気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金のかかるシーズン到来
寒くなってまいりました。寒くなると必要なのが・・・防寒具。特に子どもたちは、去年のものは小さくなってしまっていたりと、買い足すものも多く大変です。

ウールの下着は定価だと上下それぞれ150クローネ(2,000円)くらい、ウールのセーターとズボンはありがたいことにおばあちゃんが編んでくれます(毛糸代は・・・上下で軽く1万越えでしょう!!)。

アウターはドレスといって上下つながっているものを使っていて、こちらが1,000~1,500クローネ(14,000~20,000円)程度。冬用の長靴は、私の気に入っているメーカーのもの(軽い)は399クローネ(5,500円)ですが、今年は妥協して2番手のメーカーのバーゲンで2足(2人分)299クローネ(4,000円)でゲット!

さらに、防寒靴も必要になりますが、こちらは600~800クローネ(8,200~11,000円)。

帽子や手袋などは、毎年買い換える必要はありませんが、買うとなると400クローネ(5,500円)とか。

うちは上下で性別が違います。申し訳ないが、お猿さんにピンクは買ってあげられない!!お古にまわせない色は厳禁です!!!不憫に思うおばあちゃんが、ときたま女の子色を買ってくれます(笑)。

セールになるものは、前の年のうちに買っておきます。そんなの当たり前!って思うんですが、意外とこの国の人はそういう考えがないみたいで、シーズンに入ってから定価で買ってるんですよね~。あまり節約意識がないんでしょうか。

これが毎年繰り返されるのですから・・・寒い国はお金が掛かりますね~。常夏だったら被服費、どんなに安く上がることでしょう!!!

もちろん、もっと安いものもありますが、品質もそれなり。冬でも外でたっぷり遊ぶので、防寒性が最重要。幼稚園側からも、「これでは寒い」「こういうものを買うとよい」とチェックが入ります。

さらに、今年はトロルくんにスキーとスケートを買うことになるだろうし、そりももう1台必要になるし、ウィンタースポーツも安くないですね。海で遊ぶなら水着があればOKなのに!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ここボゴタは、年中結構寒くて、セーター着てます。太陽が出ると温かくて気持ち良い、でも家の中は寒いからフリース着てます。
四季が無いから、本当に被服代が安くつくよ。秋冬服を年がら年中着れるから、子供服も長く着れるの。

乙な感じはないけど、この季節感の無い気候、慣れると非常に便利です。

防寒服、本当に大変よね。しかも高いし・・・。
2011/09/20(火) 13:01:54 | URL | banana #nkhZjock[ 編集]
bananaさん
ボゴタ、そんなに寒いんだ!標高、高いもんね~。

こちらは、夏はめちゃくちゃ短いくせに結構暑くなるから(というか、ここぞとばかりに夏らしい服を着て夏を謳歌したがる)、なんだかんだで四季それぞれの服が必要。

去年なんて、その前の年のバーゲンで夏服買っちゃってたから(当時はソウルにいて、まさかノルウェーに引っ越すとは思わなかった!!)、ほとんど着ないままに終わってしまった服があってもったいなかったよ~。

コロンビアで買い物とかするの?しないんだろうな(笑)。アメリカでいっぱい買ってきたって言ってたもんね。みんな、どんな格好してるんだろう?

ここに、コロンビアから引っ越してきた人がいるんだよ!でも、彼女はスペイン語しかできないから会話が成立しない(笑)
2011/09/23(金) 18:27:44 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/906-4597edea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。