気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カオス
今日のソウルはまたもや雪。朝の時点で10cmくらい積もっていた。

お猿さんの幼稚園は今日から始業。帰省のため冬休みを他の子供たちより早くから取り、半月以上幼稚園に行っていないお猿さん。今日の登園を、昨日から楽しみにしていた。

雪が降ってるし、早めに外に出て遊ばせながらバスを待とうと家を出る準備をしていたら、バスに同乗してくれている先生から電話。雪のために、バスの運転手さんの出社が遅れており、バスの到着はいつになるかわからない、バスが来ることも確約できないとのこと。当のお猿さんは、窓から外を眺めて、「黄色いバス(幼稚園バスは黄色)まだかな?」とつぶやいている。

それじゃ、字便で車で送って行くかと考えたが、我が家からは通りの様子がよく見えない。そこで、すでに出社したアレ坊に電話してみる。「うーん、結構車も走ってるし、大丈夫じゃない?」との答え。幼稚園までは普段なら車で7~8分の距離。幼稚園に電話して、自分で連れて行く旨を伝えた。

我が家の車は4WDでタイヤはオールシーズン。冬はスタッドレスに変えてほしいと会社のドライバーさんにお願いしたのだが、韓国ではスタッドレスは一般的ではないらしい。オールシーズンだから問題ないの一点張り。気をつけて運転することにする。

ソウルは坂が多い。私の住んでいる地域はさほどきつい坂はないが、それでもやっぱりあちこち上ったり下ったり。ゆる~い坂をまったく上れず立ち往生している車があちこちに。それでも行きは20分かからず到着。普段より交通量が少ない分、かなりスムーズだった。

問題は帰り道。行きと同じルートだと、すり鉢状の急勾配を登らなくてはいけない。距離にして10メートルくらいなんだけど、道はカーブしてるしちょっと怖い。この通りは2つの車線が独立してて、行きに使った車線はゆるい下り坂なんだけど、帰りは急勾配になっちゃうのよね。そこを避けるべく、少々大回りをして帰ることに。

これが大きく裏目に出た。だらだらの長い上り坂があるんだけど、笑っちゃうくらいみんな止まってる。警察が出て押してあげてるんだけど、上り坂だからなかなかうまく動き出さない。くるくる回っちゃってる車も多くて、規制のためなのか、上り車線の坂が始まるところにパトカーが横向きに駐車してて、そのパトカーをよけて坂に入らなくてはいけないので、道路上の車はもうぐちゃぐちゃ。下り車線も上りの車が占拠しちゃってて、片側3車線の大通りなんだけど、でんでん虫のレースか?って感じ。坂の手前でぼーっとしばらく眺めていた。警察官が立ち往生した車を1台1台片付けて、ようやく道が空いたので走り始める。こんな雪の中なのに、バスは普段どおりの攻撃性で仕掛けてくる(苦笑)。恐ろしい。急な車線変更とか、本当に勘弁。そして、ノーマル履いてる車が次々と脱落。

ようやく坂を抜け、その後に大きな交差点でまたしばらく渋滞、やっと家に続く通りに入った。前の車がゆるい上り坂で動けなくなってしまった。立ち往生した車がいても、歩行者とか、アパートの管理人らしき人とか、見てるだけで押してあげたりは一切しないのね。管理人らしき人なんて、ガレージでタバコ吸って見てるだけなんだよー。私が押してあげれば?って話なんだけど、車に赤ん坊置いて出るのが怖くて、私もひたすら見守るのみ。雪かきしてるおじさんがいたんだけど、狭い通りの両側の雪を歩行者のためにどかしてるのはよいのだが、その雪を通りの真ん中に積み上げちゃってるものだから、前の車が突っ込んじゃって完全に動けなくなった。雪かきのおじさんがやれバックしろ、前進しろ、右に寄れ、左に寄れと指示を出し、やっと抜けられた。うちの車はSUVなので車高が高くて問題なし。

この雪の中、チェーンをつけてる車は1台も見なかった!!!私は、オールシーズン履いてるとはいえ、このタイヤでの雪道は初めてだったからチェーン巻くかな?と思ってたくらいなんだけど、ノーマル履いててチェーン巻かずに出かけようというその考えが信じられん!!!!まさにカオス。レッカー車をたくさん見かけた。

そんなこんなで、帰りは1時間以上かかった。はぁ。

お猿さんの帰宅、バスは出るのかな?雪はやんだみたい。もし、バスが出ないようなら、また渋滞にはまるのともらい事故が怖いから、地下鉄で迎えに行くことにします。

オランダも雪が少ないから、たまに降ると知り合いの北欧人はみな「オランダ人は雪道の運転を知らなくて、とろとろうざい!!」と嘆いていたが、ここでは「雪道の怖さを知らず、怖い!!」だわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よかったです
1日帰国が遅くて空港閉鎖なんて事態になっていたら最悪でしたから。

>この雪の中、チェーンをつけてる車は1台も見なかった!!!

ニューヨークに行ったとき、観測史上3番目(?)とかの大雪に遭遇してしまい、3日間足止めをくらうというなかなか貴重な体験をしてしまい(おかげで冬の米国東部は今でもトラウマです)、その時私が見た限りではチェーンを巻いている車なかったですねえ。そんなもんなんですかね。
2010/01/04(月) 20:01:37 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
Bill McCrearyさん
ほんと、よかったですよ~。1904年以来の大雪とか。

アメリカだと、スタッドレスとかオールシーズン履いてるのかもしれませんね。今日はさすがに皆さん懲りたのか、チェーン装着してる車が多かったです。

しかし、3日間足止めとは!!!帰国時ですか?お仕事とか大丈夫でした?
2010/01/05(火) 22:44:19 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
帰国時です
かなりヒンシュクを買うかなと職場復帰の日の足取りも重かったのですが、同僚は笑って迎えてくれました。今にしてみれば心の広い職場です。

あと帰国時で、もう一回ブダペストでアエロフロートが突然欠航してしまい、帰れなくなりそうになりました。このときは職場に始末書くらいは提出かなと覚悟したのですが、けっきょくブダペスト→フランクフルト(ハンガリー航空)→東京(全日空)でなんとか帰国できました。が、フランクフルトではオーバーブッキングだから乗れるかどうかわからないと脅されて、さすがにうんざりしました。しかし私と友人と見知らぬ日本人男性2人の合わせて4人とも無事に予定通り帰国できました。ついでながら全日空では席がアップグレードされたから、かえってよかったかも。

Rieさんは、このようなやばい経験はありましたか。
2010/01/07(木) 19:24:32 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
Bill McCrearyさん
不可抗力ですもんねー。私は結構飛行機乗るほうだとは思うんですが、いまだに大きな遅延や欠航にあったことはないんです。ラッキー!!子連れでそんなことがあったら本当に大変だろうなぁ。昔は常に手荷物に1泊できる準備をしてましたが、液体物の規制ができてからはなかなか。子供のものは、1晩越せるくらいの用意はしてるんですけどね。
2010/01/08(金) 00:03:40 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/731-0ed8681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。