気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノルウェー帰省
7月25日(水)
13:05ブカレスト発 14:05ミュンヘン着(時差があるので、2時間のフライト)
15:15ミュンヘン発 17:30オスロ着
19:50オスロ発 トロムソ経由 22:30アルタ着

トータル12時間かけて帰りました(泣)。

ブカレストからオスロへの直行便はないのです。そして、オスロからアルタの直行便を使うとなると、乗継30分程度。アルタ空港には税関がないので、オスロで荷物を受け取って税関を抜けなければならず、30分では絶対無理。仕方がないので、この、途中寄航便に。トロムソでは、降りる人は降り、アルタまで行く人は乗ったまま、さらにトロムソから乗り込んでくる人もいるというバス状態。

アルタに着くと、荷物が多いのでノル父と兄1(アレ坊の一番上の兄さん)の車2台で迎えに来てくれていました。

7月26日(木)~29日(日)
姪っ子甥っ子と遊んだり、親戚や友達が訪ねてきたり。のんびり過ごした。

7月30日(月)
今回は、初めてレンタカーを借りることにした。アレ坊の実家には車は1台しかないので、何かと不便なので。しかし、物価の高いノルウェーのこと。普通に借りようとすると、1週間で5,000クローネ(10万円くらい)とかしちゃう。そこでアレ坊。会社のオスロオフィスの知り合いに聞いてみた。そしたら、会社が懇意にしてるレンタカー会社があるからそこを使えばいいとのアドバイス。ウェブでチェックしたら、な、なんと900クローネ(1万8,000円)!!!1週間で。わっはっはっはっは~~!!借りるしかないでしょ。

車を借りたのは、本当に正解でした。田舎なので、車なしではどこへも行けない。さらに、ノル父はこの時期は毎日釣りだし。かちあっちゃって、なかなか車を借りられないから。それに、ノル父はアレ坊を信用していないので(笑)、山に行くとか、釣りの最中にその辺に車を駐車しておくとか、かなり嫌がるらしい。

で、さっそく車で伯父さんの家(去年亡くなった。お葬式の様子はこちら。)へ出かけました。ノル父はぶつぶつ言ってついて来なかったので、アレ坊、ノル母、私、お猿さんの4人でいざ出発!途中、トナカイの群れに遭遇。前回もそうだったなぁ。お猿さんは、初めてのフェリー体験。

トンネルの先にはトナカイの群れ。トンネルの中は、暖かいかららしい。
DSC03761.jpg


トナカイを追い払う役を買って出た。どいたどいた~!!
DSC03768.jpg


伯父さんのいない伯父さんの家は、ちょっと悲しかった。この日は、白夜が終わった日だか、終わって2日目だかで、夜中、少しだけ太陽が水平線の下に沈んだらしい。

DSC03793.jpg DSC03805.jpg


7月31日(火)
村に1つしかないスーパーへ買出し。このスーパー、建物の持ち主が賃上げだっけな?すると言って、スーパーの店主はここにいられなくなってしまった。このままだと、今年末には閉店らしい。でも、そんなことしたら、建物の持ち主がみんなから非難轟々だろうから、まあ、丸く収まるんだろうけど。ちなみに、この建物の持ち主とは、フェリーで会った。

近所の人に会いに行ったり、のんびり。夜は、ノル母の誕生日だったので、村に1つしかないレストランでディナー。ノル母のいとこ夫婦も一緒。このいとこ夫婦はロッジを経営しているのです。日本人の利用者はまだないそうだから(私だけ)、興味のある人は是非!奥さんは英語が堪能。旦那さんは観光担当。フィンマルク(県にあたるのかな)で一番高い山を見つけたばかり!!万年雪が溶けて、岩が顔を出していたそうで、GPSで確認したら、今まで一番高いとされていた場所よりも高いことが判明したそうな。おかげで、取材が殺到。翌日の朝刊一面に載ってました。ローカル紙だけど。

Arctic Nuvsvåg

8月1日(水)
午前中は、これまたノル母のいとこのおじさんに(昨日の人とは別の人)釣りにつれてってもらった。ボートを出してもらって、お猿さんはお留守番。はとこ(このおじさんの娘)夫婦は、子供が3ヶ月のときに赤ん坊をかごに入れてボートに乗せて出かけたらしいけど、さすがにうちはそこまで漁師の血が流れてないので、怖くてできない。

ここでは、わたしはなんと、ボートを操縦!!船舶免許とか、いらないんだって。誰も持ってないらしい。南のほうの、混んでいる海ならいるかもしれないけど・・・と言っていた。まあ、小さな船だから沖に出るわけでもないし。しかし、楽しかった~。気分爽快!1匹も釣れなかったけど。

DSC03844.jpg DSC03847.jpg DSC03865.jpg


午後、アルタへ戻る。途中、おじいさんのお墓へ。おばあさんとおじさんのお墓はこの村の教会にあるのだけど、おじいさんが亡くなった頃は、この村には墓地がなく、船で渡ったフィヨルドの反対側の町の墓地に埋葬されたんだそう。おじいさんが、反対側の町に埋葬された最後の村人で、そのあとからは村の墓地が使われているらしい。

8月2日(木)
キャンプへ出かける。とはいえ、赤ん坊連れなので、近くまで車が入れられるところ。お猿さん、初のテント体験!!明るいせいか(まだ、白夜が明けたばかりなので、夜もずーっと薄明るい)、夜中何度も起きたけど、まあ、楽しんだでしょう。

うちらは、キャンプに出るといつも雨に降られる。多分、今まで毎回雨だったはず。今回も、ご多分に漏れず。まあ、雨音聞いてると気持ちよく寝られるからいいんだけど。アレ坊は、夜中も何度か釣りに出て行ったけど、大物はかからず。

8月3日(金)
ノル両親をテントにお茶に招いたので(アレ坊がね。よく、そんなへんてこなアイデアが浮かぶよな。青空コーヒーにご招待なんて。)、湖畔でのんびり。雨もやんで、本当にいいお天気。気持ちよかった!!でかいキノコ発見。隣のペットボトルは、通常の500mlと同じ長さ。こんなにでっかいのに、誰も驚いてくれなかった。ごく、普通らしい。ブルーベリーにはまだ時期が早かったのが残念。

DSC03906.jpg DSC03921.jpg


8月4日(土)
夜、友達の家に遊びに行く。お猿さんが寝た後、初めての夜遊び。と言っても、友達の家だけど。帰ってきたのは、午前3時。「こんなに夜更かししたの、いつぶりだ?」と言うと、「お産ぶりじゃん」とアレ坊。確かに・・・なんて健康的なんだ!!私!!!!

8月5日(日)
アルタにはユネスコの世界遺産に登録されている岩絵がある(これは最近、ロック・アートと名前が変わったらしいけど。なんでわざわざ『アート』になったんだろう。当時の人は、アートとして岩絵を彫ったということなのか?)。岩絵は、海岸沿いの岩に彫られていて、一帯は博物館に管理されている。実家からはちょっと離れているんだけど、天気もよかったので散歩がてら出かけた。

博物館は以前に訪れたことがあるので、今回はカフェに寄っただけ。お店の人と話が弾んだ。コーラ(250ccくらいの紙コップ)を買ったアメリカ人のおじさんが「27クローネ(約540円)です」と言われ、「アメリカじゃあ、3クローネか4クローネ程度なのに・・・」とぶつぶつ文句をいい、レジのお姉さんに「これがノルウェーですから」と言われていた。でも、文句を言いたくなる気持ちもわかるよ、おっさん。そのおっさん、その後「君に文句を言っても仕方ないよね」と謝っていたけど。

8月6日(月)~7日(火)
何したかなぁ。

8月8日(水)
ブカレストへ戻る日。

14:40アルタ発 16:35オスロ着 今回は直行便

オスロ空港では、ノル兄2(アレ坊の2番目の兄さん)家族に会う。この家族は、過去3年間、毎年夏をハーグの我が家で過ごしていたのだけど、今年もどうしてもハーグに行きたいということで、また行って来た。でも、お天気に恵まれなくてちょっとがっかりだったみたい。会うたびに、「早くハーグに戻って~」と懇願される。お猿さんを見せることができてよかった!今までは、結構しょっちゅうノル兄2の家には遊びに言っていたのだが(オスロ郊外)、今、彼らの家は増築中。工事が終わるまでは、ちょっと遊びに行けないっぽい。ノル母いわく、半端じゃなく散らかってて、とても居場所がないんだそうな。

19:05オスロ発 21:05ワルシャワ着
22:30ワルシャワ発 1:20ブカレスト着

お猿さんはかなりグロッキーになっていたが、斜め前の席の若いお兄さんに大興奮したり、おおむね順調なフライトでした。しかし、若い男の人に向かってきゃーきゃー言うのは、恥ずかしいからちょっと止めていただきたい・・・



ということで、ノルウェーの実家、無事に行って来ました。いやぁ、子守がいるって楽ですね~。お猿さんは、まだ人見知りもないので、ノル父も楽しかったみたい。到着した次の日、お猿さんはノル父に抱っこされたまま昼寝をし、ノル父にはそれがかなりうれしかったみたい。思った以上にかまってくれました。

私のノル語も、思ったよりもいつの間にか、なぜか向上していたようで、もう、誰も英語を話してくれなくなりました(涙)。身の回りの出来事について話している場合は、6~7割の理解度でしょうか。でも、少し話が難しくなったり、知らない話になったりするとついていけません。まあ、ついていけなくなったらついていけなくなったで、所詮、さほど興味のある話でもないので、いいんですがね。

しかし、話すとなると別ですね。最初数日は、全然ノル語が出てこなくて参りました。それに、動詞の活用とか、全然覚えてないから、いざ話そうとすると、なんだかわかんなくなっちゃう。

あと、困るのが、すっかりこの地域の方言が染み付いてしまったっぽいこと。もともと、南の人のアクセントにはなじみがなく、理解度もかなり下がるんだけど、どうも、話し方も北っぽくなってきちゃったらしい。めざせ!ダニエル・カール。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トナカイすごい!
同じヨーロッパとは思えない行程だよね。日本からオスロへ行くよりも大変そう・・・でも写真を見たら、それだけ時間と労力を費やして行く価値ある!と思ったよ。オスロあたりでもちょっと郊外にいくと自然が広がっててきれいだけど、やっぱり北部とは違うよね。トナカイになんてめったに遭遇しないし。
2007/08/16(木) 21:57:05 | URL | Wakabun #-[ 編集]
はじめてコメントします
勝手に日記を読んじゃいました^^:
ノルウェー生活も素敵そうですね。
北欧って独特のイメージがあり
どんな感じの所なんだろうって...
私にとってかなり未知の世界です。

読んでてとても楽しかったです。
2007/08/18(土) 18:38:36 | URL | あいあい #-[ 編集]
Wakaちゃん
でしょ~。アジア行くのと大して変わらないよー。おまけに子供連れだと、長距離だと座席の前につけるベッドを借りられるけど(体重制限あるけど)、近距離だとずーっと抱いていなくちゃいけないしね。2人だったから、食事も交互に取れたけど、1人だったらかなり辛いと思う!

自然はね~。まあ、アルタから自然を取ったら何も残らないけど。毎回帰省中って、何をするわけでもないんだけど、でも、やっぱりいいんだよね。また早く帰りたいよ。日本に帰るのとはまた違う楽しみ。本当にのんびりできるし。知り合いも少ないから、予定もあんまり詰まらないしね。

でも、Wakaちゃんはあちこち行ってるもんねぇ。私、ノルウェーで行ったことのある場所って本当に数えるほどだよ。
2007/08/21(火) 19:46:27 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
あいあいさん
ようこそ~!普通のブログに書いてるので、どんどん読んでっちゃってください。ノルウェー、いいところですよ。でも、住むとなるとまたいろいろあるんでしょうけどね。年に何回か遊びに行くにはとてもいいところです。実家なので、3食昼寝つきだし!
2007/08/21(火) 19:47:43 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/311-1ead7ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。