気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだったんだ
通勤のバスのお話。

始発から乗るので、バスが来ていれば大抵先に乗って待っていられるのです。今日は小雨がしょぼ降るちょっと寒い朝。運転手さんはドアを閉めて休憩室かどっかに行ってしまったらしく、みんな外で待ってます。

出発2分前くらいになったら、バスの後ろの座席からのそのそと前のほうに歩いてくる人が。どうやら運転手さんみたい。新聞片手に運転席へと向かいます。ようやく乗車。

時間になって出発。あ、同僚が走ってくる!運転手さん、止まってあげて、と思ったのですが、無情にもバスはブレーキを掛けず。あ~あ。ま、彼はチャリなはずなので大丈夫。

走り出したバス。でも、なんかおかしい。なかなかスピードが上がりません。自転車が2台並んで前を走ってるからでしょうか。でも、自転車専用レーンを走ってるんだから追い越せると思うんだけど。

1つ目の停留所。止まって乗客が降りた後、そのままさらに路肩に。なんだ???しばらくそのまま。乗客、みんな周りを見回しますが、なんで路肩に止まっているのか分からず。ちなみにこのバス、途中で時間調整はしないので、予定時刻より早くバス停に着いてもそのまま出発しちゃうんです。

ようやく出発。やっぱりスピードはあがりません。あの・・・自転車に抜かれそうですよ。何なんでしょう。

2つ目の停留所。止まって乗客が降りたっきり、動きません。運転手さんは、なんか計器をいじってるみたい。何?故障??

と思っていたら、若いお兄さんがつかつかと運転手さんの所へ。オランダ語は分からないのですが、お兄さんがお怒りなのはよく分かる。どうやら、遅いから降ろしてくれ、と言ってるみたい。しばらく言い合った後、運転手さんが、「降り口は後ろだ」と言って後ろのドアを開け、お兄さんは出て行きました。走り去るバスに、お兄さんは中指を突き立て・・・

その後は、突然普通のスピードで走り出し、無事会社に着きましたが、なんだったんでしょう。運転手さんの虫の居所が悪かったんですかねぇ。それにしても、迷惑な話です。いつもより10分近く遅くなりましたよ。ほんとに。たかが5分の道のりなのに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/164-302b0748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。