気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマス休暇 in ノルウェー
12月20日~30日、ノルウェーに帰省してました。

20日 

朝8時に自宅出発。11:10 ソウル発、14:20 ヘルシンキ着(10時間10分)。16:45 ヘルシンキ着、17:15 オスロ着(1時間30分)。

フィンエアがソウル-ヘルシンキ便就航したので、今回初めて使うことに。楽なことこの上なし!!スクリーン下の座席だったので、途中眠ったお猿さんを床に放置。今回が席なし幼児料金で帰る最後になるけど、さすがに辛いわ~。ヘルシンキで乳母車が出てこず。乗継の間、お猿さんを寝かせたかったのに!!空港の乳母車はリクライニングしないショッピングカードに気を持った程度のもので、仕方なく子供の遊び場で遊ばせた。

ヘルシンキ空港は小さい!でも、おかげで離着陸前後のタクシーも短いし、効率的。日本からの便が同じ時間帯に到着するので、空港は日本人であふれていた!免税店はあまり大きくないんだけど、日本人の買い物心をくすぐるような品揃えで、みな、楽しそうに買い物していた。ユーロもだいぶ下がったしね。

お猿さんはぐずることもなく、終始ご機嫌でした。2歳前にしてすっかり旅慣れたか?

この日はオスロ近郊に住むノル兄2宅に宿泊。この家の子供(12歳の女の子と9歳の男の子)に会うのは今年の夏以来だけど、すぐに打ち解けてたくさん遊んでもらえた。最近、お猿さんは人見知りが結構強いので、恥ずかしがったままで終わっちゃうかと心配だったんだけど、全然そんな心配要らなかった。

21日
お猿さんは時差ぼけのせいで朝2時半に起床。DVDを見せたりしてごまかしていたんだけど、3時半にアレ坊がお猿さんを連れて居間へ。4時半には上の女の子が、5時半には男の子が起きてきて、一緒に遊んでくれたそう。私は6時半まで熟睡しました。

日中は散歩に。クリスマス直前の日曜なのでお店も開くんだけど、14時から開くので散歩の最中はどこも開いておらず。実家のアルタにはないお店(H&Mとか)がいろいろあるから、買い物したかったんだけどなー。

15時にノル兄2宅を出発。17:35 オスロ発、19:30 アルタ着(1時間55分)。SASはさらに変な決まり導入で、乳母車は150NOK(2,000円)する特別な袋に入れて預けなくてはならなくなった。そもそも、オスロ空港は乳母車を空港内で使えなくて、すべてチェックインしなくちゃいけないのです。この袋、再利用できるけど高いよなー。アムステルダムでもやっぱり袋を買うように言われたことがあって、それも15ユーロと同じくらいの額だったから仕方ないか。

20時半頃実家に到着。すでにこの日の夕方、ノル兄1家族も実家に到着していた。このうちにも女の子(9歳)と男の子(3歳)がいるんだけど、お猿さんは極限に眠そうだったのでそのままベッドへ。

22日
お猿さんは朝3時半に起床。毎日1時間ずつ遅くなっていくのか??悪夢だ。アレ坊が起きて一緒に遊んだので、私は再び6時半まで熟睡。

ノル実家滞在時は、私は日本の実家にいるとき以上に何もしないので楽チンである。ノルウェーでは夕食以外は温かいものを食べず、銘々にパンに何か乗せて食べるだけなので、手伝わない罪悪感もほとんどなくて非常によい。日本の実家だと、朝昼晩と母親は台所に立つし、毎日掃除もするので、『何もしない娘』がクローズアップされちゃう。

ノル母と一緒に、歩いて20分ほどのところにあるショッピングモールへ。お猿さんは、ノルウェーの冬には必須のスキーウェアみたいなつなぎを買ってもらう。半額で700NOK(9,000円)!!!着られて2シーズンなのにね。まあ、ノルウェーに住んでいれば半年着るけど。我が家の場合は非常にもったいない!!ソウルでも公園に行くときなどは着せようと思う。冬靴は日本で購入しておいたのでOK。普段履く靴の次のサイズを購入。バーゲンは1月中旬以降とのことで定価。でも、韓国では靴はデザイン重視で足によさそうなものは見かけない。輸入物だと結局高いので1足だけ買っておくことに。499NOK(6,500円)と気を失いそうな値段だけど、日本で買うと倍以上するのでしかたない。このメーカーの靴はお猿さんに合っているとお墨付きをもらったので、今度バーゲンになったらノル母に買っておいてもらおうと思う。私は自分が外反母趾で面倒なことになってるので、お猿さんの靴だけにはうるさいのです。

夕飯はribbe(リッベ)という、皮付き豚肉をオーブンで焼いたもの。普通の家庭では24日に食べることが多いみたいだけど、我が家は24日はノル父の実家(デンマーク)式に七面鳥。25日にribbeを食べるんだけど、今年はノル兄1家族がクリスマスをノル兄1妻(結婚はしてないけど)宅で過ごすために前倒しに。

23日
お猿さんは5時半頃起床。おかげで一家そろって早起きだわよ。

再びショッピングモールへ。お店は早仕舞い。そして27日まで開かない。クリスマスプレゼント購入の総仕上げ。

午後は友人宅へ。クリスマス準備に忙しそうだったけどゆっくりお邪魔してコーヒーをいただく。伝統的にはクリスマスの飾りつけは23日にするのです。ノル母は息子たちが泊まりに来てバタバタするので、前もって済ませておいてくれるけど。

昼食はrisgrøt(ミルク粥) 、夕食は・・・fiskeboller(すり身魚の団子)だったと思う。練り物はあまり食べないようにしてるんだけど、やっぱり子供は好きだねー。お猿さん、すごい勢いで食べた。

24日
この頃から、お猿さんの起床時間は通常に戻ったと思う。

街はすべて閉まってしまい、家族の時間。ノル兄1家族は23日にノル兄1妻の実家へ行ってしまったので静か。お猿さんは、ノル兄1の子供2人の名前をつぶやいて少々さみしそう。

夕ご飯は七面鳥。デザートはriskrem(ライスクリーム。ミルク粥にホイップクリームを入れたリッチバージョン。ミルク粥はバターとシナモン、砂糖をかけて温かいうちに食べるけど、riskremはすでに甘く、冷たくして食べる。)。

夕食の後、プレゼントを開ける。甥っ子、姪っ子がいないので、サンタさんは来ず。お猿さんは、友人とのクリスマスパーティーでサンタさんに化けたアレ坊を見破って以来、サンタさんを見ると「パパ!」というので話にならず。

25日
この日も静かに過ごす。親戚の家に行ったり、親戚が来たり。お猿さんはすっかり人見知りでなくなったようで、あれこれふざけてはお客さんを爆笑させていた。

前日の七面鳥が大量に余っていたので、この日も七面鳥。お猿さんはkransekake(アーモンドのケーキ)など、甘いものの味を覚えた。

26日
この日も家族でゆっくり過ごす日。何したかなー。忘れちゃった。

27日
クリスマス後、初めてお店がオープンする日。明日は日曜、月曜の早朝には出発なので、買い物へ。お昼は新しくできたカフェで。価格はさすがノルウェーだが、出てきたものにはかなり満足。私の頼んだタコバゲットというタコスミートが挟まってチーズがかかっているサンドイッチが89NOK(1,200円)だったかな?アレ坊が頼んだビールも同じくらいの値段だった。子供メニューもあり、お猿さんはパスタ(69NOKだった気が。日本円だと900円くらい。)を感触。日本円が強いから、割高感が薄れるね。Student Cafeと言って、学割のあるカフェ/バー。クリスマス後初のオープン日ということで、作れるメニューは一部のみ、さらにオーダーを受けてからスーパーに買い物に行くというはちゃめちゃな状況だったけど、待たせちゃうからとコーヒーを無料で出してくれたり、とっても気持ちのいいカフェだった。友達は、料理は特筆すべきものじゃないと辛口評価だったけど、我が家はこれからも使うと思う。ごくたまにだけどね。

28日
ノル兄1家族が帰ってきたのでお猿さんは大喜び。朝起きても昼寝から覚めても、最初の第一声はOtto(オットー。下の子の名前。)。上の子のことも大好きなんだけど、Julia(ユリア)が上手に発音できなくて「ゆいやや」になっちゃう。

29日
5時起床、6時出発。前日からの強風でフライトが心配だったけど無事出発。7:35 アルタ発、10:20 オスロ着。トロムソ経由なので、所要時間は2時間45分。風の影響と、前日のフライトキャンセルによる乗客の処理のせいで30分くらい遅れた。

ノルウェー国内はSAS、そこからはフィンエアなので、オスロで再度チェックイン。チェックインカウンターのお兄さんはバリバリの英国英語で、ノルウェー語はしゃべれないみたいだった。日本だったら考えられないよね。日本語のできない人が空港で働くなんて!おそらく、クリスマス休暇時期で人手が足りないからなんだろうなぁ。夏来た時は、スウェーデン人だらけだったし。働いてる人。オスロ空港はセキュリティチェック以降の乳母車の持込が禁止なんだけど、このお兄さんはそのまま使っていいよと言ってくれた。ラッキー!

うちら以外も、ノルウェー人とアジア人のカップルばかり。多いんだよねー。この組み合わせ。

13:15 オスロ発、15:40 ヘルシンキ着(1時間25分)。規則に反して乳母車持ち込んだので、スチュワーデスさん戸惑うも、機内にスペースがあるとのことで仕舞ってくれた。

ヘルシンキでは少し買い物を。再び日本行きの便と同じ時間帯に重なり、買い物に狂う人々を眺める。

17:30 ヘルシンキ発、翌9:20 ソウル着(8時間50分)。

機内ではロシア人に囲まれる。飲み物が出される前から持ち込んだウィスキーを飲み始める。すさまじくうるさい。特に、ひとりだけ韓国人家族の隣の席になっちゃった人(通路を挟んで私たちの隣)が寂しいみたいで、席から立ち上がって通路に立って騒いでいる。スチュワーデスさんが何度席に着くようにと言ってもまったく意味なし。

そのうち、持ち込んだ酒を飲んでいるのがスチュワーデスさんにバレ、こっぴどく叱られる。でも、起こられた本人は酒を持っている人ではなかったので、反省する様子もなく、しばらくするとまた飲みだした。酒臭いしうるさいし参る~。そのうち、大音量でPSPで遊びだした。まだ電気もついてるし、スチュワーデスさんも何も言わないのであきらめた。

電気が消えたら、一番うるさかった人は爆睡モードに。なにやら異臭がすると思ったら、私の後ろの人が靴を脱いだ足を私の肘掛に乗せていた。つんつんしてどかしてもまた乗せる。アレ坊に伝えると、激しくつんつんしたあと、その人に向けて鼻をつまんで見せた。あまりに直接的な抗議に唖然。それでも、しばらくしてまた足が・・・ペンで刺してやった。

3歳くらいの男の子が号泣し始めた。その子は乗ってからずーっとご機嫌斜め。お父さんと2人だったみたいなんだけど、泣き止まない男の子に腹を立てたお父さんがお尻をたたき始めた!!すごい勢いでたたかれてて、ちょっとショックだった。ちなみにこの家族はフランス語を話しており、元気なロシア人一味とは関係なし。

とにかく子連れの多いフライトで、スクリーン前の席でなかったので、お猿さんはなかなか寝られず。狭くてうまく体勢が取れないのよね。私とアレ坊がすっかり眠くなってしまった。電気がついて朝食が出る頃になってやっと寝た。寝なかったけどぐずりもしなかったから、まあ、よしとしよう。

30日
会社の運転手さんが迎えに来てくれていたので非常に楽チンだった。家に着いたらもうお昼近く。昼寝して夕方起きて、私は買い物へ行く前にシャワーを浴びようとしたものの、お湯が出ず。なんとボイラーが止まっている。

修理の人は19時に来てくれることになったが、ボイラーが止まると床暖房も止まる。部屋はどんどん寒くなる。ホテル宿泊も検討しようとネットでいろいろ検索。そしたら修理の人が17時半に来てくれた!結局、ブレーカーが下がっちゃってただけで、すぐに直った。よかったー。

私は18時頃から買い物へ。スーパー2件はしごしてちょっとしたおせちのための食材確保。道が混んでいて、家に帰ったら21時になってしまった。遅い夕飯を食べ、お猿さんはおやすみなさい。

31日
お猿さんはあっけなく眠りについたものの、1時頃に起き出し、そのまま朝まで寝ず。朝になってようやく私も寝ることができた。電話が鳴ったので起きると、アレ坊から。今夜は同僚と食事をして帰るとのこと。時計を見たら・・・4時。頭の中は大きなクエスチョンマーク。4時?朝?のわけないよね??え???16時ってこと???今日はお正月の準備しようと思ってたんだけど??え???

大晦日は寝て過ごしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとう!

ベビーカーは専用の袋?空港内で使えないんだ?帰りの飛行機、すさまじかったねぇ。私もなんだか今から帰りの便が楽しみv-12どんなんだろう。
2009/01/01(木) 23:37:21 | URL | Non #SFo5/nok[ 編集]
あけましておめでとう!
そしておかえりなさーい☆
すばらしい記憶力だわ。家族にも会えて楽しい旅だったようでよかったね。お猿さんも人見知りもしないで、えらいえらい!でも、やはり睡眠時間はすぐに切り替えられないよね。付き合ったパパ、ママ、お疲れ様。
帰りの飛行機、ペンで刺した!に笑ったわ。フランス人親子などほんと国際色豊かな飛行機だったのね。
で、おせちは作ったのーー??(笑)
2009/01/02(金) 00:45:34 | URL | hime #gQOhzuQ6[ 編集]
Nonちゃん
おめでとう!今年もよろしくねー。

そうなんだよー。オスロ空港は、セキュリティチェック以降の乳母車の持込ができないのよ。本当に不便!今はもう大きいからいいけど、カートに座れない時代は大変だったわ・・・たぶん、北欧はみんな大型の乳母車を使うから、それをゲートまで持って来られちゃうと大変だっていうのが理由だと思うんだけど。うちのなんて、4kgもしないかるーいちっちゃいやつなのに!!

モスクワ便はフィンエア同様にフライト時間が短いからいいよね!オランダからの乗り継ぎ時間は短くなったんだねー。私がいた頃は5時間だか6時間だかあって、それがネックで使わなかったんだけど(あの空港じゃ暇つぶしできないでしょー)、乗り継ぎさえ問題なければかなり使えると思うんだけどな、アエロ。でも、もう懲りちゃったかしら??
2009/01/02(金) 07:53:12 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
himeさん
明けましておめでとう!今年もたくさん遊んでねー。

楽しかったけど、やっぱり10日じゃあわただしいねー。移動に3日かかっちゃうから。お猿さんの時差ぼけは辛かった!そして、今も辛いっす・・・私は時差ぼけゼロ体質なのにー。

足、臭かったのよ。ホントに。肘の当たらないあたりに足があったから、ペンでぐいぐいっとね。ルーマニアへ/からの便はいつもこんな感じで大騒ぎだったから、懐かしいっちゃー懐かしかったけど。みんなソウルで降りていたけど、ソウルに住んでるのかなー。確かにロシア語系の言葉ってよく耳にするよね、ソウル。

おせちは、煮物と煮豆程度だったよー。大晦日の起床時間が16時じゃね(笑)。お雑煮は三が日食べるけど、私しか食べられないし。アレ坊はダメなのよ、お餅。
2009/01/02(金) 07:57:25 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
1時間ずつ起床時間がずれていくの私も同じ!体内時計は一日25時間らしいからmakes senseよね。うまくできてるよね、人間の体。

ribbeにriskremいいな~。私もかろうじてribbeをcafe daisyで食べたけど、イマイチだったな。svorが少なすぎ!

ロシア人マナー悪いよね。私も以前そう思いました。イエメン人もかなり悪いよ。しかも英語も話せない人多いしね。英語で注意しても無駄。アレさんのボディランゲージ攻撃はうけた。すごくわかりやすいけどそれをやるなんて勇気ある!
2009/01/07(水) 00:01:05 | URL | Wakabun #-[ 編集]
Wakabunさん
Wakaちゃんもそうなんだ!あんなに旅行しまくってるのに大丈夫なの?私は本当に時差ぼけしたことがないので、まったく分からないのよー。

cafe daisy、ノル両親が来たときに行っていたけど、彼らにとっては通常の食事であの値段だから他にすると言われたよ(笑)。ブログの写真見たけど、上品過ぎちゃうね、あれじゃ。もっとがっつりいかないと。気持ち悪くなるくらいに。

ロシア人、すごかった!!でも、ルーマニア人と通じるものがあった。なんか、懐かしかったりして。アレ坊いわく、ソウルはロシアの油田へのアクセスがいいから油田で働いてる人だろうって言ってたんだけど(かなり金持ちっぽかった。かなりの団体で、一部はビジネスに乗ってたの。時間交代で席代わってた(笑)。)、全員そのままソウルで降りてたんだよねー。1泊してまたロシアに飛んだのかな?

アレ坊はさ、物怖じしないから。便利だよ、こういうとき。
2009/01/07(水) 01:02:04 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/559-bf66ce23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。