気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚式
ノルウェーから帰ってきて中二日で、またまたノルウェーです。今回は、結婚式。兄さんの子どもの頃からの友達です。ちなみに、このErikは、日本にも遊びに来たことがあるので、私も知ってます。お医者さんです。

で、Erikの家族なんですが、お母さんがキリスト教のある宗派に属していて、子沢山なんです。というのも、避妊が禁じられているから。Erikには弟3人と妹1人がいます。

そして、この結婚相手も、信仰心が高い地域として有名なクリスチャンサン出身。Erikもここに住んでいます。写真送ってもらったんだけど、かわいい彼女。実物もかわいかったです。

が。この結婚式、信仰心のない私と兄さん、さらに兄さんとErikの友達たちにはちょいと不思議なものでして。

まず、式も結構長かった。式の最中に、ワインとパンを食べる儀式もありましたよ!

その後のパーティーでも、賛美歌とお祈りがいっぱい。新婦のおじいさんからの『祝福』とやらもあったりして、これが私にはちょいと仰天モノで。クリスチャンサンの皆さんは、おじいさんが新婦の肩に手を置いてお祈りをしている最中に、片手を空中に浮かせているんです。これが、一時期、よく駅なんかで「あなたの幸せをお祈りさせてください」と言って近づいてきた、あの方々にそっくりで・・・

ちなみに、うちの父親は「この手の人たちに声を掛けられて困る」といった娘(あたし)に対し、「500円でならいいよ、って言えば」と助言をくれたツワモノです。

と、こんな感じで、宗教色満載の結婚式だったんですが(ケーキの上にも、新婦側の宗派のトレードマークが!!!)、北出身の新郎側友人にはあまり面白くなかったようで・・・

というのも、新婦のお父さんはお医者さんで、かなり裕福なご様子。で、それがご自慢なのです。さらに新婦は昔、ミス・ノルウェーの最終選考に残ったとかで、もう、お父さんとしちゃぁ、自慢の娘でかわいくて仕方がないんですね。

で、式も地元でやったもんだから、なんだか、もう、新婦側のパーティと化してしまって。スピーチやら歌やらも延々と続くのですが、これが見事に新婦側のゲストのみ。新郎へのスピーチは、クリスチャンサンに住んでいる友人1人だけ。この内容も、Erikがいかにガールフレンドを欲しがっていたが、毎回うまくいかなかったか、を面白おかしく話したもの。昔からErikを知っている北側にとっては、ガールフレンドができない理由が、本人のシャイなところと信仰心の厚さから来ていることをよく知っているので、こんなスピーチで笑えるわけもなく・・・実際、Erikは途中から、勘弁してくれ・・・と言う表情でした。実際、途中で、もういいよ、とさえぎったし・・・もちろん、Erikの両親は何ともいえない表情で・・・

その点、新婦側のゲストのスピーチはすごかったですよ。彼女がいかにかわいくて、途切れなくボーイフレンドがいて、それも毎回めちゃくちゃかっこいい人で・・・みたいな、ガールズトークそのままのスピーチばかり。

さらに、みんなで歌を歌いながらするゲームがあったのですが、それがすごい。歌は、「お客さん、お客さん、みんな立って! めがねを掛けてる人、めがねを掛けてる人、みんな立って!」みたいな感じで、該当する人が椅子から立ち上がるんですね。その中に、「お金持ち、お金持ち、みんな立って!」ってのが2回もありましたからね。もちろん、新婦側の家族は満足そうに立ち上がって微笑みを浮かべておりましたとさ。

さらに、演出の一つとして、新婦の弟がパーティー中に「あ、今SMS(携帯メール)が入りました。ちょっと読んでみましょう。」と言って、Erikと新婦(Elisa)のSMSのやり取りをパロディにして読み上げるのですが、これまたすごい!!!新婚初夜と絡ませた、どぎついものばかり。会場には子供もたくさんいるのにぃぃ。っつ-か、子持ちですからね。新婦(28)。

なんか、この、新婦側の信仰心の厚さと、新郎側の信仰心の厚さってのが、まったく違った方向を向いているんですよ。

新郎側にとっちゃ、思い切った決断だったと思いますよ。シングルマザーと息子が結婚するって。息子はかわいかったけどね。9歳か10歳くらいかなぁ。そうそう、新婦はエステ店経営。だからお友達もかなり派手で、背中が丸開きのドレスとかみんな着てきてて、「えー!そんなので教会に入るの?」と思ったのですが、それでもみんな、祝福の言葉の時には片手を宙に浮かせたりしてて、そのギャップが・・・

ちなみにこの2人、出会ってからまだ1年も経ってません。結婚しないと一緒に住めないので、こんな寒い時期に結婚式を挙げたってわけ。はっきりいって、非常識なシーズンらしい。実際、辛かった!だって、寒いもん。

ゲストやら家族やらに、「トナカイ何頭持ってんの?」とか聞かれたりして(もちろん、向こうはジョークのつもり)、やっぱり北側にはちょっと、むーん、という感じの結婚式でした。この南vs北の対立はどこにでもあるもので(まあ、よくある、田舎モノを馬鹿にする、ってやつですな)、お酒が入るとケンカになることもしばしばだとか・・・

あ、今回は

アルコールなし

の結婚式でしたので、大丈夫でしたわよ。おほほほ~。しかし、酒なしで、夜中3時まで盛り上がれる彼らって、すごい。北側は、1時ころおいとましました。

ちなみに、会場はキリスト教系の団体の持っている合宿所。部屋にもトイレにも、いたるところに聖書からのお言葉が刻まれておりました。

と、まあ、なんだか大変な結婚式でしたが幸せな家庭を築いていただきたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひょえー、うわっ、すごい! と思いつつ読んだのですが、やっぱり一番驚いたのは「アルコールなし」というところです! 
わあああん、私にはアルコールなしの結婚式なんて耐えられません! でもほんとに、それで3時まで盛り上がれるとはすごい! ううむ、デンマーク人には、もしかしたら無理かもしれません!!
2006/02/20(月) 03:50:32 | URL | さちー #-[ 編集]
さちーさん
すごいでしょ!すごかったです(笑)

アルコールなしって、辛いですよー。サイダーでお腹ぱんぱんになってしまいました。事前に知らされていたのでいいんですけど。それでも、えらい陽気に騒ぎまくっていた新婦側には恐れ入りました。実は隠れて飲んでたんじゃ??なんて、いえいえ、そんなことあるわけないですね。

デンマーク人は飲兵衛ですが、実は、ノルウェー人のほうがお酒にまつわるエピソードは多いんですよ!と言うのも、普段飲めない分、飲めるとなると飲みすぎてしまうから・・・悲しい・・・

結婚式で飲みすぎちゃってつぶれる人続出、ってのが、典型的なノルウェーの結婚式みたい(典型的、ってのは言いすぎかな)。普段、飲みたくても飲めない人のタガが外れると、恐ろしいみたいですよ~。
2006/02/21(火) 03:06:08 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
暴走新婦
はろーRieちゃん。なんかうっかりこっちに遊びに来るの、忘れちゃった。何でかな。
お嫁さん、元気そうだね。すごそうだね。バイタリティが文面からむんむん伝わってくるよ。あはは。

いやぁ酒なしで3時までって本当にすごいね。私もそういう結婚式、アメリカで出たことがあるんだけど、そりゃ驚いたよ。敬虔なクリスチャンのお式ってすごいよね。日本の商業的キリスト教結婚式が申し訳なく感じちゃうぐらい。ま、それはそれでありだと思うけどね。

ほんと、平凡ってありがたいことだよね~(笑)。
2006/02/23(木) 23:58:23 | URL | どり #-[ 編集]
どりちゃん
ほいほい!

お嫁さん、元気だったよー。仕切ってたし。しかし、いろいろと自分たちで用意しないといけないし、ご祝儀はもらえないし、ノルウェーの結婚式は大変だぁ(ノルウェーに限らないけど)。

酒なしで3時ってすごいでしょー。みんな、踊ったり騒いだり、ぜーったいおかしいって(笑)。あたしゃ、酒なくても眠くなっちゃいました。

あんまり宗教に関する知識がないんで、いい機会だからいろいろ調べてみようかと思ったよ。小さなことにもみーんな意味があるでしょう、きっと。ま、今回はちょっと特殊な宗派だったみたいだから、また別かもしれんが。

平凡万歳だよ、ほんと。
2006/02/24(金) 07:36:01 | URL | Rie #3jISyIMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitomo.blog19.fc2.com/tb.php/97-2b20c456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。