気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての緊急治療室 in ノルウエー
トロルくんが風邪ひきました。先週金曜日、お猿さんを幼稚園に送っていく乳母車で寝てしまったトロルくん。2時間ほどして起きたトロルくんを抱き上げると、熱い!!熱を計ると38.7度。

抱っこしていると、呼吸がものすごく速いのに気づく。喘息の気があるトロルくん。これは嫌な予感。

ただ、喘息独特のゼーゼー音は聞こえない。そういう時って肺炎だったりするんだよなぁ←お猿さんの得意パターン

急いでアレ坊に電話。

ノルウェーでは、一人ひとりがその土地に担当医を持てる。どんな病気でも、まずは担当医に診てもらい、必要があれば専門医や大病院に紹介してもらう。トロルくんにも担当医がいるんだけど、まだ会ったことない。そもそも担当医の予約って通常いっぱいで、朝一で電話しないとその日の予約なんて取れない。

この時点ですでに11時。担当医に診てもらうのはあきらめ、緊急治療室へ向かう。

どんな所なんだろうと少々不安だったんだけど、想像以上に設備が整っている。韓国の緊急治療室と遜色ないかも。でもたぶん、レントゲンはないんだと思う。

まずは採血。これが、普通に注射で抜くんじゃなくて、糖尿病の自己管理の血液検査みたいに、指先に小さな針をさしてそこから血液を採る。看護婦さんは「あら、指が冷たくなっちゃってるじゃない~」と言いながら処置を始めたんだけど、まあ、絞る絞る!!!結構な量血液が必要みたいで、泣き叫ぶトロルくん、絞り続ける看護婦さん。これなら、普通の注射針のほうがよっぽどいいよ・・・

ソウルとは違って他に患者はなく、すぐに診てもらえた。先生は南のほうの訛りの強い若者。こういう僻地には、若いお医者さんが飛ばされてくるのです。

先ほどの採血ですっかり取り乱してしまったトロルくん。泣きわめいておさまらず、胸の音を確認してもらえない。先生一度退出。どうなだめてもダメなので、最終手段、おっぱい登場。やっと静かになった。

再び呼吸音などをチェックしてもらい、血液検査で細菌感染がなかったこと、胸の音もさほど悪くなかったことから、病院(ここから車で2時間)への搬送は必要ないだろうという結論に。ホッ。ついでに手のやけども診てもらい・・・こちらは塗り薬をもらいました。

ここからがさすが北ヨーロッパ。細菌感染がない→ウイルス性の風邪→これに効く薬はない ので、薬の処方はなし。韓国だったら間違いなく抗生物質出てたなぁ。せめて、痰を出しやすくする薬とか欲しかったけど・・・そういうのもないのね。はい。加湿器かけます。

翌日、すっかり元気なったトロルくんだったのですが、日曜からまたゲホゲホ。結局月曜の夜中にまた呼吸が速くなってしまい、喘息の薬を投薬してもダメで、夜中に緊急治療室へ再度GO。ここでは、呼吸器系の薬を出してもらいました。

相変わらず咳がよくならないトロルくん。今日は、喘息に対する今後の治療方針を相談するために担当医に予約を入れてあったので、お昼前に行ってみました。微熱もあったんだけど、着いたころには乳母車で爆睡のトロルくん。お医者さんはなんと、「よく寝てますね。呼吸も大丈夫だし。」と、指一本触れることなく診察終了。え~、そんなものですか・・・

懸案だった喘息は、吸入薬を出してもらうことになりました。これは今までにも使っていた薬なので私も心構えできてて問題なし。

あっけなく終わりました。

この担当医はデンマーク人。多いのよね。外国人医師も。最近お産した友達は、産婦人科医だか助産師さんだかがロシア人で英語話せない(彼女自身もノルウェー人でない)と嘆いてました。

思いがけず、ノルウェーの医療制度をたんまり利用させてもらった1週間となりました。ちなみに診療費、薬は原則無料ですが、救急治療室での薬代は自腹です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お大事にね
りえちゃん、大変だったね。
前の日記を読んだら火傷のこともあったし。
医療については私もオランダにいたから(そちらはそれ以上?)何があってもびっくりしないけど、ドイツは反対に何でもすぐ病院、しかもプライベート保険だとお医者さんぼったくりの請求をされます。どうせ戻ってくるお金だとしてもちょっと府に落ちない・・・
でも、オランダ生活に慣れてるからか、熱があっても三日間様子見です。生姜シップと梅干ペーストで気管支炎も薬なしでクリアしました。医者に簡単にかかれないシステムであったら民間療法も覚えておくと多少の病気には心強いと思う。私は東城百合子さんの「自然療法」が分かりやすくて使っています。おすすめ!お互い頑張ろうね。
2010/11/23(火) 06:24:35 | URL | makiko #-[ 編集]
makikoさん
ありがとう~。ドイツはすぅぐに病院!なのね!!!びっくりー。場所的に、オランダ、ノルウェーと同じ感じなのかと思ってました。ぼったくりの請求って・・・金額って決まってるものじゃないの?すごいー。うちの子たちは喘息があるので、呼吸が苦しくなると見てても本当につらい。喘息は突然死にもつながるらしくて。発作はたいてい夜に起こるし。なので、緊急治療室とはもうしばらく縁が切れなさそうです。

自然療法と言えば、どこかでそばのはちみつがよいと聞いて上の子に飲ませようとしたんだけど、甘いもの嫌いで一口も飲まなかったのを思い出した!ノルウェーでは、「外気に触れさせるのが一番!」なので、トロルくんは毎日お外でお昼寝です(笑)。
2010/11/24(水) 06:15:33 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/807-38320f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。