気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お猿さん語録
猿「なんだこれ。」←ひどくぶっきらぼうなんですが、どうにも直らない。私が言うんだろうな、きっと。これなあに、とか言ってほしいんだけど。
母「切手だよ。お手紙出すときに貼るの。」
猿「切って貼るの?」
母「ううん、切って、じゃなくて切手っていうんだよ。」
猿「切って貼るの?」
・・・エンドレス

切手と切ってはイントネーションが違うんだなぁ。お猿さん、イントネーションかなり怪しいから。もしかしたらちゃんと聞き分けできてないのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あんなかわいい顔して「なんだこれ。」、めっちゃうける。

切手説明難しそうー。でももうそんなにお話できるんだね。なんだか不思議だわ。
2010/01/19(火) 16:40:42 | URL | Wakabun #-[ 編集]
Wakabunさん
こっちにいると、日本語のインプットが私からのみでしょ?お猿さんの言葉遣い、いらっとさせられたりするんだけど、それって私が使ってる言葉遣いなんだよね~。はぁ。反省。たどたどしいけど、いろいろおしゃべりするようになったよ。独り言とか聞いてるとおかしいよ~。
2010/01/20(水) 09:25:37 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
同じことを前も書きましたけど
日本語のイントネーションて、わからないとほんとわからないですからね。難しいですよね。

スウェーデン語の例のイントネーションも、英語ネイティヴはものすごく苦手らしいですからね。日本人はアクセントの言語や声調言語は苦手ですよね。

ちなみに私、以前フランス語を話したら、ある人から「いやあ、あんたのフランス語はアメリカ人のフランス語みたいだなあ」と言われました。ほめられたのかどうかわかりまへん。
2010/01/21(木) 22:56:40 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
Bill McCrearyさん
日本語のイントネーションは高低アクセントって言うんですけど(実は学生時代の専門が言語学関係です)、強弱アクセント話者にはなかなか難しいですよね。あとは、日本語はモーラ言語といって、語の区切り方が英語なんかとは違うんです。日本語の場合はチョコレートはちょ・こ・れ・-・と、と5拍なんですけど、英語話者がこれを聞くと、ちょ・こ・れー・と、と4音節に捉えるので、日本人が聞いたときに、ちょっとつっかかる、というか、外国人なまりに聞こえるんですよね。切手なんて単語も、促音が入ってるから、日本人ならき・っ・て、なんだけど、英語話者はきっ・て、になってしまって、きっの部分が短くなってしまうんです。アレ坊なんて典型的なので、長音、撥音、苦手ですね~。

うちの娘は、外来語のお尻にはきちんと母音を付加するんですけど、それがきちんと日本語のルールにのっとってて、なかなか面白いです。韓国語だと、日本語とはだいぶ異なるので。

アメリカ人のフランス語・・・フランス人に言われたんですか?どんなたとえなんでしょう。フランス語、いつかはまたやってみたいと思いつつ、まったく手を出してません。動詞の活用を考えると腰が引けて・・・
2010/01/22(金) 23:48:59 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/739-a0f8413f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。