくは13~15円の間で推移しています。実感としては、ずいぶん安くなりました。30%近く安くなってるわけですからね。ちなみに今日のレートは1NOK=13.96円です。

ノルウェーの消費税は、基本的に25%。食料品は14%、本は無税など、例外もあります。

それでは、お財布からレシートをあさってみましょう。

---
まずは、アルタ一の激安スーパーREMA1000(全国チェーン)にて。生鮮食品の品揃えはあまり良くありません。

トイレットペーパ12ロール 59.50クローネ(830円)
キッチンペーパー4ロール 36.50クローネ(510円)

牛乳 14.70クローネ(205円)
無脂肪乳 13.90クローネ(194円)
生クリーム333ml 18.30クローネ(255円)
プレーンヨーグルト500g 14.40クローネ(200円)

小麦粉2kg 12.80クローネ(179円)
ライ麦粉1kg 11.50クローネ(160円)

バナナ3本400g 9.71クローネ(135円)
ブロッコリー大1株 16.50クローネ(230円)

板チョコ200g 26.80クローネ(374円)
→2枚買うと割引サービス中。2枚で30クローネ(419円)

コーヒー豆250g 23.40クローネ(327円)

鶏胸肉1kg 105.23クローネ(1470円)
殻付き冷凍エビ500g 39.90クローネ(557円)

---
次は、生鮮食品の品揃えのよいCOOP。生協です。300クローネ(4200円)払って会員になると、買い物のたびに2%キャッシュバック。キャッシュバックされたお金は自分の「口座」に貯まっていき(銀行のように利息も付く)、引き出したい時に引き出せます。

きゅうり(こちらのものは非常に大きい) 7.50クローネ(105円)
ブドウ500g 46.90クローネ(655円)
トマト中4個(400g) 19.60クローネ(274円)
ミカン1.3kg 22.21クローネ(310円)
玉ねぎ中4個(760g) 13.60クローネ(190円)

牛ひき肉400g 44.90クローネ(627円)
豚ひき肉400g 29.50クローネ(412円)

バター400g 26.90クローネ(375円)

卵(S/Mサイズ)18個 30.50クローネ(426円)
卵(M/Lサイズ)12個 46.20クローネ(655円)

----
いかがでしょうか?トイレットペーパー、キッチンペーパーはとんでもなく高いですね。トマト、きゅうり(特売でした)、ブロッコリー、玉ねぎなど、国内産の野菜はそんなに高くありません。今週は買いませんでしたが、ノルウェー人の主食ジャガイモも割と安いです。

乳製品は、安いと思って買っていましたが、日本よりは高いですね。

卵はたかいです。18個入りというのは、COOPブランドの激安卵で、ものすごく小さいのです。子供たちにゆで卵にして食べさせたりするのにはちょうどいいのでよく買います。12個入りというのは、放し飼いのニワトリの卵で、今週は特価になっていました。普段はもう少し高いです。こちらは大きさも揃っているので、お菓子を作ったりするのに使います。

チョコレートも高いですね~。お菓子類は軒並み高いです。そして、板チョコ以外はあまりおいしくありません・・・
ノルウェーで算数
ノルウェー語学校で週に1回、1時間半の算数の時間がある。算数とは銘打っているものの、この間は税金の仕組みについてだったし、生活にまつわる数字を学ぶ、という感じ。

今日はテストだった。内容はまるっきり算数。途中で聞き取り問題があった。先生が「8かける9」などと言うのを、メモを取らずに暗算をして答えを書く。

ノルウェー語では0.33のような小数は、れいてんさんじゅうさん、のような読み方をする。英語もそう。桁数が大きくなると、れいてんさんにはちきゅうご、みたいに言うけれど。

それと、記号がいろいろと違う。日本では掛け算はx、数学になると・を使うけれど、ノルウェーでは最初から・。割り算は÷ではなくて:。この:が、ぱっと見・に見えやすくて、割り算を掛け算と間違いやすい。

筆算の仕方も微妙に違うところがあったりして、テキストを見たら余計に意味がわからなくなったり(笑)。

今日のテストの内容は、

以下の数字を大きなものから順に並べなさい。
1/3、0.75、3/8、7/13

みたいなものだった。結構みんな苦戦してました。通分とか、久しぶりすぎるもんね。
チング-友達
日本でディズニーのDVDが安く売られていたので、1枚買って帰ってきた。お猿さんのお気に入りとなり、たまに見ているのだが、今朝、そのDVDに入っているプーさんの主題歌を歌っていたお猿さん。

「プーと~ティガーは~ わたしの~チング~」

チング??突然韓国語ですか???

後で調べてみたら、正しくは「私の親友」らしいです。確かに。親友なんて言葉、3歳児にはちょっと難しいよね。

忘れたと言っていた韓国語だけど、大事な言葉はまだ覚えていたんだね。
赤ちゃんの名前
2010年の赤ちゃんの名前ベスト100発表ですって!!

私、なんと、男の子の1位の名前が読めなかった・・・

大翔

「だいしょう??」とおもったのですが、「ひろと、やまと、はると」君などと読むんだそうです。日本の名前は漢字にいろいろな読ませ方があってなかなか難しいですよねー。

信仰の深さは別として、基本的にクリスチャンであるノルウェー人(移民は違いますけど)は、赤ちゃんが生まれて3ヶ月くらいで教会で洗礼を受けさせます。赤ちゃんの名前を教会の名簿に登録するわけですが、あまり変わった名前を付けると教会で登録を拒まれるそうで。そんなこともあって、ノルウェー人の名前って同じようなものが多いんですよね。基本的にすでにある名前の中からつけるので。

しかし!最近はノルウェーもかなり変わった名前が増えてきているようで。

こちらではこういう車のナンバープレートを模した名前プレートを乳母車に着けるのが流行ってまして。そのため、どんな名前の赤ちゃんが乳母車に乗ってるのかわかるのです。赤ちゃんは毛布に埋もれて全然見えないけど(笑)。

この間見て印象に残っているのがMirakleちゃん。奇跡ちゃんです!ノルウェーではかなり珍しいと思います。名づけサイトでもヒットしなかったし。

欧米の芸能人でも、いままでにない新しい感覚の名前を付ける人が増えているので、ノルウェーもその例外ではないのかな。
発見
デンマークのバラエティ番組って、ルーマニアの番組に異様に似ている!!

安っぽい舞台の感じとか、微妙な色の照明(ピンクとか紫とか・・・)とか、そしてやたらと胸を強調した女性ゲスト陣!!!

デンマークってセンスよしなお国じゃなかったっけ??
お猿さん、3歳10ヶ月
風邪がなかなか治らないトロルくんをよそに、このお方は元気いっぱい!!幼稚園も、鼻垂らしの巣窟らしいんだけど、鼻のひとつも垂らしません。本当に丈夫になったなぁ。

ここのところ、ノルウェー語がメキメキ上達しております。周りの大人にとんでもない口を利くようになっています。本当に憎たらしい!!と思うことともしばしば。

おかげで、日本語が低空飛行。朝起きたばかり、とか、幼稚園に帰ってきて私しか家にいない、とかいう状況だと、以前と変わらずべらべらおしゃべりするのですが、ノルウェー語を話す人がいる状況だと、頭がノルウェー語に切り替わってしまうみたいで、日本語の文章の中にノルウェー語が入りまくり・・・

「ママー、ここ、gul(黄色)のおりがみ貼りたいんだけど、うーん、saks(はさみ)どこにあるの?」

という具合。いったんこうなってしまうとなかなか日本語だけの会話ができなくなってしまうので、私は「え?よくわからないんだけど?」と言ってみたり、「黄色の折り紙を貼りたいのね」と言いなおしてみたり、ハサミを持って「これ、なんだっけ?」などと聞いてみたり。でも、あんまりやるとストレス溜まりそうなので(お互いに)ほどほどに。またゆーっくり日本に帰って、たーっぷり保育園に通おうね!

大食漢で有名だったお猿さんですが、えらく小食になりました。日本の実家に帰ると、以前のイメージが強いらしく、ご飯を山盛りによそってくれるのですが、いやいや、本当に食べなくなっちゃったんです。と言っても、人並みには食べてると思うけど。

お菓子大好き!になりましたが、好きなのは日本のお菓子ばかり。特に飴類は、日本のものしか食べられず・・・おもそも、こっちにはあんまり飴ってないんですよねー。グミ系ばかりで。あと、ラムネも好きなんだけど、それもないのよね。こっちには。

グミ系はほとんど食べません。こっちでは子どもの好きなもの代表なのでもらうことが多いのですが、グミの中でも割合柔らかいものなら食べられるのですが、定番HARIBOのクマのグミはダメ。

それなのに、HARIBOのjulekalender(薄い箱に1から24までの数字が書いてある窓があって、毎日1つずつ開けて中に入っているお菓子や小さなおもちゃをもらえるという、クリスマス用品の一つ)を買ってきてしまったアレ坊。さらに、事前にお猿さんに見せてしまったものだから、12月になるまで待つというコンセプトを理解していない3歳児、開けたい開けたいと大号泣。仕方なく1つだけと開けてやったアレ坊。今度は出てきたものを見て「お猿さん、これ、食べられない~!!!」と大号泣。出てきたのはクマさんグミでした。

仕方がないので今日、私がディズニープリンセス版のjulekalender(中身はチョコレート。24日分で50gしか入っていない安物。19.90クローネ(270円)なり。)を買ってきました。そうしないと、また明日(12月1日)大騒ぎだから。

日本の保育園、ノルウェーの保育園で外遊びが多いので、だいぶ活発になったお猿さんですが、やっぱり運動神経悪い(笑)。まだ片足ケンケンとかできません。私自身も、幼稚園卒園くらいまではとにかく運動全般が大の苦手だったんですが、小学校に入って気が付いたら、運動会のリレーの選手に選ばれるようになり、高校では陸上部に入ったり。だから、この先どう転ぶかわからないので、温かく見守りましょう。

本人は、スキーもスケートもやりたくて仕方がないというのですが、道具を買ってもやらなさそうな気配が・・・でも、やらせてみなくちゃ分からないし。悩みどころです。誰かに道具を譲ってもらえるといいんだけど。

デスクトップPCが壊れてしまい、日本とSkypeができないので、早くどうにかして日本の家族と話す機会をもっと作ってやりたいところ。今は、日本から私の携帯にかけてくれるのですが、携帯を手に話す姿はミニアレ坊・・・アレ坊は電話で話している時、部屋の中を動物園のクマみたいに所在なくうろうろ歩きまわるのですが、お猿さんもまったく同じ!!変なところが似てしまったなぁ。挙句の果てに、「ちょっとここうるさい」とか言って、寝室に入ってドアを閉めて話し込んだりするのですが。おいおい、思春期の少女じゃないんだから。
トロルくん、1歳2ヶ月になってます
自分のための記録としても毎月書いていた『今月のトロルくん』でしたが、おそらく半年以上放置したままになっています。『今月のお猿さん』も同様。あららら・・・

トロルくん、1歳2ヶ月です。立ちません。歩きません。つかまり立ち、つかまり歩きはできます。うっかり10秒くらい一人で立つことはあります。座った状態から、何かにつかまらずにそのまま立ち上がれるのですが、1歩は出ないんだな。

「大人が食べてるもののほうがおいしい!」ことを理解しています。自分のお皿の上のものではなく、私やアレ坊の食べているものを欲しがってどうしようもありません。幼稚園で結構味の濃いものも食べていると思われるので(週に2回温かい食事が出るのですが、トマトスープとか、フィッシュボールのホワイトソースとか、ソーセージとか、日本人にとっては結構ジャンクな部類に入るものが出ます)仕方ないですかね。最初は「昼食のパンにはあまりいろいろ塗らないでください(普通の日のお昼ご飯は、幼稚園で朝焼いたパン(全粒粉とかたっぷりのやつ)に各自チーズとかたらこペーストとかレバーパテとか塗って食べる。小さい子はたいていレバーパテを塗ったものを握らされる)」とかお願いしてたんだけど、「今日はトマトスープだったんだけど、ものすごい勢いで食べて4回もおかわりしたんで、それ以上は食べさせなかったわ~」なんて明るく言われると、もう、いいや・・・となりました。この国では子どもたちはそうやって元気に育っているわけだから。郷に入っては郷に従え。

「まーまー」と言いますが、まーま=ママでもなさそう。でも、「ぱーぱー」とも言うので、初めての言葉までは結構近いかも。

「いとまきまき」の歌で手をぐるぐる、「拍手~」というと拍手、など、少し芸を覚えました。ノルウェーの定番手遊び歌はマスターしておりません。

生後2ヶ月くらいから夜通して寝ていたのに、引っ越しのどたばたやらもあり、ここ半年くらいは寝かしつけにも時間がかかり、夜も何度か泣いていました。ここ数日は、風邪で具合が悪いにもかかわらず、わりとよく寝られています。先週で、寝かしつけのおっぱいも卒業しました。アレ坊が寝かしつけることが多いのですが、今日は私が布団に連れて行ったら、私の手を握ってそのまま寝てしまいました。おっぱい完全に卒業かな。

お猿さんとトロルくんを一緒に寝かせるために、下がセミダブルの二段ベッドを子供部屋に入れたのですが、トロルくん体調不良のためここ3週間ほど別々に寝かせています。早く一緒に寝られるといいなぁ。2人とも、一緒に寝るとうれしいみたいなので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。