気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウクライナ旅行 その4
アレ坊の研修も終わり、ルーマニアへ。オデッサを出発したのが15時半。ウクライナからモルドバを通ってルーマニアに入るまで、大きな町はないので、今夜中にルーマニア入りしなくては。

来た道は、ルーマニア→モルドバ→ウクライナというルート。国境は2ヶ所なんだけど、モルドバからウクライナに抜ける道がものすごく悪い。舗装がガタガタだし、行き先の標識も見にくい。暗い中走ったら、外灯もないし、ちゃんとルーマニアとの国境までたどり着けるか不安だったので、ウクライナ→モルドバ→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア、という、大きな道路を通るルートを選択。

ウクライナ-モルドバの国境まではごくごく順調。ウクライナ出国で、この後再びウクライナに出てからモルドバ→ルーマニアと帰りたいというと、なぜかそうではなくて来たときと同じ道を通れと言われる。規則でそうなのか、親切心からなのか(来た時のルートだと国境が1つ少ない)。いずれにせよ、ここから来たときのルートに戻るとなると、別のウクライナ-モルドバの国境まで行かねばならず、かなりの遠回り。さらにすでに日は暮れている。暗い中、あのガタガタくねくね道を通りたくはない。

もしかしたら、行きと帰りと同じ国境を通らなくてはいけないのかな?と推測した私たち(国境警備の人たちは誰一人として英語を解さず)。アレ坊のウクライナ人同僚に電話。その人と話してもらおうと警備員に電話を渡そうとしたらなぜか拒否された。えー。困った。

しばらくしたら、手招きされてそのまま出国審査。結局、なぜ別のルートをそこまで強く勧められたのか分からないまま。出国は入国より簡単。アレ坊が所持金を聞かれ、私がすでに数えてメモに残していたので取りに来た。そしたら、「お宅は奥さんがお金管理してんの?」と税関職員に笑われたらしい。

モルドバに入り、何もない道をひたすら走る。途中、街が1つあった以外はひたすら野原。ウクライナへ再入国。

ウクライナから再びモルドバに入るまでも、見渡す限り何もない道。モルドバに一瞬入って、ようやくルーマニアへ!!

ルーマニアへ一歩入ると、あまりに近代的なので目がくらむ!!!税関の建物は立派だし、サインはしっかりしてるし、明かりも煌々と灯っているし!!そして、職員が英語を話す。他の国境では、英語を話す人は1人だけ、とかそんな感じだった。

お兄さん、笑顔で入国審査。どこへ行ってきたのか、どこに住んでいるのかなど、ちょっとしたおしゃべりを交えながら書類をチェック。しばらくして、「実は、日本のパスポートを今までに見たことがない。事務所に行ってチェックしたいんだけれど、そうするとちょっと時間が掛かってしまう。もう22時だしブカレストまで帰るのに遅くなってしまうんだけど・・・」とお兄さん。わざわざそんな心配してくれるなんて、なんて優しいの!!!「今夜は国境の町に泊まるから大丈夫。チェックしてきてください。」と答える。確かに20分くらい掛かった。「遅くなってしまってどうもすみません。気をつけて。えーっと・・・なんていうんだっけな・・・あ、『アリガトウ』」。なんとお兄さん、日本語で挨拶までしてくれました。

もう、私の中のルーマニアLOVEが燃え上がる!!!やっぱいいわ~、ルーマニア。だーいすき!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ、4月2日以降もコメントさせていただきます。

そうですか、ルーマニアの国境官吏も日本語で「ありがとう」と言えるのですか。たいしたものですね。ミュンヘンで、観光案内所の職員が簡単な日本語を話したのに驚いた記憶がありますが、それどころの話ではありませんね。

でも、モルドバは本当に貧しい国みたいですね。ルーマニアも欧州では決して豊かとはいえませんが・・・。いつの日か、私もモルドバを旅するつもりですけど、そのころは少しは豊かになっていますかね。
2008/04/04(金) 20:38:22 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
Bill McCrearyさん
国境での「アリガトウ」にはびっくりでした!!もしかしたら、パスポートチェックに事務所に戻ったときにネットで調べたりしたのかも???なんせ、この人は日本のパスポートを今までに見たことがないとのことでしたから。いずれにせよ、こちらの気持ちがぐっと明るくなりますよね。その先、ルーマニアに再入国して目に入るものすべてがキラキラ輝いて見えちゃいました。

モルドバは貧しいようですよ。ルーマニアに移り住む人も多いそうです。今回通過した地域にはほとんど人が住んでいなかったので、機会があれば別の町にも行ってみたいです。
2008/04/05(土) 04:30:27 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/416-2c610605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。