気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タクシーにしてやられた(またもや)
今朝は9時に病院の予約があったのですが、朝起きたら雨。それも、かなり激しい。とりあえず家を出ようとするも、腹痛でトイレに呼び戻され。ようやく家を出たのは8時半。病院まで、歩くと45分。しかも雨、かなり激しい。

とりあえず大通りまで出てみたけど、やっぱりすごい雨!!タクシーに乗ろうと思うも、なかなか空車なし。やっと見つけて料金表を確認。とにかく雨がすごいのでちらっと確認しただけだけど、1.2レイとあったので乗り込む。

行き先を告げてメーターを見ると、7.3レイ/km・・・ちょっと話が違うような。途中で降りようかとも思ったけど、病院までは車だったら10分もかからない。ここで降りて、また別のタクシーを待つのもやっぱり面倒。今回は勉強代と思ってこのまま乗ろうと決意。

病院についてレシートを受け取る。「このレート、ドアに書いてあるのと同じ?」と聞くも、運転手さんは英語を解さず。一旦外に出てドアの料金表を見てみると・・・

Pornire 1.2レイ
Tariff 7.3レイ/km
    73レイ/h

と書いてある。やられた・・・1と7が似てたので、すっかりだまされてしまった。外のドアに料金を表示してある以上、違法ではないので払わないわけにはいかないんだそう(1度、すでに同じ失敗を犯しており、そのとき泊まっていたホテルのドアマンに教えてもらった)。仕方がないので払う。24レイ。7.30ユーロ、1000円越え!!普通のタクシーだったら4レイ(1ユーロ以下)しないところだったのに。あ~あ。

ちなみに上の料金表ですが、順に初乗り、1km当たりの料金、渋滞時の1時間当たりの料金(1分ごとに課金されてる気がする)、かと思われます。大抵の場合、みんな似たような数字なんですよ。1、1.4、14、みたいな(正しいタクシーは、1km 1レイ前後。30セント、47円程度と、日本やオランダに比べると激安)。なので、チラッと見て乗り込んでしまったのですが、次回からはしっかり指差し確認ですね。

ちなみに帰りは、反省を込めてみぞれから雪に変わったブカレストの町を45分、歩いて帰ってきました。それにしても舗装が悪いのでいたるところに湖ができており、家に着く頃には濡れ鼠もいいところ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/216-2eca4e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。