気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウクライナ旅行 その5
国境の町ガラチで、行きと同じホテルに宿泊。翌日はちょっとゆっくりして、お昼頃出発。

南に下りて高速に乗るのだが、行きに寄ったガソリンスタンドによるつもりが、見つからず。ガソリンの残りもあまりないので、その辺の人にガソリンスタンドのありかを尋ねる。おじさんが英語で教えてくれた。さすがルーマニア。

言われたとおり走ると、さびれたガソリンスタンド。おじさんが出てきて「ガソリン、ないんだ」という。確かに、給油機には「ガソリン、ありません」の文字が。じゃ、何ならあるのさ。ガソリンスタンドよ。併設のお店にも商品はなさそうだったし。

もっと先に行くとガソリンスタンドがあると言うので、高速と並行して走る下道を走る。アレ坊いわく「26km先だって」と言うのだが、どうみても50kmは走った。アレ坊のルーマニア語能力はあてにならないのです。

ようやくタンクは満タンに。トイレに行ったりちょっと車外に出たりして一休み。ちっちゃいガソリンスタンドなのに、なぜか従業員が5人もいる。さすがルーマニア。

高速に乗るべく走り出すと、お猿さんが大をもよおして泣き始めた。無事、大は出てきたみたいですてきなかほりが充満しだしたんだけど、チャイルドシートに乗ってるので、お尻が気持ち悪いみたいでさらに泣きはエスカレート。道端に車を停めておむつ交換。

その後、気分転換に車外に出ると、道端の家のおばあさんが門を開けて話しかけてきた。何歳?名前は?どこから来たの?といった質問の後、庭にいるひよこを見せてくれた。庭に入れてもらい、ひよこと遊んだり犬を見せてもらったり。おばあさん、庭で夕食の準備中だったみたいなんだけど、見ず知らずの私たちを庭に入れてくれて、お猿さんのことをかわいいかわいいと言ってくれて、自分の孫も呼んできて。ああ、ルーマニア語ができれば!!!と、こんなに残念に思ったことはなかった。簡単な質問には答えられるんだけど、そうするとその次には複雑な質問が・・・「分からない・・・」と力なく首を振り、あとは単語の羅列でどうにか話をしようと試みたのだが・・・ルーマニア語が分かったら、どんなにステキだったろう!!

その後、渋滞もなくスムーズにブカレストに到着。お猿さんは熱は下がってはいたものの、鼻水と咳がひどく、翌日から病院通いの日々とあいなりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/417-09d43825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。