気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車が来ない
おっさんに支給された社用車は、アウディA6、ウッドパネル張り、レザーシート、黒塗りの社長さんカー・・・

おっさんは「でかくて乗りにくそうだなぁ」と嫌がっており、さらに調べたところ、維持費がものすごく高いんだそうな。なので、価値が下がらないうちに売りに出して、もうちょっと燃費もよくて小回りも利くのに買い換えることにしたそうな。さすが、どケチ経理部長。会社の人からは、「あんなにいい車からもっとランクの低い車に買い換えるなんて、変な人だ」と言われているそうな。まあ、本人、いい車に乗ることに興味ないからね。会社のためにも維持費を抑えるのは、まあ、いいことですしね。

で。結局A6を下取りに出して特価で中古のVW Passatを買ったんだそうです。社用車だから後任の人も使うわけで、手ごろなところでDaciaでも、というわけにはいかないそう(Daciaとはルノー傘下のルーマニア自動車メーカー)。またポジション的にも子供連れの家族が後任になる可能性が高いので、荷物が積めるステーションワゴンに。

社内には「ドライバーさん」と呼ばれているおじさんがいます。おそらくもともとは社長付の運転手さんという立場だったのでしょうが、今は困ったことはなんでも頼まれちゃう係、です。車の登録も、このおじさんが担当なのですが、まず、経理のうちのおっさんのところに来て「警察に行くので100ユーロください」と言ったのだそうです。何でかと尋ねると、賄賂を渡すと登録が即日で完了するから、だそうな。北ヨーロッパ人に賄賂が許せるわけ、ありません。もちろん突っぱねました。

その結果、登録には1週間ほどかかるとの連絡が。別に週末に営業車借りられればそれでOKなので私たちには問題なし。

でも、その後も運転手さんが毎日のようにうちのおっさんのところにやってきては「警察からウィスキーを要求された」とか言うんだそうです。おっさん、とにかく、金も物も一切渡す気はない。時間が掛かるなら掛かるでそれはよい。帳簿に乗せられないようなお金を使う気はない。と話をしたらしいんですが、きっと、運転手さん、板ばさみになっちゃってるのかもね。警察とうちのおっさんの。

車の登録制度が年明けから変わるらしくて(詳しいことは忘れてしまった)、年内に登録を済ませたい人が殺到しており、いつも以上に混みあっているのだそう。今のところ、登録完了は年明けの見込みだそうな。

賄賂、以前に比べたら減っているそうですが、やはりまだまだ根強く残ってるみたいです。おっさんのところにも「香水」なんていう請求書に承認印をくれと言ってくる社員もいるらしく、何かと問いただすと、税関のおばさんに手渡す、とかそんなことみたい。

あとは、税務署の人がかなり頻繁に訪れて、「500ドルくれれば帰るけど、そうでなければ監査する」とか言うんだそうな。ちょっとびっくり。

そうそう、あと税金のことなんだけど、例えば企業が自分たちの払っている税金の額に間違いがあったと気づいた場合。欧米だと、払いそびれた金額と利息分を払えばOKなんだそう。それがルーマニアの場合は多額の罰金が発生してしまうので、みな、自分たちの間違いに気づいてもひたすら隠し続けるんだとか。膿が出ない体質になっちゃってて問題だなぁ、と言ってました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/206-3847ad61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。