気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産秘話 その4-決断
自然分娩を希望するなら、病院はクリニックと提携している大学病院になる。さらに、その大学病院でも異例のことだから、逆子自然分娩の許可と、さらに外回転術を施術してくれた助産師さんの立会いを許可してもらわなければならない。それには少し時間がかかるかもしれないから、早めに決断するようにと先生からは言われた。

家に帰って、アレ坊と2人でひたすらネット検索。日本では、逆子の自然分娩は減ってはいるものの、経験豊富な医師の下であればさほど珍しいことでもないようだ。一番大きな頭が最後に出てくるので引っかかりやすく、ひっかかるとへその緒がぎゅーっと押されてしまって赤ん坊に酸素が届きにくくなる。その状態で時間がかかってしまうと、赤ん坊の脳にダメージが残ってしまう場合があるという。

それでは帝王切開は?赤ん坊のことを考えれば、帝王切開の方が安全であることは明らか。ただ、母体側を考えると、やっぱり帝王切開はリスクが高い。さらに、問題なく手術が終わったとしても、回復にはやっぱり時間が掛かる。

上に子供がいなければ、お腹の赤ん坊の安全を考えて帝王切開・・・と考えたかもしれないが、お猿さんのことを考えると、どうしても帝王切開に踏み切れなかった。お腹の赤ん坊が大事なのはもちろんなのだが、自分自身もとっても大事なのだ。一児の母として。私に何かあったら困るのよ・・・

ノルウェーでは、逆子でも70%は自然分娩だという。帝王切開で生まれた子供は喘息を発症する割合が高い、など、なかなか興味深いデータがあった。基本的にノルウェーは医療はタダで受けられる。妊娠・出産も同様。その代わり、コスト増大を防ぐためにさまざまな面での制限がある。帝王切開なんて、希望して受けられるものではない。そういった側面もあって、こういったデータが出てくるんだろうな。

考えて考えて考えた末・・・自然分娩を希望することにした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、
トロルくんご誕生おめでとうございます。
そしてご出産お疲れ様でした。
一度前の記事にコメントをしたんですけど、私のミスで、うまく反映されなかったみたいです。
帝王切開にはリスクもたくさんあるんですね~。
韓国は本当に帝王切開率が高いですね。
実際私の周りでも(韓国人も日本人の奥さんたちも)帝王切開で子供を産んでいる人がけっこういるので、
そんなもんなのか~と軽く考えていました。。。
何かしら理由をつけて帝王切開を勧めるっていうカンナムの有名な産婦人科を知ってます。。。こわいですね。
出産秘話の続きがとても気になります!

2009/10/23(金) 11:17:36 | URL | ☆ゆか☆ #-[ 編集]
☆ゆか☆さん
ありがとうございます!帝王切開、もちろんとても安全性の高い手術だと思うんですが、それでもやっぱり万が一、ってことは絶対にないとは言えないんですよね。手術自体はうまくいても、その後に炎症を起こして再手術、などといった話を周囲でたくさん聞いたので、できれば避けたいな・・・と。韓国は帝王切開の人がとっても多いから、いろいろそういう話が耳に入ってくるんですよー。

帝王切開の方が楽だと思ってる人が多いのにはびっくり!「自然分娩なんて、すごいねー」って言われたりしますよー。韓国の場合、分娩時間が長引くのが敬遠されるらしく(医者側の都合で)、すぐに促進剤、痛みが強くなりすぎて硬膜外麻酔、うまくいきめなくなって帝王切開、っていうパターンが多いみたいです。ワールドカップのときは帝王切開率が上がった(医者がゲーム見たいから)なんて話も聞きましたが、結構ただのうわさじゃなかったりして???
2009/10/23(金) 21:34:32 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/705-3eb25740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。