気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金持ちがやってきた
我が家の隣人(こんな方々)が、奥さんの急な転勤(本国への呼び戻し。景気悪いからすごく多い、最近こういう人)で引っ越してしまって1ヶ月。新しい隣人が越してきた。

今度もフランス人一家。なんと子供は4人!最近フランスでは子供を3人以上持つことが流行ってる―というと語弊があるけど、ブームらしい。税金の優遇措置などが子供3人以上から受けられるということもあって、本当に子沢山な家庭が増えているのよ!とフランス人の知人が話していた。まあ、この家は一番下がもう7、8歳といったところなので、最近のブームに乗ったというわけではないのだろうけど。

まず一家が引っ越してきた初日、呼び鈴が鳴った。アレ坊が出て行ったら隣の旦那さんで、家の引渡しをしたので夕飯だけここで食べてまたホテルに戻るんだけど(家具がまだ届ききっていなかった)、塩がなくて困っている。貸してもらえないかと言うこと。もちろん、と塩を渡すと、あちらの旦那さんが「ポルトワインがあるからもしよかったら来ないか?」とアレ坊を誘っている。なんとお恥ずかしいことに、我が家のおっさんはフランス語発音の「ポルトワイン」が分からずに「なにそれ?」とか言ってるし!!私はすでにくつろぎモードでえらいボロイTシャツにジャージのズボンといった格好でとても出て行けない。かみ合わないまま会話は終了。

戻ってきたアレ坊に「ポルトワインだよー」と言うと「え?ポルトワインのことだったの??げー!あんなまずいもののまねーよ」だそうで。

その後、アレ坊が「ねえ、ねえ、隣の家のエアコンが24時間つけっぱなしなんだけど」という。「なんでそんなこと分かるのさ?」と言うと、「ボイラー室からエアコンの室外機の音が延々としている。前の人たちはこんなことなかった。エアコンが故障してるのかな?」と心配そう。

韓国は電気料金が累進制なのだが、我が家は気をつけてるつもりでもどうしても魔の一線を越えてしまい、毎月膨大な額の請求書が届く。部屋数が多いし、家中にハロゲンランプが使われててこれが電気を喰うらしく、どうしようもない。大家さんに相談したら(大家さんはうちらの前にここに住んでた)、ハロゲンは使わずに蛍光灯だけで暮らしていたというが、蛍光灯ってヨーロッパの人、大嫌いなのよね。会社みたいだって。それに、蛍光灯は居間の真ん中にしかないから廊下は暗くなってしまうし。そんなこんなで結局電気料金をなかなか節約できないのです。

先週末、朝、ジムから帰ってきたアレ坊が「やっぱりエアコンのこと、話して来る」と隣の家へ。エアコンがずっと付きっぱなしのようだが故障したりしているわけではないのか?前の人はそんなに使っていた様子はなかったから少々気になって。と話を切り出していた。隣の奥さんいわく、暑くて暑くてたまらないんだそう。子供たちも各部屋のエアコンをつけているらしい。アレ坊が電気料金がかなり高いから気をつけたほうがいいと話すと、いい情報をありがとう、と言っていた。

でも、その後もエアコンは24時間稼動したまま。

その数日前、家具屋が隣の家にベッドを運び込んでいた。我が家は赤ん坊のタンスを探していて、先日アレ坊が知人にいい家具屋はないかとたずねたところ勧められたノニョンというところにある家具屋のトラックだった。その話をアレ坊から聞いた私のリアクション。「は??ノニョン??バカだねぇ。あんな高いところで買うわけないでしょ!!」ノニョンの家具屋はとにかく高いのだ。我が家のそばにイスというやっぱり家具屋が集まっている地域があるんだけど、こっちのほうがずーっとお手ごろ。そして結局我が家が買ったタンスは、近所のデパート(とは名ばかり。スーパーに近い。)で190,000ウォン・・・(14,000円)だって、転勤族はいいもの買っても仕方ないのよ。次の家で必要かわからないし、引越しのときに傷むし。

でも、隣はさすがに子供4人いるだけあって、すごい量のベッドが続々と運び込まれていた(笑)。

そして昨日、さらにまた高級家具会社のトラックがアパートの表に!隣人だった。

さらに、お抱え運転手さんもいるのね、このお宅。まあ、珍しいことじゃないんだけど。運転手さんつきってソウルでは。日本で運転手さん雇うっていったらすごーくびっくりだけどね。こちらは人件費が安いから。

うーん。格差を感じる。私はまだ一家とは顔を合わせていないのだけど、楽しみだなぁ。前の人たちみたいに仲良くしてもらえるとうれしいんだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バブリーだ。どんなお仕事なんだろう?

日本だけど、一人暮らしだけど、友達で24時間クーラーつけっぱなしの人がいるよ。本人が出かけているときも(旅行中も!)つけっぱなしらしい。温度というよりも、湿度対策らしい。湿度のせいで家具や電気製品が痛むのが怖いらしい。でもそんなことしてても電気代は一月4000円だというので驚いた。

旦那さんポルトワイン嫌いなの?!おいしいのにー。フランス語なまりのポルト、なんか想像つく・・・気が抜けた感じの発音?
2009/09/08(火) 12:17:06 | URL | Wakako #-[ 編集]
Wakakoさん
昔、一人暮らししてたときにハムスター買ってて、数日の外出の時はクーラーつけたまま出かけたなぁ。電気代高騰にびくびくしてたけど、たいしたことなくてホッとしたんだった。

湿度で家具・家電かぁ。日本で買ったものなら大丈夫そうだけどね。まあ、いいものだったりすると心配なんだろうなぁ。

隣の家は寝室5部屋あるからねぇ。居間とあわせてフル稼働したら6基!電気代かさむと思うなぁ。まあ、外資はたいてい光熱費も会社負担だから気にしてないだけかも。うちも経費で落ちるけど、ハンコ押す張本人がこんななので、ケチケチであります。

アレ坊は、洒落たものはダメなのよー。お隣さん、英語流暢だったんだけどね。肝心のポルトワインだけが「ポフトワイン」になっちゃってて通じなかったみたい。
2009/09/08(火) 18:05:54 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
>フランス

フランスは少子化対策に(今のところ)成功していますよね。日本はなかなか・・・。

>運転手さんつきってソウルでは。日本で運転手さん雇うっていったらすごーくびっくりだけどね。こちらは人件費が安いから。

韓国も、昔と比べると運転が乱暴でなくなりましたから、外国人も運転しやすくなったかもしれませんね。

それにしても韓国って、まだ人件費が安いんですかね。でもどのくらい続きますかね・・・。
2009/09/09(水) 23:54:46 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
Bill McCrearyさん
フランスは今、圧倒的に出生率高いですもんね。確かに手当が厚いのですが、やっぱりブームな感もいなめない気が・・・西欧各国はどこも似たような政策を打ち出してますが、フランスだけが飛びぬけて成功してるんですよねー。やっぱり、国民性とかそういうところもあるんでしょうか。

ソウルでの運転は、確かにいらっとすること多いですが、ルーマニアよりはいいかなー。道路に穴があいてたり、突然羊の大群がいたり、馬車がとぼとぼ走ってたりすることはないですからねー(笑)。もうちょっと譲り合いの精神があればスムーズになるのにな、と思います。

人件費、安いですねー。ファストフードのアルバイトなんて4500ウォン(340円)とかそんな感じです。アパートの管理人さんが月120万ウォン(9万円)とか。駐在員は本国のお給料がベースになってることが多いので、外貨に換算するとさらに割安感が高まりますね。それにしても韓国、決して物価は高くないんですけど。からくりがよくわかりません。
2009/09/10(木) 06:41:33 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/672-d178a8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。