気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルタは遠かった・・・(その1)
帰ってきました、ノルウェー。でも、一筋縄ではいきませんでした・・・

6月7日
午前6時に自宅を出発。6時半発の空港バスで成田へ。今までは、前日に成田入りし、ホテルに泊まっていたのですが、

・荷物をすべて前もって宅配便で送らなくてはならない→1万円近い出費
・空港まで送迎のあるホテルでも、朝の出発はばたついてあまりゆっくりはできない
・成田→コペンハーゲンのフライトで、子どもたちの普段寝る時間20時頃が、機内の消灯時間が終わって明かりがついて朝食が出る頃と重なってしまって、その後のフライトがきつくなる

などの理由から、当日バスを使ってコスト削減&子どもたちを疲れさせて成田→コペンフライトで早めに、ゆっくり寝てもらう作戦に変更しました。

バスは滞りなく。フライトの2時間半ほど前に到着し、一つだけ宅配便で送ってあった荷物を回収(空港バスは、1人1つしか荷物を載せられないのです。トロルくんの分もチケット購入したのですが、荷物が4つになってしまったので)。成田のカートは小さいので載せきれなくなってしまいましたが、ありがたいことに宅配サービスの従業員の方がチェックインカウンターまで運ぶのを手伝ってくれました。大感謝!!

SASのカウンターは少し混んでいて待ちましたが、2時間以上の余裕を持って順番が回ってきました。SASは預け入れ荷物は1人1つまでなので、1つは追加料金を払わなくてはいけなくて、その手続きが結構時間かかるので、この時点で2時間あるのはうれしい。

ところが、システムがダウンしてしまったと言われ、しばし待たされる。が、復旧しそうな様子がない。その間に、超過手荷物の処理をすることになったのですが、荷物のうち、1つが23kgを超えてしまっていて、23kg以内に収めれば40ユーロで済むところが60ユーロになってしまうとのこと。23kg未満の荷物もあるので、荷物を入れ替えてすべて23kg以内に収めればOK。ちょっと試してみたのですが、片方はダッフルバッグ、片方はソフトスーツケース。形状が違いすぎて、入れ替えも難しい。空港内は節電の影響か空調も弱く、あっという間に汗だくに!!

「いいです、あきらめます!」と、潔く宣言。

どうやらシステムは復旧したようだけど、私がいたカウンターのコンピュータは使えないままのよう。別のカウンターに案内してもらえることになったのだけど、なぜか横入りされてしまい、タイミングを何度も逃す。どうも、担当の女性が強気に出られないみたいで、並んでいる別のお客に頭を下げまくっていて見ていてかわいそうになってきた。

ようやく私たちの番。もともと担当してくれていた気弱な女性は、このカウンターの女性よりも立場が下みたいで、荷物の説明とかしてるんだけど、「え?」「は?」とか言われちゃってますますかわいそう。さらに「超過手荷物は本来60ユーロなんですけど、お待たせしてますし40ユーロで・・・」と提案してくれたのですが、ばっさり却下されたよう。私のところに来て「スーパーバイザーと相談したのですが、申し訳ありませんが60ユーロで・・・」とさらにペコペコ。いたたまれない気持ちになっちゃった。いいですよ、払いますよ。

やっと搭乗手続きが終わり、追加手荷物の料金支払いへ。伝票がすべて手書きなので、3便乗り継ぐ私たちの伝票書きはとてつもない時間がかかる・・・書いているお姉さんも大変だろうけど、残り時間が刻々と減り、子どもたちにご飯を食べさせ、遊ばせて疲れさせたい私のもくろみも外れていく。

やーっと支払い完了、レシートを持って再度SASカウンターへ。と思ったら、お猿さんが「うんち~」。トイレ経由で、ようやく搭乗券を手に入れた!

セキュリティチェック、パスポートコントロールとつつがなく越え、よかった、あと1時間半ある。

お猿さんがアイスクリームを食べたいというのだけど、なかなかアイスを食べられるお店がない。マクドナルドがあるので向かうことにしたが遠い!!やっとたどり着き、アイスとハッピーセット、私のお昼も買いこんでベンチで食べる。ハッピーセットは2人とも手をつけなかったけど、そろそろ搭乗時刻。チェックインが遅れていたから、フライトも遅延かな?という気はしたけれど、周りに全然モニタがなくて状況が確認できないのでゲートへ向かう。ゲートのすぐ直前でモニタを見たら、やっぱり!1時間の遅延。

今回、SASのフライトスケジュール変更で、コペンハーゲン、オスロでの乗り継ぎ時間がとても短くなってしまった。コペンハーゲンは1時半、オスロは1時間(ここではチェックインしなおさなくてはいけない)と、子連れにはかなり厳しいのだけど、その上に出発が遅れたら・・・

まあ、心配しても仕方ないので、プレイルームに行って子どもたちを遊ばせる。ついでに、行きのバスで奥の手としてすでに使ってしまったノートPC(DVDを見せた)を充電させてもらう。掃除のおばさんが来たので、充電を注意されるかと思ったけど、何も言われなかった。

1時間遅れの搭乗時刻。ゲートに行くも、まだ搭乗は始まっていない。子どもたちにおにぎりを買うのを忘れていたことを思い出し、あわててお店へ。お猿さんはチャイルドミールが好きではないし、トロルくんはまだ座席がないので、頼めるのはベビーミール(どろどろの瓶詰めの離乳食)だけなので、食べ物は自分で用意するのが一番なのだ。

搭乗開始。その後は離陸までさほど時間もかからず、この分なら遅れを取り戻せるかな、と淡い期待を胸に抱きつつ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SAS...
システムダウン、、SAS、大丈夫なんかいなって感じですね。
お子様二人連れで荷物の入れ替えとか遅延とかシステムダウンとか、本当に大変だったことと思います。お疲れさまでした。

ところで秋の日本行きを予約して、バシネットも電話でお願いしたのですが、確認のメールが全然来なくて大丈夫なのか?と少し心配してます。こちらから「まだメール来てないですけどちゃんと処理されてるんでしょうか?」と問い合わせたら「リストには入ってるしまだ時間に余裕があるので待って下さい」と言われたのですが、通常そんなに待たされるのか?と不安になりまして。(だって航空券取るのと同じようにその場でオペレーターが処理すれば済む話、と思ったので)これで取れてなかったら悲しい。。そして子供が生まれた後の名前と生年月日変更も電話でやらないといけないのでちゃんとやってくれるのか不安。。その辺ご経験ありましたらアドバイスいただけると嬉しいです。
2011/06/13(月) 13:19:06 | URL | hellefoss #Pe0og0Jg[ 編集]
hellefossさん
この日はSAS、バッタバタでしたよー。疲れました。

上の子は里帰りして産んだので、生まれてから帰りのチケットを購入したのです。私は往復チケットだけど子は片道なので。生まれてから出発まで日があるから、出発の少し前、余裕を持って連絡しておいて、出発1週間くらい前に再度確認してみると安心かも。

チケットはもう手配したということだよね。もしそうでないのなら、私みたいに生まれてから大人のチケットに幼児をつけたしもできるはずなので(料金は、大人のチケット価格に準じる)、それでもいいかも。

バシネットは、確認の連絡など、もらったことありません(笑)。SASに限らずどんなキャリアでもないなぁ。バシネットってあくまでも「リクエスト」らしくて、システムに入力してそれで終わりらしいんですよ。だから、航空会社側としても確約はできないんですって。バシネットは、当日のチェックイン時に再度確認必須です!そこで「リクエスト入ってますね」と言われ、さらにスクリーン前の席だったら大丈夫なはず。

あと、離乳食はもう少し先になるけど、知らない人が多いみたいなのでアドバイス。2歳までは幼児チケットで乗れるけど、もらえるご飯は離乳食中期程度の瓶詰めのもののみ!もうすぐ2歳の子どもにこんなもの!!とお怒りのお父様、お母様をよく見かけます。それに、どんなものが出てくるかは分からないので、子どもの食事は持ち込みが一番安心。

他にもなにかあればどんどん聞いてくださいね~。子連れ旅行の経験だけは豊富です!
2011/06/14(火) 07:16:38 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
ありがとうございます☆
チケットは私と息子の分を同時に手配しました。今回のマイルを使った手配、ネット上でできたので、1Voksen, 1spedbarnにしてそのまま手配してしまったんです。
でも後から手配して「料金は、大人のチケット価格に準じる」って、、、2歳未満ってタダ同然じゃなかったでしたっけ??

バシネットはそういう仕組みだったんですねー、納得。ならなんで確認のメールが来るなんて言われたんだろう。。最初に頼んだオペレーターも確認したオペレーターもわかってなかったってことかしら。。大丈夫か、SAS。。

お食事のアドバイスもありがとうございます!SASの機内食、最近レベル落ちてるから大人ですら手弁当必須な感じなのに子供の分まで必要とは(笑)。でも子供はガマンさせられないし、少なくとも子供の分は必須ということですね。

お言葉に甘えてまた疑問があったら伺います!
2011/06/15(水) 04:20:11 | URL | hellefoss #Pe0og0Jg[ 編集]
hellefossさん
infantは同伴する大人のチケット価格の10%かかるんですよ。それと税金、燃油サーチャージです。

バシネットのメールの件はよくわかりませんが、おそらく、システムに入力すると自動返信とか、そんなことじゃないかな?「予約してもらえましたか」とか聞くと、「リクエストは受け付けました」って返されるのが常です。

あ、あと、これ、裏技(?)ですが、2歳未満の幼児チケットは、往路が2歳になってなければ復路が2歳でも、往復幼児チケットでOKなんですよ!うちはこれで、次回は息子が2歳になる直前にノルウェーを発って旅行代を浮かす予定です。
2011/06/15(水) 06:56:32 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
なるほど
大人のチケット価格の10%、なるほどそういう意味で準ずる、ですね。勘違いしました。今回は確か二人分で500NOKくらい取られたんだと思います。内訳ちゃんと見てみないと。。多分マイレージの特典旅行発券にも手数料取られてるはずだし。でもそうすると500NOK以内に大人一人往復の10%相当分+税金、サーチャージが含まれてるって、、そんなに普通に買ったら安かったかな?という気もしないでもないですね。。

裏技、いいですね!2年後の夏に帰省するとかなら使えそう☆覚えておきます~
2011/06/15(水) 12:39:09 | URL | hellefoss #Pe0og0Jg[ 編集]
hellefossさん
いえいえ、私の書き方が悪かったですね:-) 格安航空券とかだと、基準となる大人の航空券価格が正規の価格だったりすることがあるみたいで、幼児料金がべらぼうに高くなることがあるらしいですよ。こっちにいると、基本航空会社で直接予約だから心配ないけど、日本だとねー、幼児料金10万円とか言われてびっくり!みたいなことがあるらしいです。

大人の10%なので、チケット価格は大したことないんだけど、サーチャージが高い時期はがつんときますね。そして、2歳を過ぎると、どかんときます。
2011/06/15(水) 16:18:54 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/890-d258841d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。