気まま生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出張=家族旅行
今日から4泊の出張なのだが、荷造りが面倒。

そもそも、今回の出張には、船上での撮影やオフィスでの打ち合わせなど、海から陸まで、極寒からポカポカまで、幅広~い装いが必要。

そして!留守の間の子どもたちの衣類も用意しなくてはいけない。

もちろん、アレ坊に任せてもいいのだが、この男、女児の衣類というものにまったく疎いのだ。ほうっておくと、哀れお猿さん、とんでもない格好をさせられてしまう!

さらに、この日曜日には誕生日会に呼ばれているし。ちゃんと用意してやらなくちゃ。

でも、髪の毛が困るんだなー。もちろん、アレ坊は結べない。なんと、ノル母も結べない(娘がいないので分からないらしい)。

幼稚園があるときには、くしとゴムを持たせて、幼稚園の先生にやってもらうんだけど、今回は週末はさむからなー。

ぼさぼさ頭でドレス着てパーティー行くかと思うと、ちょっとかわいそう。帽子でもかぶらせる???

というわけで、私一人の出張なのに、まるで家族旅行かの下準備が必要になるというお話でした。

早くお猿さんが自分で着るものを選べるようになるといいなー。この人にお任せすると、全身ピンクとか、これまたとんでもないことになるので・・・
お猿さん4歳8ヶ月、トロルくん1歳11ヶ月
アルタはすっかり初冬ですが、2人とも体調を崩すこともなく元気にやっております。

トロルくんは明日がお誕生日。2歳になります。

言葉は・・・全然。

前回から増えてるのは、

night-night(おやすみなさい。こう聞こえるんだけど、誰もそんなこと言わないから(これは英語)、おそらくノル語の「god natt(グノット)」を言おうとしてるのではないかと推測)

くらいでしょうか。ノルウェー語のバイバイ「Ha det(ハデ)」を1度だけ言いましたが、それっきりで、また「バイバイ」一辺倒です。

こちらの言うことはよく分かっていて、「これゴミ箱捨てて」「そっちじゃないよ、反対の扉を開けて」「そうそう、そのゴミ箱に捨てて」などという指示にも従えます。

しかし、しゃべらない(笑)

トイレも、行く気もないし、しても教えてもくれません。この夏ではまだオムツ、外れないかな?

変なところにこだわりがあり、服を着るのが嫌なくせに、着たものは脱ぎたがりません。数日前からこの症状がひどくなっており、幼稚園に連れて行ってジャケットを脱がすと怒り狂い、ジャケットを手に持ったまま離しません。家に帰ってきても、しばらくはジャケットを持ったまま遊んでます。

かなりのおちゃらけ者です。お風呂の際に、おちんちんを股に挟んで女の子になってはしゃいでいたのには引きました。あとは、変顔。

最近の得意技は、寝たふり。「おやすみ」と言うと、「ガーゴー、ガーゴー」といびきを立てる真似をします。でも、目は開けたまま(笑)

歌とか踊りとかには、あまり興味がないようです。糸巻き巻きはちょっと振り付けします。

もう2歳。早いですねー。2人目は本当にあっという間に育っていきます。

お猿さんは、お絵かきに夢中。暇さえあれば、何か書いています。アルファベットを延々に書き連ねることも多く、「読んで!」と言われるのですが・・・無意味つづりなので、読むのも大変。

ひらがなは、読めていたものが読めなくなっていたり、ちょっと後退しています。ひらがなの書き順もイマイチ。来月は日本なので、刺激を受けるでしょう。

数字も書きたがるのですが、なぜか鏡文字。中止したら、「お猿さんの数字はこういうの!」と逆ギレされました。

水泳教室に週1回通っているのですが、やっと潜れるようになりました!と言っても、私が沈めてるのですが(笑)。鼻と目を自分の手で押さえて厳重体制ではありますが、潜るのが楽しいらしく、「もっと!もっと!!」と喜んでいます。鼻に水が入っても、以前のように大騒ぎしなくなりました。水泳教室は全10回で、残りはあと3回。その後は日本に行くのでお休みしますが、帰ってきたらもう1学期通わせたいなと考えています。とにかく、水に対する恐怖心がなくなってくれればなぁ。

相変わらず近所の友達と仲がよく、お互いの予定さえ合えば、幼稚園の後ずーっと遊んでいます。放っておいてもケンカすることもなく延々と遊んでいるので、親は楽なことこの上なし。

日本行きまであと3週間。お猿さんは指折り数えてまってます。日本に帰ってまずしたいことは「お寿司を食べる!」だそうです。
ギネスに挑戦??
最近引っ越してきたご近所さん。引越しの最中に、若い女の子が玄関に座っていたので少し話をした。乳母車に赤ちゃんが寝ていたので、子どもは何歳なのかと聞くと・・・

* この子どもは自分の子どもで、この家に住むのは自分の母親と再婚相手の新しいお父さん
* お母さんには子どもが4人いて、お父さんには子どもが3人いる
* 子どもの年は上から(自分除いて)14、12、11、9、7・・・とかそんな感じ。

アレ坊と、まさか全員は住めないから、きっと子どもたちは実のお父さんやお母さんと一緒に暮らしたり、または行ったり来たりするんだろうね、と言っていたんだけど・・・

蓋を開けてみたら、少なくとも小学生が3人はいる。さらに、一番上のお姉ちゃんも、赤ちゃんを連れてほぼ同居状態??

ということは、少なくとも

* 夫婦
* 小学生3人
* 娘とその赤ちゃん

が一緒に住んでるわけだ。

ちなみに、この家は3LDK。どうやって寝ているんだろう???

さらに、今朝、赤ちゃんと一緒に散歩に出かける女性とすれ違って挨拶したのだが、この彼女、引越しのときに話をした子とは違う??

小学生の子どもたちも、誰が誰だかよく分からないので、実際に何人いるのかは???

1人、愛想のよい男の子がいるので、今度聞いてみようかな。子どもたちも、母語が別々なので(お母さんがサーミ)、サーミ語で話すことそうでない子がいるので、そのあたりで区別つけてるんだけど。

ご近所さんに、興味津々な今日この頃です。果たしてこの間取りで、最大何人が生活できるのでしょうか??
ちょっと罪悪感
お猿さんの鉛筆の持ち方がよろしくなかったので、直そうとしたら手を振り払われた。

振り払われついでに、鉛筆の先が、昨日包丁でちょっと切っちゃった傷を直撃。血がにじんだ。

「いった~い・・・」と傷を見せると、お猿さん、ぎゅーっと口を結んで、ぷるぷる震えたと思ったら、あっという間に涙が溜まって、嗚咽しだした。そのうち、嗚咽が叫び声になり、パニックみたいになっちゃった。

どうやら、自分が母さんの指を傷つけてしまったと勘違いしたみたい。そして、そのことにひどくショックをうけたらしい。

あまりのすごさに、私も言葉を失ってしまった・・・

「そんなに痛くないよ。絆創膏貼れば大丈夫だから」と言ってなだめた。

この傷は昨日の傷で・・・と説明しようかとも思ったけど、たぶん、こんな状況じゃ理解してくれなさそうなので、まあ、やめといた。

夜になっても私の傷を気遣い、なでなでしてくれた(笑)

でも、ちょっと罪悪感。
金のかかるシーズン到来
寒くなってまいりました。寒くなると必要なのが・・・防寒具。特に子どもたちは、去年のものは小さくなってしまっていたりと、買い足すものも多く大変です。

ウールの下着は定価だと上下それぞれ150クローネ(2,000円)くらい、ウールのセーターとズボンはありがたいことにおばあちゃんが編んでくれます(毛糸代は・・・上下で軽く1万越えでしょう!!)。

アウターはドレスといって上下つながっているものを使っていて、こちらが1,000~1,500クローネ(14,000~20,000円)程度。冬用の長靴は、私の気に入っているメーカーのもの(軽い)は399クローネ(5,500円)ですが、今年は妥協して2番手のメーカーのバーゲンで2足(2人分)299クローネ(4,000円)でゲット!

さらに、防寒靴も必要になりますが、こちらは600~800クローネ(8,200~11,000円)。

帽子や手袋などは、毎年買い換える必要はありませんが、買うとなると400クローネ(5,500円)とか。

うちは上下で性別が違います。申し訳ないが、お猿さんにピンクは買ってあげられない!!お古にまわせない色は厳禁です!!!不憫に思うおばあちゃんが、ときたま女の子色を買ってくれます(笑)。

セールになるものは、前の年のうちに買っておきます。そんなの当たり前!って思うんですが、意外とこの国の人はそういう考えがないみたいで、シーズンに入ってから定価で買ってるんですよね~。あまり節約意識がないんでしょうか。

これが毎年繰り返されるのですから・・・寒い国はお金が掛かりますね~。常夏だったら被服費、どんなに安く上がることでしょう!!!

もちろん、もっと安いものもありますが、品質もそれなり。冬でも外でたっぷり遊ぶので、防寒性が最重要。幼稚園側からも、「これでは寒い」「こういうものを買うとよい」とチェックが入ります。

さらに、今年はトロルくんにスキーとスケートを買うことになるだろうし、そりももう1台必要になるし、ウィンタースポーツも安くないですね。海で遊ぶなら水着があればOKなのに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。