気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルーマニアで妊婦になる―その3
本日は、血液検査に行ってきました。朝一で行ったので割と空いてたみたい。受付で検査表をもらって検査室へ。検査室のおばちゃんとお姉ちゃんが検査表を見て揉めている。私に「何の検査を受けるのか?」と聞くので、「詳しくは知らないけれど、妊娠中に受ける一般的な検査だと思う」と言うと、2人とも険しい顔でまだ揉めてる。結局、検査の内容がよく分からんということで、おねえさんが確認してた。えー。どんな検査なの??朝ごはん抜いてくるようにと言われたので糖尿病の検査があるのだろうという予測はつき、あとは検査表をちらっと見たところ、ヘモグロビン値とかにチェックがついてたけど。

しばらく待って、検査室へ。お姉さんは使い捨ての医療用手袋をはめ、衛生面もバッチリですね。しかし、あんなに大きな指輪をしていたら邪魔でないのだろうか、とちょっと老婆心。

血液検査は2種類。1つはひじの内側から、もう1つは指先からだそう。ひじの内側が終わり、今度は指先から。「これ、痛いのよね。私も大っ嫌い。あなたも嫌いだと思うわ。」だそうな。確かに、薬指の指先に針をにょっと刺されるのはいい気分じゃなかった。おねえさんがプレパラートをいくつも作っている間、部屋の中を見回しているとお姉さんが「ものすごい血の量!いつもこうなの?」と尋ねる。視線を手元に移すと、血がぼたぼたたれてて床にもかなりの量が!!

「いや、こんな検査したの初めてなんで分からないです」と答える。それにしても、すごい出血量。ちょっと針で刺しただけなのに。

無事、検査を終え、止血のために傷口を押さえている間、お姉さんは床掃除してました。ものすごく汚しちゃってすみません。でも、どうするわけにもいかないしなぁ。

結果は来週水曜日に分かるそうな。ちなみに、検査費用は180レイ(約53ユーロ 約8,000円)でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/202-5bed9201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。