気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出張=家族旅行
今日から4泊の出張なのだが、荷造りが面倒。

そもそも、今回の出張には、船上での撮影やオフィスでの打ち合わせなど、海から陸まで、極寒からポカポカまで、幅広~い装いが必要。

そして!留守の間の子どもたちの衣類も用意しなくてはいけない。

もちろん、アレ坊に任せてもいいのだが、この男、女児の衣類というものにまったく疎いのだ。ほうっておくと、哀れお猿さん、とんでもない格好をさせられてしまう!

さらに、この日曜日には誕生日会に呼ばれているし。ちゃんと用意してやらなくちゃ。

でも、髪の毛が困るんだなー。もちろん、アレ坊は結べない。なんと、ノル母も結べない(娘がいないので分からないらしい)。

幼稚園があるときには、くしとゴムを持たせて、幼稚園の先生にやってもらうんだけど、今回は週末はさむからなー。

ぼさぼさ頭でドレス着てパーティー行くかと思うと、ちょっとかわいそう。帽子でもかぶらせる???

というわけで、私一人の出張なのに、まるで家族旅行かの下準備が必要になるというお話でした。

早くお猿さんが自分で着るものを選べるようになるといいなー。この人にお任せすると、全身ピンクとか、これまたとんでもないことになるので・・・
スポンサーサイト
難しいお年頃
日本での話。

いまだ、おしゃべりできぬトロルくん。なかなか意思の疎通も難しい。

なにかよろしくないことをしでかしたトロルくん。私に怒られた。そして反撃に出たのだが・・・

なんと、私の顔に向かって「ぶぶぶーっっっ!」と唾を吐いた!!!

もともと、気に入らないときには「ぶぶーっっ!」と唇を震わせるのだが、これを、私の顔面に向かって。

おまけに、予想以上に強力なのが出てきちゃった。トロルくんの顔にも「やばっ」っていう色がにじむ。


お怒りの母さん。トロルくん、怒られる。


そしたらなんと、私をにらみつけたまま、どこかへ消えていった。

しばらくして私の妹が「ねえ、トロルくん、どこいっちゃったの?」というので、二人して捜索。

台所にいた。ドアの脇に立ったまま、唇をかみ締めて肩をぷるぷる言わせてる(ガラス戸なので、外から見て分かった)。

二人して思わず笑ってしまい、その場を去る。

そこへ父さん登場。ドアを開けたら、押し出された。ドアは再び閉ざされた。


うーむ。2歳児。逆ギレもいいとこだ。
ただいま!
日本から戻ってまいりました。

今回、一番の収穫は・・・

お猿さんの日本語!!

「ごめんね~、ちょっと通して」
「悪いんだけど、これ洗ってくれる?」
「すみませんでした~」

などなど、ちょいとババじみてるが、真の日本語が身につきました(笑)。そして、群馬弁も絶賛インプット中。

おかげで、滞在終盤に日本に来た父さんにまで日本語で話しかける始末。「ノルウェー語が出てこない・・・」と言っていましたが、ノルウェーに来て2日ほどでほぼ回復。

あと面白いのが、日本語の歌のテンポが速くなった!!今まではわりとのんびり調子でしか歌えなかったんだけど、早口で歌ったりとか、あと、替え歌作ったりとか。

そして、ひらがなの読みのスピードもアップ!やっぱり、インプット量が全然違うんでしょうね。常に身の回りにあるから、拾い読みも楽しいみたいで、濁点・半濁点もバッチリ。

しまじろうで届いたメール遊びができる機械も、一時帰国前はイマイチ関心を示さなかったのですが、帰ってきてからはお気に入りに。

これ、パソコンを模したおもちゃで、メールを書くと付属の子機(ポケベル上)にデータを移せるのです。で、この子機をメールを読んでもらいたい人に渡す、という、大人から見たらプッな仕組みなのですが、子どもには面白いみたいで。

ただ、これで判明したのは、お猿さんは聞き間違いクイーンだということ。「お。めんね」と書いてきたので、これは何かと尋ねたら「ごめんね」だと。「ご」を分解すると、「お」+「゛」になっちゃうらしくて、「おには点々がつけられなかったんだよー」とのこと。

あとは、「ねうとき」→「ねるとき」とか。発音がイマイチあやふやなところがあるので、それが書き言葉にも反映されちゃってる感じです。これは、読んで学習していくしかないのかなー。

小学校低学年くらいにありがちな「これからわきよつけます」的な間違いですね。

トロルくんは、相変わらず何もしゃべりません。が、日本語の理解度はすさまじくアップ。早くしゃべるようにならないかなー。絶対おしゃべりなタイプだと思うので、楽しみ。

アレ坊は、ほぼ2年ぶりの日本でした。お寿司も堪能。温泉も堪能。買い物も堪能。

しかし!!出発前日に、荷物の重さを量るのを手伝ってもらったら、ぎっくり腰に!!!

しかも、日曜日。慌てて日曜でも開いている病院を探して連れて行きましたが、どうやら軽症の様子。翌日のフライトも問題なしといわれてホッ。

保険には入っていましたが、予約したフライトに対する返金のみ。フライトは変更不可なので、復路キャンセル→片道取り直しとなり、保険会社から受け取る額では全然足らないことは明らかなので、本当によかった。

しかし、日本は医療費が安いですねー。100%自費診療なのに、レントゲン撮って痛み止め打って7,500円とは!

整形外科に行ったのですが、土日って怪我する人が多いんですって。たしかに、土日はスポーツする人も多いですもんね。そんなことで、土日開いてる整形外科って結構あるみたい。これまた、便利。救急に行くほどの症状じゃなかったけど、翌日のフライトNGなら診断書が必要だったので。痛み止めももらえたし。あ、痛み止めの注射は全然効かなかったらしいけど。

アレ坊を当てにして6つにまで増えた預け入れて荷物(各23kg)、結局私が担ぎましたよ(涙)。

2つは実家から空港まで宅配便で。残りは空港バスに乗せて。幸い、空港ではアレ坊もカートを押せたので助かりました。いつものように、お猿さんはトロルくんの乳母車担当。すれ違う人々の目が温かい(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。