気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あわや入院
お猿さん、また危うく入院でした。先々週の金曜日に突如発熱。熱は37.5度程度だったんだけど、ものすごくだるそう。幼稚園を休ませ、たまたま有給を取っていたアレ坊と一緒に病院へ。

病院について熱を測ったら39度。急だったので、いつものお医者さんは非番で私の苦手なお医者さん・・・

胸の音が少し心配ということでレントゲンを撮る。明日また来てください。レントゲンの結果はそのときに、と言うので「え?今日分からないんですか??」と言うと「うーん、分かるけど・・・1、2時間かかります」と言う。とりあえず1日分の薬を出すから、明日また・・・というお医者さん。

でも、でもね、いつものお医者さんだったら、レントゲン撮ったらそのまままた診察室に戻れば、PCで画像呼び出してもう診断つけててくれてるんだけど。どうしてこの先生だと1、2時間もかかるわけ????

そしたら、「それじゃあ、院内薬局で薬を出しますので、薬をもらったらまた来てください」と言われた。インフルエンザの検査はしたほうがいいのか?と聞くと、発熱してまだ間もないし、必要ないとのこと。

レントゲンを撮り、薬を待つ。待っていたら、小児科の英語を話せる看護婦さん(超いい人!!)が走ってきて、診察の準備ができていると教えてくれた。薬をもらってから・・・という話だったのに、どうやら先生が痺れを切らして看護婦さんに私たちを探しに行かせたらしい。「何度もお母さんの携帯に電話したんですが・・・」って、病院内は携帯OFFが常識でないの??びっくり。でも、おかげで看護婦さんは病院中あちこち探す羽目になっちゃったみたい。ごめんなさい。

診察室に戻ると、肺炎だという。とりあえず1日様子を見て、薬が効けばそのまま自宅療養、薬が効かなければ入院になります。と説明を受けた。ショック~。

その後、熱さましを飲ませ、もらった薬も飲ませてその日は静かに過ごした。午後、お猿さんはずーっとうとうとしてたんだけど、滝のような汗。本当にびっちょりになってしまった。でも、熱はすっかりさがり、ちょっと希望の光が。

翌日、なんと超ご機嫌!熱もないし、ご飯も食べられる。病院に連れて行ったら、まだ胸の音はするけど入院しなくていいって!あー、よかった。

それにしてもお猿さん、いつもの先生だと抵抗しないで口も開けるし、すごーく協力的。前の日は暴れまくって大変だったのに。担当の先生のほうが若いし、前の日の先生は変なマスク(変な柄の布を口の前に垂らしている。医療用のマスクではない。)してるし、怖いのかも。あっという間に診察終了!

その後も2日ほど、夜になると喘息の症状が出たけどひどくはならず、あっという間に元気になりました。抵抗力がついてきたのかな?このまま喘息も出なくなる日が来ることを切に願います!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
肺炎というてびっくりしましたが、大事に
至らなかったようで本当によかったです!
(><)
2009/09/18(金) 21:16:47 | URL | handapanda #-[ 編集]
handapandaさん
すぐに肺炎起こすんです~。なかなか影も消えなくて。だから、ぶり返しやすいんだと思う。早く体力付けて病院通いからおさらばできるといいんだけどねー。でも、今回は実質1日寝込んだだけだったからよかった!機嫌の悪い子供が家にいると大変だからね~。
2009/09/18(金) 22:32:43 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/682-3947b129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。