気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実家でクリスマス ―その1 ブカレスト→アルタ
ノルウェーから帰ってまいりました。あっけないほど暖かく、一番寒い日でも日中-10度くらい。積もった雪が溶けて凍ってつるつるになっていて外を歩くのが恐ろしかったです。靴の裏につける滑り止めを買って一安心。

21日(金)
3:15起床、荷造り。5:00出発。

7:05ブカレスト発 8:15ミュンヘン着。ルーマニアとドイツの時差は1時間(ドイツが遅い)。ルフトハンザ便で、飛行機が大きく、ビジネスのすぐ後ろ、足元の広い席、さらに横3列の真ん中をブロックしてくれた!快適~。

ミュンヘンでの乗継は50分。ここからシェンゲンに入るので入国審査等を抜け、免税店を冷やかす暇もなく搭乗。9:05ミュンヘン発 11:25オスロ着。機内はガラガラなのに、なぜか私とアレ坊は離れた席をあてがわれていたのが謎。まあ、適当に空いている席に隣同士に座った。

オスロでは、乗継時間を5時間とゆっくり取り、空港から電車で10分ほどの町に住むノル兄2とその家族を訪ねることにしていた。この時期、道路は大混雑。夏は彼らが空港に来てくれたのだが、今回は私たちが向かうことに。ノルウェーの地方空港には税関がないため、オスロ空港で一旦荷物を受け取り、再度チェックインしなくてはならない。

荷物を受け取り、出発ロビーへ。行ってみてびっくり!人・人・人!!!もう、とんでもない混雑ぶり。前日からオスロ空港は霧がひどく、フライトの遅延・キャンセルが続出。フライトの振り替えやらなんやらでもう、大混雑なのでした。チェックインカウンターの行列もすさまじい長さ。事前にオンラインチェックイン済みだったんだけど、そんなのまったく意味なし。とにかく、乗継時間をゆっくりとっておいたことに感謝しながら待ち続けました。

その間、水の配給あり。なぜか、おっさんがペットボトルの水を配って歩いていました。前の晩は、300人が空港に泊まらざるを得なくなったらしい。近隣のホテルはすべて満室になってしまったそうな。そういう人たちのためにだったのかな?ノルウェーはペットボトルもデポジット製で、お店に持っていくとデポジットを返金してもらえるので、タダで水をもらった上にデポジットの1クローネ(約20円)ももらえたことになるのか、などとぼんやり考えていた。

乗り継ぎの飛行機に乗り遅れたのか号泣する女性や、疲れ果てて眠りこける子どもたちなどを眺めつつ、ようやく私たちの番。夏に帰省した際には折りたたみ式の乳母車までここで預けなくてはいけなくなったのだが(詳細はこちら)、今回はチェックインカウンターのお兄さんがとても親切で、乗継まで時間あるし、小さな乳母車だからオッケーっすよ!と言ってくれた。こんなにものすごく混んでいるのに、チェックインカウンターの係員は皆余裕の表情。日本だったらみーんな焦りまくってそうだけど。一瞬、こんなに混んでるのに世間話までして!!と、いらっとしかけたが、焦ったってしょうがない、このくらいの気持ちの余裕を持ってたほうが結局は万事スムーズに行くのかも、と思った。

チェックインが完了すると、その時点で13時過ぎ。次のフライトは16:20だから、15:30くらいには空港に戻っていなくてはならない。行き帰りの電車、駅から兄宅までを考えると、兄宅にいられるのは30分程度。これじゃあ意味ないね、ということで、今回は残念ながらあきらめることに。

空港内でピザの昼食をとり、早めにセキュリティチェックを抜け、ターミナル内で待つことに。この日もフライトの遅延・キャンセルがどっさり。幸い、アルタ行きは遅延の表示がなく一安心。

アレ坊は今回もまた、ゲート前で知り合いに会い(オスロ空港では、必ず誰かしら知っている人に会う!)、私はお猿さんを連れて子供の遊び場へ。フライト時刻1時間前くらいになり、再度出発時刻を確認すると・・・遅延だ。1時間の遅延。やっぱりな~。

でも、この時点でスタバンゲル、トロンハイム、ストックホルムなどノルウェー・スウェーデン行きのフライトの一部はバスに振り返られていた!!信じられない。飛行機がバスになるって!!!もう、旅行の予定めちゃくちゃだよね、そんなことになったら。子連れの人なんてどうするんだろう。5時間とか6時間とか、車内でオムツ替えとかできないだろうし、ミルクのお湯とか、いろいろ大変だろうなぁ・・・

さらに驚いたのは、モニターに「go to Got.」と書かれていたエジプト行きのフライト。Got.てなんだ??アレ坊に聞くと、「うーん・・・ゴーテンバーグ(ヨーテボリとも言う。スウェーデンの町)??」」だって。え??ゴーテンバーグに行くってどういうことさ????と2人で笑っていたら、なんと笑い事じゃなかった。

ピザ屋で後ろの席に座っていた一団が、まさにこのエジプト行きだったのだが、ゴーテンバーグまでバスで行って、そこから飛行機に乗ることになったらしい。オスロ空港の霧がひどく、機長がオスロ発着を拒否、急遽、ゴーテンバーグ発着に変更になったのだとか!!すごい。ゴーテンバーグまでも、やっぱり5~6時間くらいかかるらしい。

結局このフライト、再度オスロ発着に変更になったようで、後で案内が放送されてました。めちゃくちゃだ~。

結局、アルタ行きは1時間以上遅れ、18時過ぎにやっと搭乗、20時過ぎに無事アルタに到着しました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!今年も時たまお邪魔させていただきます。よろしくどうぞ!
子連れで12時間以上かかる移動時間。大変ですね。特に込んでいるクリスマス前の時期ですからね。
でも無事にアルタ迄たどり着けたようで安心しました。とは言っても、また雪国での心配事も・・・あるのでしょうが?
2008/01/03(木) 04:21:17 | URL | ニコラ #s39/oxGs[ 編集]
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

テレビで観てたんですけどこの混雑すごかったみたいですね。
アルタ行きはキャンセルにならなくてよかったですね。
飛行機がバスに振り替えられるって。。。子連れは洒落にならないですよねぇ。
2008/01/03(木) 23:48:24 | URL | fresa #-[ 編集]
ニコラさん
あけましておめでとうございます!大晦日の花火は今年もすごかったのかしら?スケベニンゲンで体験した花火の嵐を忘れられません。怖かった~。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

ヨーロッパ内の移動とは思えないほどの長旅でした。今回は、兄宅を訪問する予定だったので、さらに移動時間が長くなり・・・まあ、無事にたどり着けてよかったです!
2008/01/04(金) 03:52:42 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
fresaさん
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

その翌日も、まだテレビでも新聞でも大騒ぎしてましたよね。本当に混んでました!ノルウェーにこんなに人がいるんだ~、ってくらい(笑)。本当に、アルタまで飛んでくれてよかった~。空港で会ったアレ坊の友人に、アルタ行きがアルタに着陸できずにシルケネスに降り、そこからバスで数時間かけて帰った話を聞いたので!子連れでそんなことになったら本当に悲惨ですよねー。
2008/01/04(金) 03:54:31 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/373-45009a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。