気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深セン旅行 2日目
ソウルと深センの時差は1時間。深センのほうが遅いんだけど、お猿さんは普段どおりにソウル時間の6時半(深センの5時半)に起床。

PCでテレタビーズのDVDを見せたりしてどうにか6時半まで間を持たせる。その後、身支度をして朝食へ。

朝食の後は、深セン市の真ん中くらいにある『民俗文化村』なるところへ出かけました。

地下鉄の華僑城駅の目の前。4年ほど前にも深センを訪れたことがあるのですが、その時はこちらで1年働いていた妹に会うのが主目的、両親も一緒だったため地下鉄に乗る機会はありませんでした。

今回初めて乗った深センの地下鉄は、きれい、便利、安い!システムは香港の地下鉄と一緒。切符の買い方からなにからそっくりです。新しいこともあって、構内にはエスカレーターとエレベーターもしっかり完備されており、本当に便利。欲を言えば、地上への出口には階段しかないところもあり、乳母車ではちょっと大変なこともあったりしましたが。

30分ほど乗っても4元(55円くらい)とかそんなもので、この旅行中はかなりお世話になりました。それでも、初乗り2元(30円弱)をケチって炎天下の中赤ん坊背負って1駅歩いたりして、自分でもバカじゃないかと思いましたが。

さてさて、民族文化村ですが、ここは2つのゾーンからなっています。中国国内の様々な民族の暮らしを紹介するゾーンと、世界中の有名な建築物などのミニサイズで再現した、日本で言うなら東武ワールドスクウェア、オランダで言うならマドゥローダムなゾーン(私はどちらにも行ったことがないが)です。

ついこの間、韓国の民俗村(ソウルからすぐの水原市にある)に行ってきてかなり楽しかったので非常に期待していたのですが、こちらは少々しょぼかったです。ショーの多くは夕方から夜にかけてが多いようで、朝から行った私たちはあまり見るものもなく。園内も階段が多く、暑さもあって乳母車を抱えて上り下りする気にならず、次々と建物をスルーしていき・・・

途中で見たチベット民族の歌と踊りも、お兄さんとお姉さんがマイクを持って歌ってるけど口パクなのは丸わかりだし、なんか、作りもの感がありありで、どうも楽しみきれなかった。

そんなこんなで、2時間くらいうろうろーっと歩き回ってお昼を食べて、園内の半分、民俗村だけ見て出てきてしまった。世界の名所は・・・別にミニチュアで見たいとも思わないし。チケットはセット売りなので、行かないと損と言えば損なのだが・・・チケット、確か120元(1,700円)もしたし。

その後、駅の反対側にあるショッピングモールに行ってみることに。事前にネットで調べて、ここにはH&MとZARAが入っていることを確認済みだったのだ。

でも、H&Mにはお目当ての子供服は入っておらず。ZARAにはあったけど、ユーロの値段より2割くらい高かったので何も買わず。

それにしても、あまりの高級店の多さにびっくり!誰が買うんだろう。日曜だというのに、モール内はガラガラ。地下のカフェだけは混んでいた。こういったショッピングモールが市内のいたるところにボコボコ建っているのには本当にびっくり。すごいなぁ、深セン。

仕事に履いていく靴を持ってくるのを忘れたおバカなアレ坊、このショッピングモールでは手の届く靴が見つからず(2000元(3万円弱)くらいしちゃう)、会展中心駅のショッピングモールへ移動。ここはカルフールがあると事前調査済みなので、なにか手頃なものがあると踏んで。

私の勘は大当たり。アレ坊。390元の靴を300元(4,300円)に値切ってお買い上げ。お猿さんはおもちゃ屋さんのおもちゃで遊んでご満悦。その後、カルフールを冷やかしてホテルへ。

この日の夕食は、遅くなったのでルームサービスで済ますことに。チャーハンが50元(720円)などとかなりお高いが、味はイマイチ。がっかり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/528-39f5a8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。